敵対者批判」カテゴリーアーカイブ

2013年の車によるハタカセ事件について

私は、かねてよりクルマが収奪装置であり、利権の塊であると指摘しており先にもこの趣旨で記事を上梓したところである。
しかし、2013年にこれに矛盾するような事態が起きている。
これについては、誤解のない様にそれが洗脳と誘導による事件であることを説明しておく必要があり記事を起こすこととした。

何故クルマを買わされる事態が惹起ったのか?

2013年に私は敵宗門の策略による交際類似事件に巻き込まれた。
この事件は人工透析への転落を目前にして惹き起こされたものであり、その一部として必要の無いクルマを買わせそれによって殊更にハタカサレるという事態が起きている。
2013年8月、最後のツーリングの帰途で私は異常なほどの疲労感に襲われた。
しかし、それは年齢的なものではなく腎臓疾患の悪化によるものだったが、敵はこれを「年齢的な衰えだ」と遠隔洗脳操作で刷り込んで思い込ませた。それはその後に予定していた交際類似事犯とハタカセ策動のためであった。

当時はまだ敵宗門に隷属させられていた次期であり、2011年に始まっていた真実の追究からも敵の策動による再洗脳によって遠ざけられていた時期でもあった。アベルフが政権を不当に簒奪して諦めムードが漂っていたことも悪い意味で影響していた。

翌13年9月、私は御講にタクシーで来ていて帰りも私は自分でタクシーを捕まえて帰るつもりでいた。
しかし、当時の役員で班長だった男が、私に車に乗って帰れとしつこかった。
私は一度断ったが、それでもなおこの男は乗って帰れとしつこく迫っていた。
その狙いこそ、後々問題になるこの寺の女工作員である柏原という女にあった。
つまり、思わせぶりによって誑かし行動を改変するとともに来るべき人工透析転落という事態に対してその重大性に気付かせず変な希望を持たせて騙くらかして脱退を妨害する意図が含まれていたのだ。つまり、敵宗門は私が人工透析に転落するということを予め察知して予定していたことになる。
案の定、その車の中で問題の女は思わせぶり行為を行い、これが後の洗脳誘導に利用されたというわけである。
女工作員による思わせぶりつまり交際類似行為は、決して個人的に行われたものではなく、これまでに宗門が惹き起こした数々の事件と同様寺ぐるみ、講ぐるみによるものであり宗門の指示に基づいている。
なお、当時まだバイクがあったにも拘らずタクシーで来させたのも敵一味の裏部隊による遠隔洗脳であり、バイクで来られては組織ぐるみの交際類似事犯を起こせないため洗脳装置で誘導した結果なのである。

ここでは、交際類似女のコトはひとまず置いておいて、クルマを買わせた謀略について説明する。

この時、私はバイクを手放そうとしていて、まずこれが間違いの元であった。
つまり、この間違いこそ先の思い込ませによる「年齢的な衰えだ」という誤認識によるものであり、またその原因をスリカエられていたことによるものである。
腎臓疾患の悪化は、予測しようとすれば予測出来ないことはなかったことである。
しかし、それは最後のツーリングの後で気分を悪くしそこで異常な血圧に気付いていたことによるもので、既に内容を敵の遠隔洗脳操作によって書き換えられていたので、そのことによって腎臓の悪化に気付くことができなかったのである。もっと正確に云えば、悪くなっていたことには気付けていても、人工透析への転落という最悪の事態を予測するという決定打を打てないようにされていたのだ。

その前、私は敵一味の策謀による遠隔洗脳操作で診察からドロップアウトさせられていた。このドロップアウト操作は腎臓の悪化が敵の一部である悪徳病院の医師によって出された薬に起因するものであることを隠蔽し、ドロップアウトのせいにして助けてやったんだろと恩を売って善と悪をすり替えるために行われたものである。
つまり、ドロップアウトしないでいて病状が悪化されると悪い薬を混ぜたんじゃないのかと疑われる可能性があるからで、犯罪行為の隠蔽である。
少し前置きが長くなったが、要するにバイクを売ったカネをクルマを買うことで使わせ更にこれをネタにハタカセて蓄えのない状態を強要したのがこの事件であり、先の交際類似事犯はそのきっかけを投じるために行われたものである。

