前史時代の真実」カテゴリーアーカイブ

托卵疑惑が浮上

金城修一の元クズ親(クズ元)に托卵疑惑が浮上した。

金城修一の写真を見ている人もいるかと思うが私は全然尊父に似ていないし何一つ似たところが無いのだ。全然太らなかった尊父と違い私は太りやすい体質だし。今更確かめようがないのではあるが…
恐らくクズ元の劣性の遺伝子が私を苦しめているのは事実だろう。血液型は合っていても、どこも似たところが無いというのはさすがにおかしい。今となっては確かめようがないが、クズ元の晩年の荒れ方から言っても托卵の可能性は十分あると思う。それでも尊父は尊父だ。加害者はクズ元だから。

尊父とクズ元は島流し前に離婚しているが、恐らくクズ元の不倫が原因じゃないのかと金城は推定する。有責側に親権を持たせないようにする法整備は喫緊の課題かと思う。あんなクズいあばずれな母親だったらいないほうがいい。実際百害をばら撒いているような状態だったし。
何故托卵と思ったか?それはクズ元の聞き捨てならない発言がもとになっている。「河原で拾ってきた」と。つまるところそれが托卵を意味してんじゃねえのかと。この不幸の最大原因は敵一味宗創医連合だが、クズ元も一枚噛んでるでは済まないほど大きな元凶だったのではないか。何度でも○したい。

このクズ元、我が一家では重篤な戦争犯罪人として認識されている。何故なら一家をあの忌まわしき創価学会に引きずり込み、敵宗門・日蓮正宗への橋渡しをさせた上、本来東京で学生期を過ごさせるべきをカルトの言いなりになって絶海の孤島に島流しにして逃げられないようにしたことで非常に重く暗い影を落とし敷いては一家凋落の元凶となったからである。
このクズ元、島流し以降の晩年においては子供の都合そっちのけでテメエが心地良い刺激の中で過ごせればそれでいいというクズ丸出しの様相を呈していた。男をとっかえひっかえしては家に連れ込んでいる有様であったが、恐らくそれも敵宗門一味のお墨付きだったんだろう。
結局は敵一味手先のブルジョア家当主にこき使われた挙句42歳で頓死することになるのであるが、本来であればそこであのクズい島には別れを告げ全てを断ち切って本土に復員するべきでありそこから進路を決めるべきであった。
もっと重大なのは、このクズ元は「東大、東大」とほざくだけで明確なビジョンを見せることは無かったことにある。この、明確なビジョンを見せないようにすることこそが敵宗門一味の策略であり、そこから落として底辺に突き落とすことも最初から計画された通りだったということである。つまり、ビジョンを見せて何かを目指されること自体が敵宗門一味にとって非常に都合が悪いことだったということになる。そのために敵が持ち出したのは、ここでもやはり「実現の可能性が無いか、極めて低い夢や幻想の化城」ということになっている。それが「ロック」であり敵のねじ込んだロックグループ「A」がそのための動機付けということになっている。
結果的にAは2003年に粛清されることになっているが、その理由が「キリスト教との深い関連性」ということであり結果オーライのような形にこそなっているがそもそもキリスト教である敵宗門一味としては都合の悪いことであったはずである。それが放置されているということはA自体が既に「用済み」であったということではなかろうか。この時点で絶海の孤島によって未来が捻じ曲げられてからすでに15年以上を経過しており、既に筆者は底辺を彷徨わされていたからである。底辺を彷徨わされているような者でなければどんな巧妙なウソでたらめを以ってしてもカルト宗教に引きずり込むことは出来ない。その意味では既に敵宗門一味の思惑通りに行っていたということになり、非常に許し難い。尤も、Aについてはこれが無くてもそのキリスト教との深い関連性からいずれ粛清の対象になっていたであろうけれども。それが早い時期にできていたことは逆に結果オーライであるというものである。もし脱退以降であればAは苛烈な吊し上げの対象になっていたであろうがな。

今にして思えば私は様々な点で尊父とは大きな違いを抱えている。体型、太りやすい体質、性格…どれを取っても尊父とは大きく異なり、やはりあのクズ元の薄汚いDNAの混入がこの人生にも深い影を落としているというべきであろう。そのことからも恐らく私は托卵子なのであろう。だが、それでも尊父は尊父だ。
クズ元については実にどんなに恨んでも恨みきれず、何度でもこの世に引きずり込んで〇したい程である。あのクズ元がもし近年まで生きていたらそれはそれで恐怖の姑になっていたであろうことは間違いなく、人生の大きな足かせになっていたであろうことは間違いなく、クズ元の早世は敵の重大な(笑)ボーンヘッドだったんだろう。
私はクズ元のことを親とは思っていないので、そこだけ間違いのないように。
勝手な思い込みや都合でこれを曲解する者はそのことによる予測不可能な凄惨な結末に全面的かつ致命的な責任を一方的に負うことになるということを敵一味関係者共々一々に肝に銘じるべきであると謂っておく。

