宗教や敵対者について」カテゴリーアーカイブ

バイク戦争犯罪について(最新の見解)

一家では現在戦後処理と並行して交通整備の計画を進めているが、これが完遂すれば実に7年ぶりのエンジン付き車両が復活するということになる。
ここで忘れてはならないいのは身の丈に合った計画にすること、持続可能であることと並んで過剰規模とならないことに重点があるのは云うまでもない。
つまり過去に敵宗門一味が惹き起こした「バイク戦争犯罪」の二の舞は絶対にならないということである。

「バイク戦争犯罪」とは2000年頃から2013年頃にかけて敵宗門一味が仕組んで「バイク」をネタに筆者を陥れた一連の事件群の総称である。この戦争犯罪のために一家は翻弄され、第一次「三本柱の化城」の洗脳犯罪と相俟ってあらゆる事物を失わされた過去がある。

一家では嘗て一号形原付車両を1999年から保有しており、2005年から2010年まで約5年の休車があったが復帰して運用されており、その代替のため2012年に自動二輪免許を取得、100ccクラスの自動二輪車を導入して運用していた訳である。

その頃に受けた事故被害の賠償金を得ることが確実となったところで150ccクラスへのステップアップを計画したところこれが敵宗門一味の洗脳操作で不当に改竄され、本当にするべき事からも遠ざけられたことに加え裏では人工透析への転落策動まで進行されており、不必要な中型バイクに手を出させられた挙げ句大きく資金をハタカサレ移住も潰された事件であった。この時点であれば移住してから次を考えることも可能だっただけに今考えても殺意が止まらない。

しかも敵は、筆者がバイク戦争犯罪に気付いたのを見計らったように阿呆悦講員による交際類似事件を用意しており、あらぬ夢を見せあらぬ希望を持たせることで敵自ら仕組んだデッドエンドに気付かせないようにして対策を取らせないようにするという残忍無慈悲な所業を働いたのであった。

あらぬ夢と希望を見せられたことでせっかく取り返した金員はすぐにしかも必ず要らなくなる車でハタカサレて、しかも脱退をも妨害されてギリギリの底辺まで突き落とされることとなったのであった。

更に筆者にあらぬ夢と希望を見せたクズ女は目的を達すると逃げるようになり、奴に引き合わせた講幹部を詰問するもこの幹部は加害者である柏原を守って被害者である筆者を一方的に悪者扱いして逃げたのである。

普通はさすがにここで脱退となるべきであった所、敵宗門阿呆悦院幹部は予め温存していた、死亡講員の仏壇を重石として与えることを画策して脱退を妨害したのである。このように、単独で行われた事件は脱退前に於いてはほぼ皆無に等しく、如何なる事件も全ては繋がっているのである。

この間の2005年には敵宗門工作員である通称門外漢女によるデジタル一眼スキャンダル、及びバイク圧殺演出事件が惹き起こされており、今なお当時の経緯が問題視されている。云うまでもなく圧殺の演出は「バイク」を燻らせて人の人生を狂わせるためであるが、この門外漢女は嘗て不倫で有責となり親権を剥奪された輩であることが脱退後に判明している。そのような輩であると知っていれば騙されずに済んだのであり、今であればその事はその言動から簡単にわかる程度のザル女であるが、敵宗門という一神教によって生命力を殺がれていたために読み切れなかったのであった。こいつもまた目的を達するや疎遠になり逃げるようになったのであった。目的を達するか、或いは達せられなかった途端に逃げるようになるのは工作員の定石であるから覚えておいたほうがいい。

以上がバイク戦争犯罪とこれに続いて行われた交際類似事件の概要である。この間に別の交際類似事件も惹起しているが、これは脱退妨害のために憎き柏原容疑者への憎悪をスピンするために惹き起こされた事件であるがそれはあくまで別件でありバイク戦争犯罪との関連性は薄い。

以前のバイク戦争犯罪関連記事でも書いているように、この一連の事件群では嘗てやらされていたサイトで薄い繋がりがあった、某鉄道関連サイトの運営者の男が煽り目的で関与していてPCX批判と取れるような記事も書いている。この男については2014年に追放しており、その後やらされていたサイトも破却に伴い閉鎖して久しくその後追加の事件惹起もないため現在では全く無関係であるが、こいつについては敵宗門謀略部門の工作員である疑いがかけられている。

