覚え書き」カテゴリーアーカイブ

[覚え書き] SG現場の事

筆者は2005年夏に派遣脱出作戦を実施しようとした
しかしながらこれを察知した謀略団体の幹部によって電磁波部隊に指示が行ったのだろう
それによって体調を崩されるなどして脱出に失敗したばかりかSG現場に巧みに誘導されたのだ
そのSG現場では千ラシ裏女によるソーシャルエンジニアリングとマーケティングがあり、後年にはガスライティングとバンドワゴンの舞台と化した
敵は門外漢女を利用したソーシャルエンジニアリングを行い、そこから情報を吸い出していたが筆者が門外漢女と疎遠となり続行が不可能となったことから斯様の誘導を行い千ラシ裏女を送り込んだのだ
奴は、ソーシャルエンジニアリングのスペシャリストではあったが精神的に非常に弱くいくつかの現場になじめずに例のSG現場に流されたのだ
他に千ラシ裏女を置いておける現場が無く、それであのような誘導となったというのが専らの推定である
SG現場の前の現場でカルト工作員の男によるガスライティングがあったことが判明しているが、それでSGの派遣を辞められては困るというのが謀略団体側の本音であったはずだ
これだから派遣なんぞはさっさと辞めなければならないのだ
実際に千ラシ裏女はソーシャルエンジニアリングのスペシャリストであった
あの狡猾で卑怯な吐かせ方は生涯忘れることはないし奴を絶対に許さない
奴は周知の通りカルト宗教の会員であり邪悪な工作員であるが大粛清の夕べまで決してその身分を明かすことは無かった
奴は、工作員であることを知られないように注意深く振る舞いながら、しかも巧妙に工作を仕掛けなおかつ現場の他の工作員を指揮していたのである
会員であることを知られれば総てが水泡に帰してしまうからである
しかし、筆者をSG現場から逃すこととなりガスライティングの続行は不可能となった
大憤激した謀略団体幹部が電話攻勢を命じたというのが専らの推定であるが、いずれにしても千ラシ裏女は常軌を逸した電話攻勢を実行したのである
無慈悲で冷徹にして任務に忠実な千ラシ裏女の本性が窺い知れる
千ラシ裏女には決して正法に帰伏出来ない大きな理由がある
それは、実家がカルト宗教の会員であり逆らえないのである
意外と知られていないが、北海道はカルトの一大勢力地なのである
敵は密かに千ラシ裏女の復権を狙い切り崩しを今なお謀っていることだろう
しかし、総てが明らかになった現在ではそれは不可能である
SG現場での四年間は歴史に残してはならない四年間であった
実地では千ラシ裏女率いる工作団によるガスライティングがあり、他方では電磁波による操作と洗脳により筆者本来の思考をでっち上げの思考にすり替え実現不可能な夢憧れの類いを強要され身近にある縁は徹底して無慈悲に引き裂かれたのだ
そして謀略団体や門外漢女の思い通りのレベルまで破滅させられた筆者の姿がそこにはあったのだ
しかし、敵の行き過ぎた人権蹂躙の謀りがきっかけとなって筆者はSG現場からの訣別を決断するに至った
周知の通り、敵が初めて見せた綻びであった
この時が一世一代の絶好機であったのは云うに及ばず、これを逃しては未来永劫に悔恨を残すと覚知したこと、そして信心を根本とした生活に改めなければとの思いがかかる決断の背景にはあったのである
締めまで待てという声もあったが筆者は突っぱねた
待つことは出来なかった、そして待ってはならなかったからである
訣別に際して筆者はSG現場の者どもに、退職後は断固義絶して縁を切る旨通告した
千ラシ裏女がべそをかいていたが、あれは電磁波による感情操作だろう
奴が例のお前の頭発言(資料集参照)などで既に信用を失っていたこと、既に当人がやる気を失っていたことなどのため操縦によってでも感情を演出する必要があったのだろう
なお、その後には千ラシ裏女が突如自暴自棄になって喚き散らす事件が発生している
周知の通りこれも電磁波による操作である
しかし、当人がやる気を失っているのは見るに明らかであった
だが、かかる事態に大憤激した敵幹部が引き戻しを命じ、あの電話攻勢があったのだ
筆者はナンバーディスプレイの無い電話をファクス専用化し新しい携帯電話に重要な連絡を集約して切り抜けた
翌年の早春を以て古い携帯電話は停波した
2G終了のためである
この停波を以て千ラシ裏女とは永久に断絶したのである
高根との関係についてだが、大粛清の前には既にズタズタであり筆者の落ちぶれた姿を見たことなどで既に終わっていたであろうとの推定が現在では最も有力である
後輩の女子社員もそうだが筆者のことなど最早気にも留めていなかっただろう
後輩のオーバーアクションも例のカルトが手を回したか、電磁波による操作だろう
だから復活は無いと思う
何故ならばその記憶にあるのは電磁波と実地の両面からのガスライティングによって最低のレベルにまで落ちぶれた筆者の姿であるからに他ならない
大粛清の後、なるべく上野には近付かないようにしている
あれから3年半が過ぎて関係者の記憶も薄れていることと存ずるがそこであった事は不本意極まりない事ばかりであり思い出話にすることはやめてもらいたい
幻影と軋轢に支配された日々には何の価値も無い

