月別アーカイブ: 2014年7月

アベルフ・ヒトラー


この写真の人物、巷間ではアベルフ・ヒトラー(Abelf Hitler)というらしい。
既にドイツメディアでも「ヒトラーの再来」として恐れられている訳であるが、この朝鮮人が政権を簒奪したのが、前回記事の時の2012年衆院選だったわけである。
当時はあまりにも酷い結果を目の当たりにして「民衆の認識は、その程度か」などと思ってしまったわけであるが、実はそうではなかった。
この2012衆院選、2013参院選、そして今年の都知事選は全て不正選挙であったというのである。
そして、その不正には創価学会とその関連会社が深く関与しているという。

新天地サイトが休止状態となっていたこの1年半の間に、内外の情勢は大きく変わった。
御存知の通り国会は自公が不正な手段で以って掌握し、消費税の引き上げが強行され、そして秘密保護法が成立した(未施行)。
更にはアベルフ政権による密室協議で集団的自衛権などという、国防には必要のない米帝の戦争に協力するためのまやかしの論理が閣議決定だけで強行されたのである。
本来は国会にかけるべきものであるが、それすらせずに脇をすり抜けるような手口を使ってきたのである。
公明党=創価学会も結局権力にしがみつくためにこれを了承したわけであるが、奴らにはイラク戦争の容認という前科があったのである。

休止の間に、筆者においても大きく状況が悪化し、今では人工透析に貶められている有様である。
これは、敵側団体による社会疎外による監視の手段として行われたものである。
つまり、賠償金簒奪から始まってマインドコントロールによる行き倒れ策動とハタカセ策動があり、その結果として人工透析に貶められた今日の情勢があるのである。
休止前の最後の記事を書いた頃が、ちょうど敵によるテクノロジー犯罪が判明してたたかいに立ち上がったところだったわけである。
これらは、すべてテクノロジー犯罪によって惹き起こされた戦争犯罪である。

今日までに分かったこと
・3.11は、人工地震であり米帝による侵略行為である。
・(削除)
・創価学会も公明党も、米帝の手先である。統一教会も然りである。
・ユダヤ金融勢力は、実はすでに断末魔の状況に追いやられている。故に尖鋭的になっている訳である。
・マスゴミは、世に出すべき重要情報を遮断するため、および民衆を洗脳して白痴化するために存在する。
・マスゴミは、真実を何一つ流さない。
・マスゴミの流す中国の話題は、全て「ディスカウント・チャイナ」のためのガセネタである。
・我々は、メディアというメディアによってガセネタを掴まされていたのである。
・上記のため、民衆の知識レベルは60年前のまま思考停止している。
・韓国は、米帝によって成立せられた反日国家である。
・(削除)
・スポーツやエンタメなどの類は、民衆を熱中させその関心を政治からそらすために存在している。所謂4Sである。
・非政府組織も、悉く権力のために策略を実行している。
・創価系企業は、巨大カルト創価学会を存続させるためにある。史上最悪の暴力集団・創価学会の資金源である。
・従って、創価系企業を炙り出して不買行動を起こせば、創価学会は破産という形で潰せる。
・男女間は、マスゴミ等のメディアや非政府組織、そしてカルト団体などの策略によって分断されている。
・上記は、米帝の人工削減計画によるものである。
・子宮頸がんワクチンは、実は効果が無いどころか非常に有害なものであり、最悪命を落とす。
・上記を積極的に喧伝し推進したのは公明党である。

参考サイト(主たるもの)
日本を守るのに右も左もない
カルト創価・公明速報
植草一秀の「知られざる真実」

先に書いた通り、日本の民衆の思考レベルは60年前のまま、思考停止しているのが現実である。
その盲目を開き、今起きていることに目を向けさせるのが本ウェブサイトの設立趣旨である。
真実が見えた者が情報を拡散し、より多くの人々を覚醒させることが何よりも肝要である。

本ウェブサイトは、1年半の長きに亘って押し止められ、休止を強要された。
それだけ拡散が恐れられている、そういうことであろう。

当面本ウェブサイトは、以下に重きを置いて運営を行ってゆく。
・上記参考サイト、および自分で突き止めた真実の拡散と補完
・今この国で起きていることを、わかりやすく伝えること
・マスゴミなどのメディアから民衆が離れるための手助け
・創価公明問題の啓蒙
・創価企業に対する不買運動の啓蒙
など

1年半の休止で後れを取ってしまったことには忸怩たる思いがあるが、慌てる事無く地に足を付けて運営を続ける所存である。
状況が状況だけに無理は出来ないが、ごゆるりと更新を続けてゆくので何卒ご愛顧をお願い申し上げるものである。
これを機に、本ウェブサイトは常磐路ウェブを離れ、シングスピール・ウェブ所属として運営してゆくものとする。