【追記】
クズ元は1988年8月に他界している。

カテゴリー: 前史時代の真実, 宗教や敵対者について | コメントする
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-242.html

二人三脚事件

4月21日に諸国漫遊サイト本館(注:現存せず)が開設以来30万アクセスを達成した訳であるが
とある島人関連の日が目前に迫る中で何としてもこれを交わすべく私も必死に取り組んだ
視聴者の方々のご協力のもと何とか21日午後に達成することができ胸をなでおろしたところである

その4月22日であるが、中学~高校時代の島流し時代を通じて同級生であり続けたとある女子生徒の日である
なお、T.Sとは別の女子生徒でありT.Sは3月5日である
どちらも撮影禁止日にはなっていないししたら大変なことになる

既に復員から25年が過ぎ、忘れ去っていることとは存ずるが筆者にとっては決して忘れることのできない事件が高校2年の時にあった
既に回顧録の当該部分の記事を書いた後であり、回顧録のほうは改めて追記という形で対応させていただくことをご容赦いただきたい
これは、通称「二人三脚事件」というものである

これは、当時の高校で何がしかの行事で二人三脚が行われたことに絡む事件である
4月22日というのは、この時二人三脚の相手方を務めた女子生徒の日である(行事のあった日ではない)
これに絡んで、ある男子生徒(偶然にも千ラシ裏と同じM.Nのイニシャル)の重大発言があったということである

その発言とは、「仕方なくやってるんだよ!誰もお前とは組みたくないんだよ!」という主旨のものであった

当時は既に敵による印象操作が定着しきってしまい、私の真実の姿などだれも分からない状態にされてしまっていたとはいえ、この発言はその後の私の人生に大きな影を落とし敵のマインドコントロールかに長年に亘り貶められてしまう重大な決定打となったものである

この重大発言と、回顧録にはすでに記してある部活脱退時の事件もあり高校時代の後半というのはとても暗い時代になってしまった訳である

シングスピールはこのM.Nを絶対に許さないということである
この男を含む元「友だち」役の男3人は既に弾道弾死刑となっておりその復活はあり得ない
なお、回顧録ブログで取り上げた問題の男はI.Hという(いずれも粛清済み)
後年の惹起者にH.Iという創価工作員があったが、偶然とはこんなにも重なるものなのか
ついでに記すと、アル爺の首魁もこの時の女子生徒も偶然同じT.Tになる

この4月22日を含む一週間は以下に掲げる通り筆者にとって重大な輩のアニバーサリーデーが続き、「魔の一週間」と言われている
特に「前三後一」と言われる当該日に何かをすることは厳しく忌まれている
4/15 K.S(アル爺)
4/16 門外漢女
4/17 T.T(アル爺首魁)
4/22 元同級生のT.T(先の相手方)
この「魔の一週間」に当たりそうなことは今月初めころの時点で解っていて何とか当該日だけは避けたかった訳で、仮にも常磐路ウェブの記念日といえる30万アクセス達成日がこれらのいずれかに当たることだけは何としても避けたかった
なお、この魔の一週間の前にも4/13という別の女子生徒の日があり、筆者としては非常に肝を冷やしていたところである

なお、この元女子生徒のT.Tとは高校を卒業したきりになっており消息のほどは解らない
特に特別の感情があったでもなく、問題の1992年の同窓会にも来ていないので
裏を返せば印象操作にヒッカカッテいないということかも知れんがね

多くの、否、ほとんどの元同級生は私のことを忘れているだろうしシングスピール会ウェブの存在すら知らないことと思う
しかし、私にとっては決して忘れることのできないのが島流しの四年半であるということになる
中には知っていても情を汲んで来ないという人もいるかも知れんが…