事態の経過

きっかけを投じられたことと遠隔洗脳操作が発動されたことによって私が取るべき行動は捩じ曲げられ、すぐに必要性が無くなるクルマを買わされるような方向に敵は力ずくで引っ張っていったのである。
当時取るべき行動は何だったのか。
それは、身の丈に合わないバイクを、身の丈に合う小型のバイクに乗り換えて残りの資金を温存することであった。何故なら透析への転落が目前に迫っており、金銭的余裕が絶対に必要だったからである。
それを捩じ曲げるために敵が行ったことが、透析への転落が目前に迫っていることを知らせないようにすることと、女工作員による交際類似行為で未来に変な期待を持たせて誑かすことであったのだ。
云うまでもなく、クルマというのは持っているだけでハタカセのネタになり得るものである。而して敵が行ったのは、必要も無いクルマを買わせてさらに車をネタにいろいろと物を買わせて殊更にハタカセることであった。
その後すぐに人工透析に転落させられ、会社は退職となりクルマの必要性は失せたのであった。クルマの必要性などすぐに失せることは確定事項であったといえるのであるが、敵一味はそれを知りながら真実を知られないように隠蔽を図り、思わせぶり行為で誑かして判断を狂わせ行動を改変し、クルマが必要だと思わせて行動に走らせたのであった。
結局、このクルマはたったの半年しか持たずに売却させられることとなっており、25万で買ったクルマの売値は10万だった。たったこれだけで15万ものカネを不当にハタカサレて力を削がれているのだ。一家の中でも最も最大級の汚点である。

もしこれがクルマでなく小型のバイクであったらどうだったか。
クルマよりは格段に経済的であり、当時の厳しい状況でも何か制止に足る理由が無い限り乗り続けられたはずであり、2015年3月までは乗り続けられたはずであった。
25万で車を買わされるのであれば、後述の通り小型バイクとカメラ機材を同時に買えてしかもその後のハタカセを防ぐことが出来たはずである。

クルマを降ろされたあとはバイクを買うことも出来ず、しかも機材破壊工作によってカメラ機材を不当に失わされており、最低限の機材は持っていたがそれを使い続ける選択も敵は許さずに最後に残った10万円を敵は買い換える必要も無かったカメラなどに使わせるという暴挙に及んだのである。当時カメラ機材が無いわけではなく、しばらく待って別のカネでやるべきであった。それをやるのであればクルマを買わされるのを防いで小型バイクと同時にやれば両立できた。しかもその後敵一味は更なる機材破壊工作を続け、殊更にハタカサレて最後の10万円は藻屑と消えたのであった。
もっと云うならば、2013年に「無慈悲な揺さぶり事件」というものがあり、一度は問題の機材を買っているのである。しかし、これが敵一味の標的となり電磁波攻撃で不調を演出され、更に全く必要の無い機材を洗脳で買わせて翌日には売らせ、それだけで万を超える損害を出しているのだ。それでさえ、敵一味は洗脳で正当化を演出してまで犯行に及んでいる。
機材破壊策動とは、まさにハタカセのためにあるものであり、殊更にハタカセて力を削ぎ利権のために私を薄汚い辺境の地につなぎとめておくのが目的である。

これらは全て敵一味の悪辣な誘導と遠隔洗脳操作によってもたらされたものであって、決して私の選択ではない。殊更にハタカセて力を削ぎ移住を妨害するためであり、宗教からの離壇を妨害して縛りつけておくためだった。

その後

問題の女工作員はその後どうしたかといえば、人工透析に転落して直後のお会式のあとすぐに疎遠になり、このことを班長だった男に問い詰めても「そんなものある訳ない」などと年令などという理由にならないものを盾に女工作員をかばい一方的に私のせいにしたのだ。しかし問題の交際類似事犯を指示していたのは他ならぬこの伊藤という役員の男であり、宗門僧の指示で事件を指揮したのである。これは門外漢女を守った石之坊と全く同じであり、このことが宗門に対する不信感を募らせその後の聖域なき見直しそして宗門からの脱退につながったことは云うまでもない。

現在伊藤や柏原ら法悦工作員、法悦僧俗どもは全て本会の決議により「永代追放扱い」となり、厳しく放逐するとともに更なる報復措置も辞さない旨警告している。
特に重篤な惹起犯罪者については各個別に永代追放を宣告している。

この事件が決定打となった上、その後も敵一味による無慈悲な洗脳犯罪によるハタカセが続き今日に至るまで蓄えのない状態を強要されているのが現状である。

カテゴリー: 宗教や敵対者について, 敵対者批判, 旧ポータルブログからのインポート記事 | 2013年の車によるハタカセ事件について はコメントを受け付けていません
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-212.html

敵の正体?