なお、こいつが絡んだネット上での戦闘が終結したことを端緒としてついに敵宗門一味が押し止めていた真実の追究が始まり、漸く絶望的な現実に気付いたことで敵宗門への疑問が生じ、ここに漸く信仰の見直しが行われることとなったのである。その後はご存知の通り2015年1月10日付けで遂に敵宗門・日蓮正宗から脱退する運びとなっている。

以上がバイク戦争犯罪関連の経緯であるが、我が一家は二度とこのような戦争犯罪に巻き込まれないようにしなければならない。今なお敵による「バイク」の煽りが散見される状況でもあり、油断はできない。このため失地回復プロジェクト第7次、第8次計画の策定に当たっては今後の交通政策についても間違いのないように定めたところである。

  • 今後バイクは125ccクラスまでとする。
  • 車種選定は実用本位とする。
  • 不必要にバイクにカネをかけないようにする。
  • 地方を跨ぐような遠距離は公共交通によることとする。
  • 失地回復後は四輪自動車に切り替えることとする。

今後は遅くとも3年程度で車に切り替える前提であり、このことを前提に計画を進めており、今後の実力蓄積計画とこれに特化した暮らしに貢献させるべく進行させているところである。

我が一家のこの方針に敵対して身勝手な妬みや未練、或いは自己の都合による行動を行う者は予測不可能な凄惨な結末に全面的かつ致命的な責任を一方的に負うことに必ずなるということを敵宗門及び辺境民の関係者は一々に肝に銘じるべきであるということを改めてここに警告しておく。

過去のバイク戦争犯罪関連記事

バイク戦争犯罪の概略について

バイク戦争犯罪による損害の考察

カテゴリー: バイク戦争犯罪, 宗教や敵対者について, 風化させない | コメントする
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-244.html

宗教テロリストの存在が明るみに

偽経・法華経を原理主義化し日蓮を「仏」とした一神教に仕立て上げた怪僧日有の存在は既に本ブログでも問題視しているところであるが、そもそも偽経でありキリスト教の擬態である法華経を日本に持ち込んだ「宗教テロリスト」の存在が7世紀に明らかになっている。まだイエズス会もない時代であるが、恐らくバチカンから日本宗教の一神教化をこのテロリストが託されていたのではないかという見方が有力になっている。
日有の教義改変は15世紀前半に惹き起こされたものであるが、この時点でもイエズス会すらまだ存在していない状況であり、いったいどこから使途が来たのかという疑問が拭えないでいた。しかし、法華経を持ち込んだ聖徳太子が宗教テロリストであったとすればその説明がようやくつくことになる。
フォロワーの方から教えていただいた情報によれば、日本の宗教の一神教化の流れは聖徳太子以来続いていたものであるということであるので、法華経を持ち込んだ聖徳太子がそもそも宗教テロリストであったということであれば説明も付くというものである。確かに日有ほど小賢しく狡猾な宗教者もそうはいないのであるが、それとて聖徳太子以来の日本宗教一神教化の流れの中に過ぎない可能性が高まっている。
そもそも霊鷲山の説法はイエスキリストの山上の説法と瓜二つであり、長者窮子の譬は文字や貨幣が出てくるなど釈迦の時代と内容が矛盾する。このことから法華経がキリスト教であることはほぼ100%間違いなく、一神教でない宗教は現在ではほとんど残っていないとまで言われていることからも宗教自体が百害あって一利なし、百害を撒き散らしている状態であるといえる。
聖徳太子以降の時代において様々なものが中国大陸から伝わってきているが、更にその先があったということは簡単に想定できるし、なぜその先を教えないのかということについても現代教育がキリスト教の悪い部分を隠蔽していることで想定できる。つまりその先を教えてしまっては全てキリスト教の謀略であったことがバレてしまい信じ込ませていたウソでたらめが崩壊して追及に対抗できなくなってしまうから教えないのではないかというのが専らの推定である。
それともう一つ衝撃の情報を。
法華経の「五五百歳」というのがそもそも誤訳であり、実際は500年ではなく50年の刻みだった!というものである。そうなれば末法なんていうものは既に終わっていることにもなり、敵宗門・日蓮正宗の全てはありもしないウソでたらめで作られたそれこそ巨大な「三本柱の化城」ということになるのである。
そもそも私が前に動画で語った通り宗教の教義なんていうものはそれがどの宗教のものであれ100%かつ一方的に教祖・宗門の側に有利なように作られているということを肝に銘じ宗教への依存を辞め自立思考に立ち返るべきである。何故なら一神教は思考のエネルギーを奪い去り精気を奪い去ってしまう代物に過ぎずそれこそ世界に百害を撒き散らしているのだからである。