先日、偶然にも中学時代の同級生のツイッター垢を二つも見つけた
両者とも一緒だったのは中学だけで、高校進学以後はそれきりになっている
なお、男女各一人である

既に回顧録においてはどこの島を謂っているのか読めば誰でもわかる状態になっている訳だが
東京港から120kmほどのところにある伊豆諸島の島である
最後に島に上陸してから既に23年程が経過しており、シングスピール家の離断政策もあって島人とは疎遠になっている
しかし、島人たちの脳裏にある私の姿は敵に印象操作された姿であって真実の姿ではない
印象操作による先入観を捨てなければ私の真実の姿を理解することは到底出来ないだろう

島人の間では筆者は「アル中」(用語集参照)ということで通っていたが、あれは敵にねじ込まれていたものであって私の真実の趣向ではない
一部日誌のプロフィールページ等では明かしている(本館のプロフには無い)が、今の私の趣向を見てもらえば到底相容れないものであることは解ってもらえあると思う
なお、そのアル爺は2003年に粛清が決定し訣別しているのでもし読んでいる人がいたらそこはお間違いの無いように
T.Sは未だに私のことをアル中であるとでも思っているのだろうか

ちなみに、過去のライブラリを探してみたが4月22日に撮影された画像は無かった
しかも前後の4/21と23はあるという有様であった
意図までは特段していなかったと思うが、やはり縁が薄かったということなのか
3/5にしても2006年と2010年のみである

島人が関わっていた時代に関しては既に回顧録のほうでは終えているので今後はこちらで何かあったら記していくことになる
二人三脚事件については後日改めて回顧録に加筆させていただくこととする

【ご注意】
本記事は、敵宗門より脱退する以前かつ「聖域なき見直し」以前に執筆された記事です。現在最新の真実並びに見解とは異なる部分を含みますのでご注意ください。
(重篤な箇所については適宜修正しています。)

カテゴリー: 前史時代の真実, 旧ポータルブログからのインポート記事 | 二人三脚事件 はコメントを受け付けていません
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-163.html

不本意なるこの人生 1

私がこの人生において本来の姿であったことはただの一度もない
また、これからも本来の姿に戻ることは無いであろう
何の罪もないのに島に流され、そこで凄惨なガスライティングを受け、更には進路を捻じ曲げられてすべてを失った
復員後も焦点を狂わされ、失地回復への動きを押し止められ、失地回復が絶望的になった頃になって失地回復なる語を捩じ込まれ、更にはいくつもの錯誤を強要され、刷り込まれスリカエられたものばかりが席捲し、敵の正体を突き止めると凄惨な報復を受け二度と元に戻ることの無い体にされ未来への希望を奪われたのである
そこにあるのは捏造と錯誤と強要、そして暴力と憎悪、これがすべてである
筆者は1981年頃から凄惨なガスライティングを受けるようになった
その前から得体の知れない感覚に襲われるようになっており、また意味不明の語が頭の中を席捲していたことが判っている
これらは電磁波ガスライティングによるとしか考え得ない

意味もなく狂わされて攻撃対象にされたのは明らかで、初期のそれは明らかに島流しへの誘導とその前段階である
つまり、島流しにするための理由付けになる
実母が創価学会に入信したのは1983年頃のことになる
一家も、実父を除いて入信させられることになる
父は、カルト創価を断固として拒み続けた
今にして思えば真っ当なことである
ここでは詳細を割愛するが、筆者は虚偽交際事件に巻き込まれることとなっている
そしてこの虚偽交際が、その後長年に亘って島流し以前を美化するために利用され続けたのである
やがて、島流しの時がやってくる
実母は、依頼者である某ブルジョア一家当主に巧く取り込まれてしまっていた
1984年初秋、それは突然一家にもたらされた
筆者は反対したが、敵によって狂わされた頭では抗うことが出来ず、島流しが決定してしまう
かくして同年9月17日頃、一家はとある離島に移り住むこととなっている
この島流しには、いくつかの目的がある
・一家を離散と破滅に追い込むこと
・学歴を不当に低く抑え、それに対する動きも押し止めてしまうこと
・筆者に対する凄惨なガスライティングと人格改造を強行すること
・以って筆者のその後の人生を永遠に狂わせてしまうこと
等々細かく書けばまだ挙げられるが、大体そんなところである
この(筆者にとっては)絶海の離島でそれらを確実に実行するには、筆者が現地の環境に馴染んでは都合が悪かったのである
ここで、既に筆者をマインドコントロール下に置いていた電磁波部隊が暗躍し、思考と行動を改竄して攻撃の標的となるように仕向けてしまった―
そして周囲の者をも操作してこぞって筆者を攻撃するように仕向けた訳である
これが真相である
そして四年半もの間、筆者は不本意な環境下で過ごさせられることとなったのである
そして、筆者に好意を持ちあるいは近づこうとする者に対しては時に人為的に、時に電磁波による操作でこれらを遠ざけ、筆者に孤立を強要してきたのである
そのために敵は筆者本来の思考とは違うものを捩じ込んできた、それが某AでありY.MでありR.Hであるという訳である
そして、筆者が進学できないように、勉強しようとする動きはマインドコントロールによって押し止められ、徒に現を抜かすことを強要したのである
つまり、これはリベンジができないようにその機会を奪ってしまい後戻りできなくしてしまうというまさしく悪魔の所業である
悪魔に魂を売り渡した実母は1988年の夏に42歳という若さでこの世を去る
これは厳然たる謗法の報いであるとも云えるが、これにはもう一つの狙いがある
それは、卒業を目前にしてその命を奪い、孤児同然の状態にすることで恩の押し売りをしてその奸計を隠蔽してしまうというものであった
都内の高校に転籍という選択肢もあったはずであるが、それでは隠蔽ができなくなるので選択肢から消し去ってしまったのである
それは他のきょうだいにしても同じで、況して下は義務教育中でもあったことを考えれば直ちに島を離れて復員するべきであったと云える
たかが7か月であっても、そこには雲泥の差が存じた訳である
少なくとも、その時点で島に留まるべきではなかった
つまり、件のブルジョア一家当主は最初からそういうつもりで実母を酷使し続けたという訳である
そして計算通りに実母は頓死した―
そして最後の7か月間は件のブルジョア一家の離れに強制的に住まわされることとなっている
そして進路は捻じ曲げられ、進学への動きは封じられた
そして翌年3月12日、一家は島を離れ復員している