回顧録ブログの初版に当たる初代「シングスピールの回顧録」を始めた時にはまだ真の敵の正体が見えていなかった。
そのため、敵一味が流した虚偽の見解がまかり通り回顧録を覆い尽くしていたのであるが、その虚偽情報は敵一味が行為者の正体を隠し、その主体である宗門の信仰につなぎ止めておくために汚い手段で流して洗脳したものだった。
それは二代同名ブログのときにも同じであり、そのことを考えると敵一味が自ら流した虚偽情報であると知りながら書かせていたものであると云えるものであり、行為者の正体をスリカエて宗門(特に宗務院や末寺)に矛先を向けさせないようにするとともにスリカエたターゲットを叩かせることでガス抜きを行い脱退を防ぐように敵一味はしていたのである。
そしてそれに反して筆者が宗門からの脱退に踏み切ると、これをネタに大人数で押し掛けてきて脅迫を行いブログの閉鎖をさせるという暴挙に及んだのであった。

当時の目下の敵は門外漢女であったが、確かにこの門外漢女がなしてきたこと自体は十分に悪魔の所業であると云えるものである。
現在ではこの門外漢女は敵宗門のエージェントであると見切っているが、そう認定するに十分な悪業の数々ではある。
例えば根掘り葉掘りの件、誤魔化してまでしゃべらせようとする手口は同じく創価側のエージェントである千ラシ裏女にも共通するものである。
しかし、それだけのことが起きるには相当の謀略が無ければ成り立たない。

この犯罪は当初、創価学会広宣部によると見られていたが、実はそうではなかった。
創価学会広宣部は存在するが、そもそもこの組織は顕正会対策として組織されたものであり、顕正会と何の関係も無い私には当てはまらない可能性が高く、テクノロジー犯罪や嫌がらせ犯罪の部署は別に存在していると見られる。そもそも一連の犯罪を主導していたのはどうも創価学会ではないように見える。
そもそも創価学会自体が日蓮正宗の傘下団体であり、別働部隊であること・主体性を持たないことを考えると主導していたのは敵宗門ではないかという見解にたどり着いている。
仮に創価学会がこの犯罪に関与していたとしたところで主体性が無いのだから親玉である敵宗門の主導であると考えるのが現在では自然であるといえる。
創価学会広宣部の存在が、矛先を向けさせるために、そして犯罪主体をスリカエて宗門の悪事を隠蔽するために利用されているものであるといえる。
今でも創価広宣部が電磁波犯罪の主体であるかのような喧伝をしてあたかも宗門は関与していないかのような主張をしているサイトがあるが、そのようなサイトは間違いなくヒモ付きであり、宗門側の工作員であるといわねばならない。
現にヒモ付き陰謀論者の中には敵宗門の主張を鵜呑みにして「日蓮正宗こそ最高最勝の宗教だから迫害を受ける」などとのたまっている輩がいるが、カルトを持ち上げる辺り典型的なヒモ付き・偽陰謀論者であると言わねばなるまい。

なお、この犯罪は実地でのモラルハラスメントや離間工作とテクノロジー犯罪(通称汚い手段)による洗脳操作を組み合わせて行われた一大組織犯罪であることがわかっている。

30余年に亘るマインドコントロールから脱するのはさすがに容易ではなく、敵はその発覚に対して大掛かりなマインドコントロール事犯の報復を以ってこれに応えたのである
何の理由もなくターゲットにされ、いわれなき攻撃を受け、物心が付くか付かないかの頃からマインドコントロールを施され、そして今日に至るまで印象操作によって貶められてきたのである。
島流し時代もそれ以前も、周囲が見ていたのは元来の姿ではない、印象操作によって貶められた姿に過ぎないのである。
その意味において、私の真実の姿、元来の姿を見た者は誰もいないと云える。
殆どの者は、敵によって印象操作された姿、つまり存在しない幻影を見ているに過ぎないのだ。