参考資料:
過去動画「日蓮正宗について#2~そもそも法華経自体が偽経だった!」

カテゴリー: 宗教や敵対者について | コメントする
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-243.html

托卵疑惑が浮上

金城修一の元クズ親(クズ元)に托卵疑惑が浮上した。

金城修一の写真を見ている人もいるかと思うが私は全然尊父に似ていないし何一つ似たところが無いのだ。全然太らなかった尊父と違い私は太りやすい体質だし。今更確かめようがないのではあるが…
恐らくクズ元の劣性の遺伝子が私を苦しめているのは事実だろう。血液型は合っていても、どこも似たところが無いというのはさすがにおかしい。今となっては確かめようがないが、クズ元の晩年の荒れ方から言っても托卵の可能性は十分あると思う。それでも尊父は尊父だ。加害者はクズ元だから。

尊父とクズ元は島流し前に離婚しているが、恐らくクズ元の不倫が原因じゃないのかと金城は推定する。有責側に親権を持たせないようにする法整備は喫緊の課題かと思う。あんなクズいあばずれな母親だったらいないほうがいい。実際百害をばら撒いているような状態だったし。
何故托卵と思ったか?それはクズ元の聞き捨てならない発言がもとになっている。「河原で拾ってきた」と。つまるところそれが托卵を意味してんじゃねえのかと。この不幸の最大原因は敵一味宗創医連合だが、クズ元も一枚噛んでるでは済まないほど大きな元凶だったのではないか。何度でも○したい。

このクズ元、我が一家では重篤な戦争犯罪人として認識されている。何故なら一家をあの忌まわしき創価学会に引きずり込み、敵宗門・日蓮正宗への橋渡しをさせた上、本来東京で学生期を過ごさせるべきをカルトの言いなりになって絶海の孤島に島流しにして逃げられないようにしたことで非常に重く暗い影を落とし敷いては一家凋落の元凶となったからである。
このクズ元、島流し以降の晩年においては子供の都合そっちのけでテメエが心地良い刺激の中で過ごせればそれでいいというクズ丸出しの様相を呈していた。男をとっかえひっかえしては家に連れ込んでいる有様であったが、恐らくそれも敵宗門一味のお墨付きだったんだろう。
結局は敵一味手先のブルジョア家当主にこき使われた挙句42歳で頓死することになるのであるが、本来であればそこであのクズい島には別れを告げ全てを断ち切って本土に復員するべきでありそこから進路を決めるべきであった。
もっと重大なのは、このクズ元は「東大、東大」とほざくだけで明確なビジョンを見せることは無かったことにある。この、明確なビジョンを見せないようにすることこそが敵宗門一味の策略であり、そこから落として底辺に突き落とすことも最初から計画された通りだったということである。つまり、ビジョンを見せて何かを目指されること自体が敵宗門一味にとって非常に都合が悪いことだったということになる。そのために敵が持ち出したのは、ここでもやはり「実現の可能性が無いか、極めて低い夢や幻想の化城」ということになっている。それが「ロック」であり敵のねじ込んだロックグループ「A」がそのための動機付けということになっている。
結果的にAは2003年に粛清されることになっているが、その理由が「キリスト教との深い関連性」ということであり結果オーライのような形にこそなっているがそもそもキリスト教である敵宗門一味としては都合の悪いことであったはずである。それが放置されているということはA自体が既に「用済み」であったということではなかろうか。この時点で絶海の孤島によって未来が捻じ曲げられてからすでに15年以上を経過しており、既に筆者は底辺を彷徨わされていたからである。底辺を彷徨わされているような者でなければどんな巧妙なウソでたらめを以ってしてもカルト宗教に引きずり込むことは出来ない。その意味では既に敵宗門一味の思惑通りに行っていたということになり、非常に許し難い。尤も、Aについてはこれが無くてもそのキリスト教との深い関連性からいずれ粛清の対象になっていたであろうけれども。それが早い時期にできていたことは逆に結果オーライであるというものである。もし脱退以降であればAは苛烈な吊し上げの対象になっていたであろうがな。