【ご注意】
本記事は、敵宗門より脱退する以前かつ「聖域なき見直し」以前に執筆された記事です。現在最新の真実並びに見解とは異なる部分を含みますのでご注意ください。
(重篤な箇所については適宜修正しています。)

カテゴリー: 旧ポータルブログからのインポート記事, 自主独立闘争関連, 覚え書き | [覚え書き] SG現場の事 はコメントを受け付けていません
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-121.html

[覚え書き] 門外漢の謀りの事

2004年以来今日に至るまで筆者に対する妨害に目に血走らせているのが門外漢女とその走狗である
其の謀りの数々をここに一まとめにしておく
一.お家断絶の謀り
門外漢女とその走狗どもが今日まで最も拘っているのが筆者に子孫を残させない事である
理由は不明であるがそんな事は問題ではない、筆者に対する怨恨がその根源にあるのである
奴の謀ったほぼ全ての策謀は創価広宣部の策謀と一体であり、この事が根底としてあるのである
後述する自動二輪圧殺には複数の念慮があった訳だがその一つが女を寄せ付けないようにすることである
圧殺のあと電磁波及び実地によりガスライティングというものがありその為に筆者を公共交通に縛り付けることにしたのが謀略団体であるのだが、その正体が知られることを防ぐ為に門外漢女に電磁波によるマインドコントロールを施した上で敵に仕立て上げ、実際に敵としての行動を取らせたのである
これに際しては電磁波によりあらぬ嗜好の刷り込みというものがあり今もそれがトラウマになっているのは周知の通りである
実現不可能なとてつもなく高いレベルに設定して刷り込みを行いそれを夢憧れとするように強要し更に身近なところにある縁は徹底的に引き裂いたのである
真の敵は、筆者のみならず周囲の者まで電磁波により操作している事が明らかである
また、電磁波部隊にとっては門外漢の存在が格好の理由付けにもなっているのである
問い詰められた時に門外漢女に依頼されてやったと言えばそれまでだからである
やっている事が最早工作員のそれと何ら変わらない門外漢とその走狗には堕地獄あるのみである
一.信行妨害(の演出)
自動二輪を圧殺した大きな理由の一つが本山から遠ざける事にあったのはすでに周知の通りである
それ以外にも謀略事故、その後の激しい電磁波ガスライティングがあり一時は極限まで追い詰められた
つまり門外漢女には何がしかの策謀の上で重大な役割が負わされているという事である
マインドコントロールド集団である門外漢一派は今も石之坊にあって決起の時を待っている、そういうことである
また、筆者の境涯が上がる事は電磁波ガスライティングの終焉を意味することも何としても低い境涯に押さえつけようとの奸計につながっているがそれによって境涯を落としているのは他ならぬ謀略団体側であり門外漢女である
一.ガスライティング
筆者に対するガスライティングは門外漢の頼った伝統偽装カルト宗教から情報が回って謀略団体幹部から工作員部隊と電磁波部隊に話しが回って行われた
マインドコントロールによって敵の走狗となった門外漢は筆者の退転を謀る為にガスライティングを自らも手がける事となっている
ガスライティングによって思い通りのレベルまで筆者を破滅させたと思い込んでいた門外漢はまさか突き上げを受ける事になるとは思っていなかったのだろう
三年前の急な粛清はそれに加えてもし再度公の場で追及を受ければその近況から厳しく謗法を破折され立場を失うことを懸念した門外漢女が巧みな口八丁で理由のすり替えをさせたものである
芳しくない近況を石之坊機関紙に暴露されたことで半端なく危機感を抱いたであろうことは明白である