門外漢や千ラシ裏女の件も含め、すべては敵一味である宗創医連合軍の所業である。
その総仕上げとも云えるのが、2013年の賠償金簒奪事件+行き倒れ策動の複合体であると云える。
この時は大いなる巻き返しのチャンスであるといえたが、敵はそれを「バイク」によってすべてスリカエてあらゆる好機を押し止め、しかも行き倒れ策動に引き込んで二度と戻ることのできない境涯に貶めたのである。
この時出来たはずのもの、解放聖戦による負債の圧縮も機材の拡充もそして行けたはずの遠征までもすべて押し止め、カネはすべてバイクによってはたかされたのであった。
解放聖戦による負債の圧縮も機材の拡充もそして叶ったはずの移住も、すべては敵によって押し止められたのだ!
無論、これらの物事が筆者の頭の中に無かった訳ではない。
しかしながら、敵は極めて強力なマインドコントロールによってすべてを「バイク」にすり替え、それらをすべて押し流してしまったのである。
これらの物事は、すべて敵にとっては都合が悪いものであったが故に押し止める対象となり、それぞれに尤もらしい理由を付けさせて納得させるなどという許されざる手口に出たのである。
公明党バイク議連なるものがあることに鑑みても、やはり「バイク」が敵一味・宗創医連合軍の都合に沿った刷り込みであったことが明らかである。
敵は、それらが判ってしまうことを恐れていたが故に、契約を成立させることを殊の外急いだのである。
成立した後であれば、それが判ってしまっても後の祭り、ザマーミロ!ということなのだ。
人には非ざる悪辣さ、まさしく悪魔の所業に他ならない。

では、あのときにするべきだったことを列記する。
・解放聖戦の負債を圧縮すること
・早く会社を辞めること
・早く関東外に移住すること
しかし、バイクを買わせるだけでは、これらを「すべて」押し止めることは困難であったはずである。
そこで、敵は行き倒れ策動を含む複合的なマインドコントロールを組み合わせて、これらを押し止めたのだ。
そして、その上で計画を汚い手段で書き換え、以って身の丈に合わない車種を選ばせるように仕向けて、そして「走らせる」ことだけに関心を向けさせたのであった。何もバイクを買ったからといって無理に走りに行く必要までは無く、それをさせたのは後述のすぐに売らせて必要も無いクルマに乗り換えさせるための布石であったのである。
この策動は、後に医師の交替のタイミングとセットで仕組まれ、意図的にフェードアウトさせるように仕向けていたことがわかっている。
この策略は、後に(敵側で)予定していた人工透析転落の際に腎臓を悪くするクスリの存在に気付かせず、フェードアウトが無ければ助かったかもしれない的なスリカエをして自らの悪業を隠蔽するためのものだったのである。
フェードアウトもしていないのに急に腎臓が悪くなった、となっては医者の側が疑われてしまいそこからボロが出て陰謀の全容が暴かれる(敵にとっての)危険性があったからである。
つまり、腎臓を悪くするための薬を処方していたことがわかってしまい、なお且つ急激な悪化が前もって判明すればそれに合わせて先の見通しを組まれてしまうからである。それでは予定していた交際類似事犯絡みの策動が実行できない。つまりバイクに乗ったままでは策動のレールに乗せられない。だから心理操作を行ったのだ。

その後、バイクを処分してはたかされた金員の一部、約42万円が還ってきたのであったが、金員の余裕がよほど気に入らないためか敵宗門は交際類似事犯を惹起させ、これをネタに殊更にはたかされ、入院の際にはほとんど余裕は残っていない有様だったのだ。
ところが、この一件は殊更にハタカセて無一文にするための悪辣な誘導だったことが判明している。
つまり、端緒となった酷い疲れは腎臓の悪化によるものであり体力が落ちたためのものではなかった。つまり、仮に人工透析になったとしてもバイクに乗り続けることには支障が無かったことになる。このことは後に体力をだいぶ戻すことが出来ていることで証明されている。
ところが、そこを敵は巧妙にスリカエて腎臓の悪化にはあくまで気付かせないようにしていたのである。気付かれてはその後に予定していた策動が全て水の泡になってしまうからだ。
それほどまでに金員の余裕がマインドコントロールにとっては大変に都合が悪いということなのだ。
金員に余裕があればマインドコントロールの影響はそこまで受けずに冷静な判断ができるということなのだ。
また、バイク売却の頃に金銭的な行き詰まりがあったのであるが、それも敵の操作によるくだらない無駄使いが原因であり、どうにか乗り越えようとすれば乗り越えられる程度のものであったが、これまた敵の心理操作によって楽な方向へ楽な方向へと流されたことが大きな不祥事の原因であったのである。
これらのことを考えると如何なる経緯があったとしても一度買ったバイクには乗れる限り乗り続けるべきであったのであり、そこで売ってしまったのは大きな間違いであったということになる。
この過ちが無ければ少なくとも15年春までは乗り続けることが出来た計算になるのである。
なお、現在でも金員にそれほどの余裕がある訳ではないが、生活の改善などによってイニシャルコストの圧縮に成功しており、生活を立て直すための各種整備も終了しているので今後は金員に余裕を持って運営することが十分に可能となっている。