今にして思えば私は様々な点で尊父とは大きな違いを抱えている。体型、太りやすい体質、性格…どれを取っても尊父とは大きく異なり、やはりあのクズ元の薄汚いDNAの混入がこの人生にも深い影を落としているというべきであろう。そのことからも恐らく私は托卵子なのであろう。だが、それでも尊父は尊父だ。
クズ元については実にどんなに恨んでも恨みきれず、何度でもこの世に引きずり込んで〇したい程である。あのクズ元がもし近年まで生きていたらそれはそれで恐怖の姑になっていたであろうことは間違いなく、人生の大きな足かせになっていたであろうことは間違いなく、クズ元の早世は敵の重大な(笑)ボーンヘッドだったんだろう。
私はクズ元のことを親とは思っていないので、そこだけ間違いのないように。
勝手な思い込みや都合でこれを曲解する者はそのことによる予測不可能な凄惨な結末に全面的かつ致命的な責任を一方的に負うことになるということを敵一味関係者共々一々に肝に銘じるべきであると謂っておく。

【追記】
クズ元は1988年8月に他界している。

カテゴリー: 前史時代の真実, 宗教や敵対者について | コメントする
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-242.html

脱退5周年達成とその後

金城修一、及び我が金城家は本年の1月10日を以って敵宗門・日蓮正宗より脱退してから5周年の節目を迎えることができた。
それからすでに半年近くが経過しているが、記事が遅れたのには理由がある。これは後述する。

敵宗門脱退以降の経緯

金城修一、および我が一家が敵宗門・日蓮正宗から脱退したのは2015年1月10日のことである。
以前の記事にあると思うが、本来末寺に郵送で出すべき脱退届をわざわざ本山に出向かされ、結果敵宗務院は脱退届も本尊返却も受け取らなかったばかりか殊更に別の寺に誘導して意味のない宗教生活を続けさせようと躍起になっていたことは悪名高い話である。敵宗門は脱退を姑息な手段で妨害しようとしたのみならず、却って無駄な交通費でハタカサレただけの結果に捻じ曲げやがったということになる。
その後講中役員の突撃があったり、或いは生活再生に向けた動きの出鼻を挫きスピンするために惹き起こされた冤罪未遂事件の惹起、更には敵宗務院が誘導しようとしていた寺の極めて不誠実な対応などがあり、挙句にはあの悪名高き言論弾圧迫害事件が同年6月14日に惹起するなど敵宗門は信教の自由の行使を全力で妨害しようとしていたのである。


2015年6月14日、金城家本部に押し掛けてきた敵宗門男子部の一団。

その後も敵一味による思考リソースの不当占領や思考操作などとの戦いが続いたが、阿呆悦院における離間工作が敵宗門側によるマッチポンプ謀略であったことが決め手となって同年9月22日付けを以って1月10日付の脱退が確定し、その後阿呆悦院に文書を送付したことを以って法的に脱退が成立している。
’16年第一四半期に行われた事後処理の前後から妨害や嫌がらせが激化、その後上階のジジイが敵側工作員であることが発覚したりその後も交際類似事件や突撃事件などが続発し敵一味による超大型スピンを助けていたことが分かっている。
2018年には尊父(07年寂)の遺骨を敵宗門から奪還しその後敵宗門抜きでの永代供養を実現しているが、それだけで1年近くを要したのはどう考えても異常であり、スピン事件と並んで問題視されている数々のハタカセ策動が大きく影響しているとみられている。何故なら一連の奪還、永代供養までにかかった費用はわずか7万余りに過ぎないのだから。