進学への動きを封じられたことについて

云うまでもなく、斯様な状況下であっても手を尽くせば進学する望みはあったはずである
奨学金の制度もあったし、働きながら進学を目指すという方法論もあった
しかし、そのためになるような情報は封じられ、進学できなくて当たり前だということにされてしまったのである
そして、そのために敵は運送会社に筆者を誘導して考える暇を与えないようにしたのである
復員後も、敵の手によってそのような情報に接することがないように細心のコントロールで筆者を貶めてきたのである
そして、徒に目の前のことに現を抜かすことを強要し、目先のカネだけを追わせた―
また、敵は筆者が蓄えを持つことの無いように不当に生活を監視し、蓄えようという姿勢を見せるや否やかの「ラ・チーカ事件」を惹き起こし、カネを不当に簒奪しそして風俗地獄へと誘導していったのである
これによって失地回復の望みは事実上絶たれていたと云える
これらの監視と誘導は、電磁波部隊の手によって行われてきたものである

アイドルとロックについて

島流し末期の1988年7月、目黒でアイドル歌手Y.Mのファンが家族3人を惨殺する事件が惹起している
参考:目黒・中2少年の家族3人殺害事件
これを契機に筆者はそれまでの反省からアイドルからの脱却を図り、アイドルでないポップス音楽の導入に踏み切っている
これが敵にとっては殊の外面白くなかったようである
当時敵の奸計は未発覚で、筆者としてもそういうつもりでやった訳ではなかったが、このため後に切り崩し工作の対象となり、くだらない理由で以って引き離しにかかり、別の複数のアイドルグループに誘導して元の木阿弥にしてしまったのである
昨年になってその切り崩し工作が発覚し、当該アーティストの名誉回復が行われている
なお、敵によって誘導されたアイドルグループはその後の衰退もあって排除されることとなり、CDの残っていたアーティストから順に旧に復している
その中には目黒の事件の反省から初めて筆者の意志で導入した第一号アーティストも含まれている
何よりも筆者が自分の意志で導入したことが気に食わなかったようである
なお、敵の誘導した最大のトリックでもあるロックグループ「A」は、2003年の日蓮正宗入信に先立ってその謗法の実態が問題となり、入信に先立つ同年8月末を以って粛清することとなっている
現在革命一家ではアイドルとロックはご法度となっており、再三禁止の徹底が行われている

【ご注意】
本記事は、敵宗門より脱退する以前かつ「聖域なき見直し」以前に執筆された記事です。現在最新の真実並びに見解とは異なる部分を含みますのでご注意ください。
(重篤な箇所については適宜修正しています。)

カテゴリー: 前史時代の真実, 旧ポータルブログからのインポート記事, 自主独立闘争関連 | 不本意なるこの人生 1 はコメントを受け付けていません
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-153.html