かくして人工透析転落前夜の頃、寺ぐるみの交際類似事犯が惹き起こされた。
その日、私は自分のカネで寺まで来ており、勿論自力で帰るつもりでいた。
しかし、当時の班長だった男は断る私を無理に引き止めて、その女が待つ班長の車に引きずり込んだのであった。
その後お会式が終わるとこの女は疎遠になり、後に班長の男にこの件を追及すると的を得ない誤魔化しに終始し話にならなかった。
この交際類似事犯は明らかに上からの指示によって惹き起こされたものであり、無惨な現実に目を向けさせないで無駄な希望を持たせてこれをネタに煽って振り回した挙句に言い訳にならない詭弁で誤魔化し、すべてを被害者である私のほうにスリカエて惹起者を擁護したものである。惹起者を擁護したことこそが、この事件、及び門外漢女の事件が寺ぐるみ、宗門ぐるみで惹き起こされたものである証左だ。

人工透析に陥った後も講員どもは宗門側の言いつけである「本人に知らせてはいけない」を忠実に守りつつ、安心できるウソで私を騙し続け引止めを謀ったが、あまりにも無惨な現実に私が気付いたことでそれは崩壊したのである。かくして2014年8月を最後にこのカルト寺院への参詣を停止し、宗教問題まで含めた「聖域無き見直し」が始まったのである。
4ヶ月あまりにも及ぶ見直しの結果、鉄道趣味を破却して宗門からの脱退を果たすこととなり、敵一味による引き止めの企みは無惨にも崩壊したのである。

敵は今なお引き戻し策動や印象操作などの嫌がらせや仕向け行為に余念がないようである。
しかし、それによって主権回復を押し止めることは決して許されない!
俺は敵一味宗創医連合軍を、エージェントや見下した連中どもを絶対に許さない!

なお、現在一家ではバイクについては全くの禁止ではなく、身の丈(経済状況)に合ったものであって乗ること及び維持することが可能であれば実用品として用いていいとしている。
鉄道趣味については限定認可とし、敵の誘導による対象については引き続き全面的に差し止めとしている。

【ご注意】
この記事は、2014年2月3日に書かれた原記事を元に現在までに判明している事実関係等を反映して再筆させていただきました。

カテゴリー: 宗教や敵対者について, 敵対者批判 | 敵の正体? はコメントを受け付けていません
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-202.html

敵が対象者を煽る手口

人生の大半に亘るこれまで30余年の歳月が、敵によって何ら理由も無く不当に暗いものに貶められてきた訳である
その過程では敵側団体の構成員どもによる攻撃や因縁付けそして誑惑などもあったことは紛れもない事実である
敵は、ただ都合よく筆者を愚弄し振り回すだけのために意味の無いものは掴ませ、大切なものは失わせるということを延々と続けてきたわけである
先日の事件もその一環であり、敵工作員とみられる者による因縁付けによって誑惑事犯が画策され、これに電磁波犯罪も併用されたものであった

煽りの手口

敵は、必ずといっていい程「無いもの」を使ってターゲットを煽り立てる
逆説的に言うと、敵が煽るものは無いものであり、敵が煽り立てる道は決して進んではならない道である
敵は、ターゲットを煽り立てるためにまず無いものを使って幻想を仕立て上げる
つまり、捏造、でっち上げである
この捏造は、ウソの塗り重ねによって構成されるのが常である
最初にAというウソをでっちあげる、そしてそれをもとにしてBというウソを塗り重ねる
更に同じ手法でCというウソ、Dというウソを重ねてゆくうちに、最初のAというウソがいつの間にか「真実である」ということになっているのである
そして、それを前提に捏造の感情を刷り込んで煽り立てるのである
今般の交際事犯も、この手口から何ら外れるものではない