超大型スピンの発覚について

脱退5周年の節目を過ぎてから敵宗門一味による超大型のスピンが発覚した。
先述の通り2015年惹起の冤罪未遂事件は生活再生の出鼻を挫いて新たな化城の策謀に引きずり込むために惹き起こされたものであり、妙観講の関与が疑われている事件である。
これに続いて言論弾圧迫害事件などの諸事件や妨害が打ち続いた結果、本来進むべき道からスピンされ実現の可能性もない方向に狂わされていたものである。
これにはギャンブル系の趣味ごとが悪用されており、前回の化城事件と異なり直接カネにつながりやすいことが策謀の発覚を遅らせる結果になっていたものである。
この一連のスピン事件において敵は事件やトラブルを打ち続け疲弊させることによって思考リソースを不当に占領し思い通りに操ろうという残忍で邪悪な謀略をためらいもなく仕組みやがったのである。
その上奴等は煽っておいて塞ぐ、塞いでおいて殊更に怒らせて煽り立てるという到底人間とは思えない悪魔のような手法を用いていたことが分かっている。
また、これと同時進行する形でおよそ80万もの被害を出す超大型のハタカセ策動があったことが発覚しており、如何に奴等が私を浮上させないように(失地回復させないように)微に入り細に亘って仕組んでいたことがうかがえる。こんな大掛かりな謀略は個人では到底なしえないし末寺レベルでも無理だろう。何人掛かりで時間をかけて練っていなければ為しえない謀略である。敵宗門の謀略部門以外には考えられない。
事件の処理に当たっては、まず「趣味ごとは趣味ごとの範疇を絶対に超えないようにすること」と今後の失地回復に当たってはギャンブル的手法を用いないことが徹底されることになったほか、次回同様の事案が発生した場合は破却に付する旨警告を付して終結させた。
また、今後も生活再生への動きに対して敵宗門一味がその出鼻を挫きに来ることが予想されることから、斯様の策動によって思考リソースを不当に占領されないように注意を払うことが決定されている。
実際に4月には出鼻を挫くことを狙った大型のトラブル巻き込み事件が惹起しており、敵宗門工作員が実地で動いていたものであると認定されている。
流石に同じ手口に二度引っ掛かることはあり得ず、一家では前回の教訓から思考リソースを不当に占領されないよう意識して考えること、実現可能な計画を堅持することに注意を払うこととしている。

今後のこと

我が一家では敵一味が再度引きずり込んだ邪悪な化城の崩壊を受けて現実的な生活の再生に向けて動き出している。
これまで敵一味は手に職をつけることにつながる資格などの取得から遠ざけ目先のものだけを追わせることで底辺に押し込み続ける策略を採っていたことが判明している。
これに対して一家がなすべきことは、当然高位の資格を取得して人生的に一発逆転を成し遂げることになる。勿論実現可能であること、なおかつ実用的に優れていることが要求される。
これについては今後2年程度をかけて実用的な資格を複数取得し、人並みの生活を実現したうえでそれを土台にさらなる高みを目指す方針となっている。
なお、その具体的な内容については一家の方針により部外秘となっており実際に取得するまでは公開しないことになっている。
これと同時に、というよりこれに先立って敵に付けられた重石を取り除きハタカセの元凶を元から断つべく戦後処理を法的に進めており、秋口には解決を見る見通しである。

記事の上梓が大幅に遅れた理由は、5周年の節目を迎えた後で超大型スピンの発覚がありその解析に時間を要したこと、これに新たな生活再生計画の策定やそれに対する敵一味のカウンター策動があり策動の処理に追われたこと、および戦後処理に伴う事務処理が山積していたこと、加えて敵一味のテク犯による遂行妨害があったことなどにある。
今後においては戦後処理が終わると生活再生に向けた諸計画が本格的に動き出すため時間の余裕が以前より大幅に少なくなるため引き続き更新ペースはゆっくりになる見込みである。
また特別給付金(受領済み)などを原資に生活環境の中でこれまで我慢を強いられていた部分を改善する計画を進めており、既に取り急ぎ衣料品が不足していた問題を一部解決している。
今後はまず資格の取得に向けた体制作りの一環として交通整備を行うことにしており、秋口には整備を完了する見込みである。

