月別アーカイブ: 2021年2月

敵宗門脱退から6周年を達成

我が一家は去る本年1月10日にあの忌まわしい敵宗門を脱退してから満6周年を達成した。大きな節目は既に過ぎているとはいえ周年に意義のある記念日であることに変わりはない。

昨年一年を掛けて取り組み、敵宗門による戦災や背負わされた重石、そしていかなる敵宗門残滓をも除却するために行われた戦後処理事業はその全ての目標目的を達成し成功裡に終わった。それに加え長らく構想されながら敵宗門の妨害で遅れに遅れていた私有交通の復活をも達成し、一家史上初めて年間目標がまともに達成されたのである。

「再出発の年」の成功を受けて定められた今年の年間テーマは「蓄積の年」である。云うまでもなく蓄積するべきは人生を変え失地回復を達成する為の力、スキルアップである。必ずや本年に定められた課題を達成し失地回復に弾みをつける。これが一家の必修命題であり、余事や儚い夢などに躓かされるようなことは間違っても惹起してはならない。従って本年も前年に増して厳格な交際統制を行い失地回復の妨げになるような悪縁を寄せ付けない。

ご存知の通り、一家の失地回復は脱退を基準にすれば5年遅れであり、ある忌まわしき事件を基準にすれば25年遅れということになる。この二つに共通するのは、「さあこれからだ」というタイミングで出鼻を挫く為に大きな事件が惹起して時間と金員が徒に失われていることである。そこにあるのは、敵宗門一味の「するべきことを絶対にさせない、寄せ付けない」という強固で邪悪な意志なのである。それだけでなく、インターネット参戦を知るやどうでもよくなっていた悪しき趣味ごとを焚き付けて真実追究と失地回復からスピンするという残忍で邪悪な策動をも惹起させているのである。これらについてはまた別に記事を起こして検証する必要がある。

敵宗門一味によって人生の多くの時間が徒に失われた現在、失地回復は最早待ったなしであり時間と金員の無駄は少しも許されない。時間と金員を浪費させようとする勢力はその所属の如何を問わず我が一家の敵と見做され一の例外もなく粛清されるということ、かかる重要命題に敵対して身勝手な妬みや未練或いは自己の都合による勝手な行動を行う者は予測不可能な凄惨な結末に全面的かつ致命的な責任を一方的に負うことに必ずなるということを招かれざる客員どもは肝に銘じて立ち去るべきことを警告しておく。
我が一家は失地回復の必修命題に向かってただ一つの輝ける道を直進してゆくことをここに宣言するものである。


photo:昨年12月に導入した自動二輪車(導入当時の姿、グループサイトより自己転用)

カテゴリー: 宗教や敵対者について | コメントする
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-246.html