これまでの闘争の中で惹起した大きな事件の中で云えば、「リクガ禍」と「バイク戦争犯罪」がこのやり口に当たる
ここでは、前者を例に説明する
リクガ禍については何度かここでも書いているが、これは特殊なケースでもある
つまり、都合よく愚弄し振り回すためのものではあったが、そこにはもう一つの悪辣な奸計が仕込まれていた
それは、「身近な縁があっても決してモノにさせないため」というものであった
つまり、身近な縁という本当に大切なものから関心をそらしてそれを徹底的に破壊するために予め仕込んだものであるのだ
前にも書いた通り、敵は「本物の就活生でなければならない」などという前提条件を捏造してそれに執着させ、さらに韓流アイドルを利用するなどして身近な縁を徹底的に破壊した
更に、ことさらにリクガ禍を煽り立てるために創価工作員まで動員して妨害を演出までしたのである
「自由の闘士気取り」を形成するのと同じやり方のバンドワゴンである
そして、そのようにしてすっかり狂わされマインドコントロールにかけられていることを知りながらSG現場の連中は逆バンドワゴンを行い、まずまず反発させるというやり口で引き裂いたのである
これは、まさしくいくつものウソによって構成された貶めの手口そのものに他ならない

ターゲットの行動の中で、偶さかうまくいかないことがあった時にもウソの塗り重ねによる煽りが行われてきた
実際には敵が仕込んでいない事でも、敵が仕込んだという内容のウソを刷り込むことで殊更に煽り立ててきたのだ
そこに負の感情のマインドコントロールを捩じ込んで一丁上がり、という訳である
そしてこれを繰り返すことで延々と煽り立てて振り回す、という手口である
更には、周囲の者まで電磁波によるマインドコントロールで操作して演出を繰り返してきた訳である
電磁波犯罪は新種のガスライティングであり、演出型ハラスメント以外の何物でもない

敵は、あらゆるものをウソの塗り重ねによって演出し、ウソや捏造によって筆者の人生を不当に貶めてきた
執着していると思っていても、それはそうではない
敵の操作によって執着させられている場合が殆んどなのである
敵の煽るもの、敵が執着させるものは無いものであり、決して進んではならない道なのである
敵はウソしか言わない、ウソしか流さないのでこのことは覚えておいて損は無い

敵の捩じ込んだ妄執を断ち切るため、革命一家は今般一つの重大な決断を下した
現在の諸々の施策は、それに沿ってすべて行われている訳である
施策の内容は、自粛内容に抵触する故正式発表まで今しばらくお待ちいただきたいと存ずる

現在、敵とのたたかいは重大な局面に差し掛かっており、今まさに厳しいたたかいが繰り広げられている最中でもある
このくだらない敵という諸悪の根源を断ち切らない限りにおいては何をやっても無駄になると決している、そういうことである
厳しいたたかいの最中には書けないことというものがどうしても出てくるということをご了承いただきたい

【ご注意】
本記事は、敵宗門より脱退する以前かつ「聖域なき見直し」以前に執筆された記事です。現在最新の真実並びに見解とは異なる部分を含みますのでご注意ください。
(重篤な箇所については適宜修正しています。)

カテゴリー: 敵対者批判, 旧ポータルブログからのインポート記事 | 敵が対象者を煽る手口 はコメントを受け付けていません
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-172.html