記事の上梓が遅れている間にあの忌まわしき言論弾圧迫害事件(’15.6.14)からも丸5年が経過した。
阿呆悦院に巣食う或る軍団は2010年に世間を騒がす事件を惹き起こしその後寺から離れていた輩(守谷在住らしい)を9年ぶりに引き戻していい気になっているようだが、我が一家は後先も考えずに事件を惹き起こしてしまうような知能の低い輩とは違う。しかもあの低脳と違って我が一家は真実を追究しているので敵宗門のウソでたらめはもちろん現在残る宗教がほとんど一神教、形を変えたキリスト教であることも明らかにしており真実を知らない輩と同じように引き戻すことは出来まい。私は騙されないぞ。
我々は理由が何であれ邪魔者は排除する。そして、妬みや未練そして自分勝手な感情や都合で動く者はそのことによる予測不可能な凄惨な結末に全面的かつ致命的な責任を一方的に負うことになるということを敵一味関係者共、辺境民共は一々に肝に銘じるべきであると謂っておく。

カテゴリー: 宗教や敵対者について, 日々の雑感 | コメントする
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-240.html

日蓮宗と日蓮正宗の関係について

このところ敵宗門一味の妨害が激しさを増しており記事の執筆が妨害されているため本記事も大幅に遅れて執筆に乗り出しているものである。
日蓮教義の真実を探る中で既に解りきったことが中心ではあるが、ツイッターには以前にも書いていたことではあるが改めて記事にして残すことの重要性は今更云うまでもない。
また本記事は筆者が敵宗門のウソでたらめを当の昔に看破していることの証としても重要なものになるだろう。
また言質を残すことによって決して引き戻しに希望を持たせないという重要な意義を持つものでもある。

まず日蓮の後継者についてのウソでたらめを破しておく。
敵宗門が必ずと言っていいほど持ち出す「二箇相承」なる御書は他門流では既に「偽書」と決せられている、日有の偽作による文書であるから「日興へ相承した」ことの証とはならない。何なら炭素測定するか?
日蓮が六老僧として日昭、日朗、日興、日向、日頂、日持の六名を定めて教団運営の中心としたことは事実であるとされているしどこの門流でも否定してない。
しかし日興に相承したというのは日有による捏造であり事実ではない。
日蓮は後継者を定めずに入滅した、これが事実である。
なお日蓮聖人は入滅に際して当時13歳であった後の日像上人に京都での弘教を託したのみであり、しかもそれが成就したのは日蓮聖人の入滅から50年以上経た1339年のことであり、現在に至るまで日蓮門下唯一の勅願寺である妙顕寺(日蓮宗。1321年創建)は地名にまでなっている。

日蓮宗からの分裂

日蓮聖人亡き後教団は六老僧による合議制となっていたようであるが、身延久遠寺の貫主が日向に決まると権力争いに敗れた日興は若干の弟子とともに身延を追われ、南条時光の請いで富士上野に入り、大石寺を創建した。これが富士門流の起こりである。この時点で日蓮聖人が入滅してからまだ8年しか経っていなかった。
その後身延日蓮宗は先述のとおり京都にまで教線を拡大し、先述のとおり日像上人が後醍醐天皇より法華経布教の勅旨を賜るまでになる発展を遂げている。
一方の大石寺はどうかというと、日興日目の時代が40年余りに亘って続いた間は興隆を見せたかに思われたが、日目が日郷に託した後継を日道が年功に託けて簒奪したのを機に争いが絶えなくなり(「東坊地問題」はこの日道による簒奪に起因する)、やがて大石寺は見る影もないほどに衰退してゆくことになる。