だから決戦の場には姿を現さなかったのである
やっている事が池田大作と何ら変わらないということを厳しく指弾しておこう
その後も電磁波ガスライティングで筆者の破滅を今日まで謀ったのは周知の通りである
ガス燈の炎に焼かれて息絶えるのは門外漢のほうである
一.自動二輪妨害
門外漢女は自動二輪圧殺という許しがたい事件を惹起した
筆者の人生を踏みにじる極めて重大な事犯である
奴は自分の主観だけで生きている人間である
自動二輪に対する峻烈な恨みが根底にあり、そこから筆者への怨恨に発展したというのが専らの推定である
また、そのことが謀略団体にとって格好の人材となった所以である
この自動二輪圧殺の大きな理由は、わざと迫害を加えることで自由の闘士気取りをさせるための所謂ブーメラン効果を狙ったマインドコントロールにある
わざと迫害を加えておきながら一方では片時もバイクのことが頭から離れないように仕向けたのである
これにより敵は化城の三本柱の一つである「バイク」を大きく膨らませ、他の柱が崩壊した後も化城を支えられるようにしたのである
自動二輪圧殺事件は、後の原付車破壊策動とセットになっているのである
一.活動妨害
これは謀略団体と門外漢集団の双方に当てはまる事項である
先の自動二輪圧殺の一つの理由が鉄道趣味活動を妨害する事であった
そのために自動二輪を圧殺した上で原付車を長期に亘って稼動不能に陥らせたのである
更に、その理由の一つに後述の資金に関する妨害がある
敵は自動二輪を圧殺し原付車を奪うことで公共交通に縛りつけそれに電磁波による操作を併用して係る策謀を堅固にしたのである
更に公共交通での移動を強要した事と電磁波による操作によって常に金銭的余裕が無い状態にして身動きが取れないようにしたのである
そしてそれによっていつか活動が行き詰る、ということを謀った
更に、それは化城の三本柱の一つである「リクガ」を膨らませ、併せて公共交通への縛り付けを正当化し策謀を隠蔽するためでもあった
それをさらに何重にも隠蔽する為に当面は活動が主、信心が従という生活をさせて現を抜かさせた、そういうことである
将来的に就業妨害、収入妨害によって自殺へと追い込むという念慮がそこにはあったのである
元々あった趣味をガスライティングに利用すると云うのは人に非ざる卑劣なやり口である
一.生活妨害
解放聖戦が起こると、敵は就業妨害及び収入妨害によって長期に亘って停滞を強要し活動どころか生活にも困るような事態にまで貶めた
更に、筆者が石之坊から脱退した事で代理人工作も出来なくなると電磁波ガスライティングを強化して収入妨害を徹底し、生活保護に転落を余儀なくさせたのである
尤も、生活保護を受けられるとは思っていなかったというのが筆者の見立てである
生活保護さえ受けさせずに自殺に追い込むというのが謀略団体幹部の描いた本来のシナリオであったのだ
しかし、生活保護の申請は通り再び再生の道筋がついたのである
就業後約一年強で自立を果たし、生活の再生更に自動二輪の奪還まで一気呵成に実現したのは周知の通りである

【ご注意】
本記事は、敵宗門より脱退する以前かつ「聖域なき見直し」以前に執筆された記事です。現在最新の真実並びに見解とは異なる部分を含みますのでご注意ください。
(重篤な箇所については適宜修正しています。)

カテゴリー: 旧ポータルブログからのインポート記事, 自主独立闘争関連, 覚え書き | [覚え書き] 門外漢の謀りの事 はコメントを受け付けていません
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-120.html