千ラシ裏女の任務について

不本意な人生シリーズを続けていきたいところであるが、重要度が高い事柄なので先に書かせていただく
以前に筆者は通称:千ラシ裏女について、その任務を
「ソーシャルエンジニアリングとマーケティングにある」
と書いた訳であるが、その後千ラシ裏女がSG現場におけるガスライティングの実質的責任者であることが判っている
しかし、奴の任務はそれだけではなかった
まず、千ラシ裏女は交際類似行為でも処分されているが、この交際類似行為自体が任務の一部である
筆者の関心を常に引き付け、筆者が他の女との交際を成就するのを妨げ、孤立化に加担することが大きな任務であった
そして、もう一つの大きな任務が筆者に対する人格改造を強行するための策謀の実行であったのだ
この女には俗にいう復唱癖があった、と思われていた
しかし、それは単なる癖ではなく、筆者に復唱癖を植え付けるための工作だったのである
これが判明したのは、敵の吹聴の一部を意識の中で復唱させられていることが判明したからである
そこから、復唱といえば!あの女だ!とすぐに合点がいったのである
当時、言葉の送信による攻撃はまだ始まっていなかった
そもそも、千ラシ裏女はじめSG現場の輩は2009年の大粛清で一掃されているので3年近く間が空いている
言葉の送信が始まったのは2012年6月、敵の策謀から事故に巻き込まれた後である
しかし、その5か月後には電磁波犯罪が発覚し、併せて千ラシ裏女が敵側のエージェントであったことまで発覚している
そして、2012年11月28日を一期に永代追放処分となっている
その千ラシ裏女が人格改造の強行の一環として行ったのが復唱癖を植え付けるための工作だった、という訳である
それを工作員と気づかれないように実行する辺りは非常にしたたかであるという他なくこの手の人間はいくら諫暁しても時間を空費するだけである
それが証拠に、折伏しても余裕でかわし切り、任務を忠実に実行したのであった
筆者は勿論、他の者も一部工作員を除けば千ラシ裏女の真の素性を知っていたとは云えなかった
あの女のしぐさや素振りなどは99.9999%演技だったからである
それで本性を見抜けと云われて誰ができるのか
革命一家が千ラシ裏女を粛清してから敵による言葉の送信が始まるまで3年近く要していることについては、千ラシ裏女の犯罪行為を隠蔽するためという一面があると思われる
いずれにしても、復唱癖を植え付ける工作が行われた時点で言葉の送信工作も予定されていたということであるのは間違いない
千ラシ裏女が人格破壊工作のプロであることは間違いなく極めて危険な工作員であると云わねばなるまい
筆者にとってはこの人生を無残に破壊して貶めた悪の立役者の一であり未来永劫決して許してはならないのは云うまでもない

【ご注意】
本記事は、敵宗門より脱退する以前かつ「聖域なき見直し」以前に執筆された記事です。現在最新の真実並びに見解とは異なる部分を含みますのでご注意ください。
(重篤な箇所については適宜修正しています。)

カテゴリー: 敵対者批判, 旧ポータルブログからのインポート記事, 門外漢・SG・千ラシ裏問題 | 千ラシ裏女の任務について はコメントを受け付けていません
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-154.html

バイク戦争犯罪による損害の考察

撮影機材をキヤノンに戻したのは8月末のことだった
昨年の機材混乱は大いなる損害をもたらしたが、売った機材が高かった分40Dの再奪還のみならずカメラ2台という恵まれた再スタートを切ることもできた
その後、EF-S 17-85mmも入手することができたうえスピードライト(鉄道ではほぼ使わない)も手に入れた
しかし、その前にもっと大きな好機があったはずであった
敵は、行き倒れ策動の際に高額な新車バイクに手を出させることでそれを封じたのであった
恐らく敵幹部の指示は次のようなものであったであろう