怪僧日有の出現と教義改変

そこに出現したのが怪僧日有である。日有は鉱山で財を成し大石寺を建て直したとされているが、何故日有が鉱山の富を手にしたのかという点に疑義がある。つまり鉱山など当時の日本人の手に余るものだったからであり、空海も渡来人だったという説があるほどである。つまり日有が渡来人であるか、さもなければ外国の勢力と通じていたかのどちらかであろうということである。後述の教義改変も併せて考えると後者が有力なのではないか。ただ日有は南条姓を名乗ってはいたがその出自が全く明かされておらず、渡来人の説も捨て切れない。ただ渡来人というだけではあまりにも耶蘇教と合致するような教義改変には繋がりにくいのも事実である。
ともかく鉱山で財を成した日有は教義破壊と改変に着手し、いわば換骨奪胎とも言える変貌を為したのである。多くの御書を偽造し、日蓮が遺していない自称戒壇の大本尊を偽作し、そして世界で初めて「日蓮本仏」を言い出したのである。
本来の日蓮宗は釈尊本仏、日蓮聖人は「大菩薩」として僧宝であり日蓮宗は多神教である。
これを日有は戒壇の大本尊は「仏の当体」であるとしてキリスト教のデウスに等しい執着するべき「実体」をなし、「代々の上人悉く日蓮」として法主を権威付けるという大改竄を行ったのである。これは今日の敵宗門における法主絶対主義にまで繋がっている。
つまり「日蓮本仏=絶対神」という一神教化であり、キリスト教化である。
そして日有は「化儀抄」によって自らに都合のよい教えを体系化し、換骨奪胎を成し遂げるに至ったのである。
こうして富士門流日有派閥は完全にキリスト教化しており、このときから基本的な教義は日蓮正宗の今日に至るまで変わっていない。
当然に他門流などから激しい批判を浴びることになるのであるが、不思議なことにこれによってこれまで続いていた分裂が止まるという皮肉な事態となっている。
日有がどのようにして鉱山の富を手にするに至ったのかという点は外国勢力との関係を探る上で重要でありその解明が望まれる。
しかしながらザビエルより100年早い日有がキリスト教の十八番とも云える見事なまでの換骨奪胎を為したという事実はあまりにも重く、敵宗門も口を閉ざして遁走する他ない有様である。

ある人が「創価学会はキリスト教である」と言っていたが、そもそも創価学会は日蓮正宗の教義を踏襲しておりその上創始者がキリシタンであるのだからある意味当たり前のことである。
顕正会も元々は法華講のひとつであり、同じく日蓮正宗の教義を踏襲しているのであるからやっていることも当然同じようなものであり目くそ鼻くそになるのも当然の帰結である。

戒壇の大本尊がデウスであるという議論は、かつてのキリシタンの行動原理と照らしてみれば明らかになる。
かつてのキリシタンは村人に改宗を強要し従わなければ殺したという。またキリシタンは討論を挑んできた者に放火するという野蛮な所業をも為している。
つまり「デウス」という実体(の幻想)を与えられそれに執着するあまり無信者や反対者に対する憎悪を募らせて野蛮な所業に至ったものであり、敵宗門の者どももまた「戒壇の大本尊」への執着のあまり無信者や反対者に対する憎悪を募らせて同じように野蛮な所業に至っているのである。それが如実に顕になったのが2015年6月14日の言論弾圧迫害事件であるといえる。こともあろうに敵宗門宗務院は石之坊・法悦院両寺院の男子部をして徒党を組ませ迫害を行わせている。
つまり戒壇の大本尊が仏の当体〔実体〕であると教えられて執着を起こし、その執着のあまり脱退者に対する憎悪を募らせて惹き起こされたのがこの迫害事件であるといえるのである。男子部暴徒も山根も宗務院僧も皆この偽戒壇に執着している妄信者であるから当然執着からの憎悪も同じように湧き起こる。

つまり日有は戒壇の大本尊を仏の当体つまり実体として執着させることを最初から狙っていたのであり、実際に目的どおりに執着からの憎悪を惹き起こしているのであるから日有の目的が換骨奪胎によるキリスト教化にあったのは明らかである。
日有出現前の大石寺は見る影もないほどに衰退して滅亡寸前であり、これを乗っ取って利用しようとする外国勢力があったとして何の不思議もないのである。
つまり日有はキリスト教〔バチカン〕勢力の日本における最初の走狗であった可能性がかなりあるということである。