口を挟む徒輩の事

石之坊入信後※程なく門外漢女が入ってきたことによって以後の約6年を外敵とのたたかいに費やすこととなった
この門外漢女は典型的なお節介者の類型に該当する性質を持っていた
峻烈な偏見
杓子定規な思考
押し付けがましい様
何でも自分の考えでごり押ししようとする
こういう性質の女は必ず一定の数存在するのだが日本の場合は特に多いように思える
これまでに別れた女は大体上記のような性質を持っていたといえる
(この間削除)
敵は目的を隠して、或いは偽ってやっているがそんなものはとっくに見抜いている
ポンプをねじ込む理由も同じで、付き合おうものならたちまちにガスライティングの渦中に飲まれてしまうのである
先に書いたような杓子定規女はとにかく押し付けがましい性質が強い
奴等は相手のことを考えているかのように振る舞うが、実はそうではなく自分の考えに無理矢理嵌め込もうとしているのであって相手の意思など顧みないのである
よかれと思って余計なことをする徒輩は自分の主観を牽強付会に押し付けていることに他ならない
自分の思う通りに人を操ろうというような祈念はまともではない
一家にとって斯様の徒輩は失地回復を妨げる邪魔者でしかないということをはっきりとしておく必要がある
一家の運営に係るいかなる事項もその決定権は一家の実行機関にある
以下に列挙するような祈念をする徒輩は断固としてこれを排除することになる
一家の事業を取り止めさせ、または変質させる目的の祈念
一家の方針を変えさせる目的の祈念
失地回復を妨げる目的の祈念
交際統制を切り崩す目的の祈念
筆者の考えを自分の都合にいいように変質させる目的の祈念
筆者の嗜好に合わないものをねじ込むための祈念
筆者を自分に無理矢理合わさせるための祈念
筆者と雖も一個の独立した人間であり物でもなければ商品でもない
それを自分の都合のいいようにフィットさせようなどという浅ましい考え方の女は力づくでも排斥する必要があるのである
自主独立の死守とはそういうことである

※この入信は誘導によるものであり、決して筆者の本意ではない

【ご注意】
本記事は、敵宗門より脱退する以前かつ「聖域なき見直し」以前に執筆された記事です。現在最新の真実並びに見解とは異なる部分を含みますのでご注意ください。
(重篤な箇所については適宜修正しています。)

カテゴリー: 旧ポータルブログからのインポート記事, 自主独立闘争関連, 覚え書き | 口を挟む徒輩の事 はコメントを受け付けていません
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-119.html

[覚え書き] 取り組みの事

2010年、解放聖戦終結以後の取り組みを以下に列挙する
-解放聖戦終結-
地元寺院にて再入信
革命指導評議会発足
門外漢らに対する責任追及の打ち切りを決議
第3次失地回復プロジェクトを策定
自動二輪計画の復活を決定
原付車奪還
不用の高級機材を売却、キットレンズに戻す
空調導入
-2010年の大病-
心身の立て直しに努める
生活保護を受ける
-2011年-
職安に通う
-就業-
交際統制の実施
反消費主義の導入
自動二輪計画を閣議決定
携帯電話を更新
機材の再整備
-2012年-
メディアの排除粛清を開始する
-生活保護からの自立-
自動二輪計画を事業化する
自動二輪免許を取得する
ダイニングテーブルを導入する
自動二輪車が配備される
-8.30事件と電磁波犯罪による混乱-
アイドルを全面的に禁止する
刷り込まれたものの粛清を開始する
千ラシ裏女を永代追放とする(復権絶対不可の追加決議付き)
家電とストーブを更新する
-2013年-
8.30の関与者を厳正に処断する
常磐路ウェブを再度直営化する
夜更かしの排除を敢行する
交際統制を復活する
生活改善事業を開始する
-現在-
代表的なものだけでざっとこれだけあるのだ
しかも就業直前に大震災がありその後の自粛ムード(メディアが煽った)の直撃を受けて遅々として進まなかった中での立て直しだったのだ
その上援護は無く敵は多数という情勢が現在まで続く
敵は筆者所属寺院にまで新たな刺客を送り込んでいるのだ
このような情勢で交際統制をやるなというのが無理だろう
生活の再生は果たしたが未だ本来あるべき状態には程遠いのが現実である
敵がマッチポンプ手法で女をねじ込もうとしているのは明らかに失地回復潰しでありその「〇〇のため」などと宣うのを決して真に受けてはならない
組織性の有る無しは問題ではなく、革命一家の意向を無視し或いは踏みにじるような徒輩は全て邪悪な敵であり無慈悲に粛清する必要がある

【ご注意】
本記事は、敵宗門より脱退する以前かつ「聖域なき見直し」以前に執筆された記事です。現在最新の真実並びに見解とは異なる部分を含みますのでご注意ください。
(重篤な箇所については適宜修正しています。)

カテゴリー: 旧ポータルブログからのインポート記事, 自主独立闘争関連, 覚え書き | [覚え書き] 取り組みの事 はコメントを受け付けていません
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-118.html