画像は謹んで引用させていただきました。

【ご注意】
本記事は、敵宗門より脱退する以前かつ「聖域なき見直し」以前に執筆された記事です。現在最新の真実並びに見解とは異なる部分を含みますのでご注意ください。
(重篤な箇所については適宜修正しています。)
記事中には現在の見解と異なるものを含んでいますが、当時の記録としてそのまま掲載しています。
記事中に現存しないサイト名が掲載されていますが、当時の状況を伝えるためリンクを削除した上でそのまま掲載しています。

カテゴリー: 「新天地からの手紙」からの編入記事 | アベルフ・ヒトラー はコメントを受け付けていません
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-179.html

策謀は全て敵の一方的都合

今般、バイク戦争犯罪に絡む事実認定に大きな誤りが見つかる事態となった
このことは、改めて敵が「理由付け」「言い逃れ」「遁走」「正当化」に強く拘っていることを如実に浮き彫りにする結果となった
敵の策謀、憎悪、都合、逆恨みそのすべてが一方的なものであり正当性の無いものであることを誤魔化すことに強く拘る辺りは身に覚えのある所以であるといわねばならない
故に、敵は常に関係のない第三者のせいにして逃げおおすことを謀るのである
また、電磁波犯罪は敵の「急所」であると云える
これが一般会員にバレるようなことがあればたちどころに組織が瓦解してしまうために何としてもひた隠しにしたいということであろう

恐らく、敵側団体はどこかで私のことをだしにして「学会に逆らったがために人工透析に陥った」などと吹聴して回っていることであろう
しかし、それは全てほかならぬ広宣部の電磁波犯罪によってもたらされたものであって、敵の喧伝する物には必ず裏があるということである

約6年に亘って筆者を害してきた門外漢女は完全に敵側の走狗であると云える
それが証拠に、敵は奴のことを書こうとするたびに大なり小なり妨害を加えてきたのである
それに対して、敵にとって都合のよい記述ばかりが煽られ、再三にわたってシングスピール・ウェブを汚染せしめていることが何よりの証左である
そのくせバレそうになると「門外漢女のせい」で結論を急がせ逃げおおそうとするなど悪質も極まりないというものである

・敵の為す全ての行為には正当な理由が無い。
・敵の為す全ての行為には正当性が無い。
・敵の為す全ての行為には依頼者がいない。居ても、本当の依頼者は絶対に示さない。
・依頼者がいた場合、それは全て学会員である。
・敵の為す全ての行為は、敵の一方的な都合・一方的な憎悪・一方的な逆恨みによって惹き起こされる。

もし本当の依頼者が判ってしまうと大変な事態を引き起こしかねないがために、敵は偽りの「依頼者」を捏造してそのせいにさせようとするのだ
その結果惹き起こされたのが事実誤認であり、元来は存在しえない「正当性」を捏造し、「理由」があったかのように偽装し続けてきたのである

理由も正当性も無い、という点ではこれまで六次に亘って惹き起こされてきた機材破壊策動においても同じである
筆者が機材を発展させ続けてきたことに一方的に逆怨みをして惹き起こされたのが機材破壊策動である
また、リクガ問題も筆者が複数の交際機会を得たことに逆恨みして惹き起こされたものである

バイク戦争犯罪、機材破壊策動、リクガ騒動の全てに協力し続けたのがSG現場の連中である
SG現場の連中は一人残らず工作員であったということである
特に千ラシ裏女が悪質な工作員であり、その証左が徒に処断を遅らせた敵の操作にあるのである
SG現場の前の現場の工作員H.I容疑者が門外漢女らとともに2010.5.7に追放されたのに対し、SG現場関係者の処断は遅れに遅れた
それは、敵がSG関係者特に千ラシ裏女の復活を企み手ぐすねを引いていたことに他ならない
結局、千ラシ裏女は最後の最後、2012.11.28になってようやく永代追放が決まりこれを以ってSG関係者は全て処断された
何の理由も正当性も無い策動に協力し続けた罪は何をしても滅せられないほど重いと言わざるを得ない

いずれにしても、全ての策謀が敵の一方的な都合のみによるものであり、そこには何の正当性も理由も存在しないというのが電磁波犯罪の基本である
ハラスメント殺人集団・敵一味宗創医連合の一日も早いイクスティンクトが喫緊の課題である

【ご注意】
本記事は、敵宗門より脱退する以前かつ「聖域なき見直し」以前に執筆された記事です。現在最新の真実並びに見解とは異なる部分を含みますのでご注意ください。

カテゴリー: 宗教や敵対者について, 旧ポータルブログからのインポート記事 | 策謀は全て敵の一方的都合 はコメントを受け付けていません
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-178.html