血脈の大嘘を破す

先述のとおり日蓮聖人は後継者を定めずに入滅し、日目による日郷への付属は日道によって簒奪されているので血脈もへったくれもあったものでは無い。日道による簒奪など権力争いそのものではないか。つまり断絶どころか最初からないのである。
更に最近聞くところによると阿部日顕の猊座もこともあろうに謀略で早瀬日慈〔日如の実父〕から簒奪したものだというではないか。日慈はショックで暫く寝込んでしまったほどだという。
これでは血脈もへったくれもあったものではない。
実際問題阿部は法主登座時56歳という近年では異例の若さだったことがそれを物語るかと。
ともかく非常に胡散臭いものであることだけは間違いない。

日蓮宗と日蓮正宗の違い

日蓮宗の総本山は日蓮聖人創建の祖山・身延久遠寺である。
このこと自体がどちらが本流であるかを如実に物語るものであるが、両者がまるで異なるものであるということを列記していく。

・日蓮宗の総本山は日蓮創建の身延久遠寺であるが、日蓮正宗の総本山は日蓮とは直接のかかわりのない富士郡上野村の大石寺であり、創建前は「大石が原」という名の石が転がる荒野であった。
・日蓮宗は釈尊本仏の多神教だが、日蓮正宗は「日蓮本仏」の一神教である。
・日蓮宗は一般信徒の生活にいちいち口出しはしてこないが、日蓮正宗は一般信徒の生活に対する不当干渉が堂々とまかり通っている。特に後者は男女関係に対して殊更に厳しく僧侶や役職による不当干渉が凄まじい。
・日蓮宗は全国に350万人を超える信徒がいるが、日蓮正宗のそれはどんなに多く見積もっても20万程度である。公称50万は当てにならない。
・日蓮宗と日蓮正宗では本尊が違う。後者のそれは日蓮が揮毫したものとは異なる文字が入っていたりする。自称・戒壇の大本尊は複数の書写本尊からパクったパッチワーク本尊である。
・日蓮宗にノルマは存在しないが、日蓮正宗には僧俗に対する苛烈なノルマがある。
・日蓮宗のお会式は多くの人で賑わうが、日蓮正宗のそれは信徒のみしか入れず閑散としている。
・日蓮宗は多くの人に一般的仏教宗派として認められているが、日蓮正宗は統一教会や幸福の科学などと並ぶ狂信的カルト宗教と多くの人に思われている。
・日蓮宗は地域社会に認められることを重要視しているが、日蓮正宗はそれとは真逆で地域社会との関わりを非常に軽視しており、それどころか地域社会と信者との関係を絶ち異質のカルト社会に閉じ込めようとする。
・日蓮宗は真書(日蓮が本当に記した御書)であることを重視するが、日蓮正宗は日有などが偽作した偽書ばかりを重用してくる。
・日蓮宗はお布施や戒名料などを直接頂戴しているが、日蓮正宗はどんなに遠くても折伏系統に従わなければならず交通費が大きな負担になることが非常に多い。いわば間接収奪である。自分たちではそんなに取ってないよという表向きのポーズでしかなく、手先企業を使って間接的に収奪しているに過ぎない。

思い起こせる限り書いてみたが、まだ足りないものがあるかもしれない。
足りないものがあったらご教示いただければと存ずる。

私は何故日蓮宗に帰依しないのか

日蓮宗こそが日蓮教義の本流であり本来の教団であることは火を見るより明らかであるが、しかし私は日蓮宗に帰属することを良しとはしていない。
これにはいくつか理由がある。

それは
・我が一家では敵宗門より脱退後に宗教というものに関わることを一切禁じている。
・宗教は人を救わないと決しており、無宗教を貫くことを決めている。
・宗教の所為で不幸を蒙っており宗教はもうこりごりだ。
・日蓮宗も世界連邦運動に関わっている。
・一つの宗派に拘る必要はどこにも無い。
・宗教自体お金がかかり過ぎる。失地回復と移住を第一とするわが一家の方針にはそぐわない。
・そもそも日蓮自体が怪しい宗教者であるとも言われている。

これらの理由により我が一家は今後も特定の宗派に属することは無い。
引き戻しを企む敵宗門の輩はもれなく大地の藻屑にしてやるから覚悟しておけ。

カテゴリー: 宗教や敵対者について, 敵宗門 | 日蓮宗と日蓮正宗の関係について はコメントを受け付けていません
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-238.html