「カネを徹底的にはたかせろ。ただし、撮影機材は一切買わせるな。すべてバイクで使わせろ。

この指示を裏付けるものとしては、マインドコントロールによって中身が入れ替わってしまったバイクの導入計画にあった
当初PCX150を中心に検討されていたものがなぜ400㏄にすげ変わったのか
PCX150:総額約35万円
実際に入ったバイク:総額77万円
後付けのボックスやアクセサリーは抜きの乗り出し(前者は凡その見積もり)価格での比較になる
それでも、両者には倍以上の開きがありその差額があればとっくに高級機材を取り戻していたに違いなかろう
それ以外にもPCX150であれば必要なかったであろう駐輪場所整備(約3万6千円)や同じく必要なかったであろう大型スロープ(配送料込みで約3万3千円)など係るスリカエでおよそ50万円も大きくなっていることは特筆に値する
敵がいかにしてカネをはたかせつつ機材を買わせないように、そしてキヤノンに戻させないように腐心していたかが窺える
もしこのすり替えが無ければどうだったか?
仮にニコンのままだったとしても、80-400VRやD600、70-200/4 VRなどが検討されており、それらを入れていれば後のシステム戻しの際にもそれが資産価値を発揮してかなりの高額機材が買えたであろうことは想像に難くない
しかし、筆者がニコンのVRに視覚的違和感を感じていたことを敵も読み取っていたのであろう
もしそれらが入ったとしてもVRの違和感を克服できずにキヤノンに戻す―
という敵にとって最悪のシナリオが見えていたのであろうか
これが敵が誘導して導入に至ったはずのニコンシステムの機材さえも買わせなかった理由ではなかろうか
しかし所詮はマインドコントロールによる化城の産物に過ぎないのはバイクもニコンも一緒である、いずれは崩壊する定めにあったのだ
実際に化城の崩壊を前に筆者はキヤノンEOSシステムに戻す決断を行い実行に移している
なお、3万6千円かけて整備した駐輪場所は今は自転車置き場になっている有様で大型スロープはただの死蔵品に成り下がっている
また、5月18日を最後に9月の入院まで鉄活動が無かったことについて併せて考察する
この間、機材はずっと保有しており鉄活動できない理由は無かった
にも拘らず鉄活動ができなかったのは何故か?
敵幹部が、何らかの理由(無論、身勝手な理由である)で筆者に鉄活動をさせたくなかったためであると断定して間違いない
そのために、化城生成の頃の鉄活動の極大化を謀ったのと同じ理屈でバイクの極大化を実行に移しこれを利して鉄活動をも封じたのである
化城生成の時には極大化させておいて、都合が悪くなったり策謀の役に立たなくなると今度はそれを封じるというのは常人の神経ではないしあまりにも手前勝手・ご都合主義に過ぎる
いずれにしても計画はすり替えられ、巨額の損失を筆者は蒙った
そして敵は、走ることだけに熱中するよう煽動を行い、勢いが付いたところで行き倒れ策動を加速させ薬を外させたのであった
しかし、既出の通り9月初旬には異常に気付いて薬を再開し、診察を無理にでも入れさせたことで一命を取り留めたのであった
行き倒れ策動は、マインドコントロールを重ねに重ねて何重ものトリックによって初めて成り立つ特殊な暴力である
大切なものを外させるというのは、ターゲットに勢いがついてないとできないマインドコントロールでもある
今回は計画のスリカエについて主に論じたが、バイク自体が敵によって捩じ込まれ自家用車の復活を妨げたものである
また、そのバイクを捩じ込むために「クルマは金食い虫」という吹聴を繰り返し繰り返し行い「バイク」に引きずり込んだという事実がある
PCX150の新車は35万円であるが、政策転換後に購入した乗用車はそれより安く、バイクの売却益で賄って余りあるほどであった
このことに怒り狂った敵は、殊更にカネをはたかせた上でマインドコントロールを行い、入院妨害を行ったのである
しかし、その病状が特定疾病に該当したため限度額認定の恩恵を受け、翌月には医療費がかからなくなったのである
いずれにしても、リードの後は別の小型バイクにするのが正しい道であったのは間違いない
実際に、そのことが頭になかったかというとそうでもないしその他乗用車も検討した
だが、それでは困る敵によってそれを圧殺するためのマインドコントロールが行われ、上記のごとき経緯となったのである
筆者は元々は乗用車に乗っていた人間であり、敵はそれが面白くなかったであろうことは想像に難くない
敵は約15年余りに亘って乗用車の復活を妨げるための策謀を重ねてきたものであり、筆者が乗用車に乗ることはその15年の策謀が水の泡となることを意味したからである
しかし、その乗用車ですら導入決定時にはすでに「先が無い」ことを敵が確認していたものと思われ、所詮はマインドコントロールによる産物に過ぎなかったことが判っている
バイク戦争犯罪に関わった徒輩に関してはこれを徹底的に裁かねばなるまい

【ご注意】
本記事は、敵宗門より脱退する以前かつ「聖域なき見直し」以前に執筆された記事です。現在最新の真実並びに見解とは異なる部分を含みますのでご注意ください。
(重篤な箇所については適宜修正しています。)

カテゴリー: バイク戦争犯罪, 敵対者批判, 旧ポータルブログからのインポート記事, 風化させない | バイク戦争犯罪による損害の考察 はコメントを受け付けていません
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-145.html