令和新編 シングスピールの回顧録 » 女尊男卑のヘルジャパン »

救いようがない

救いようがない、とは誰のことか?
このブログの読者だったらまず第一に敵宗門と答えるだろうか、しかし敵宗門やその傘下のカルト集団よりもはるかに多くてその悪質さに手を焼く存在がある。それは何か?戦後の日本女である

戦後、あの憎きGHQマッカーサーが夫唱婦随、夫婦和合を燃やしてフェミを放ってから70余年
今ヘルジャパンでは大きな曲がり角に来ている
男ばかりが罪を背負わされる不同意性交罪に続き、日本人を結婚させないための男性差別法案が次々と湧いて出ている
更に世間ではあらゆる場面で女尊男卑が罷り通り、至る所で日本女は醜態を曝している有様だ
更には司法まで腐り切っており、ほぼ一方的に女割司法を強行している有様だ
そしてカスメディアは。一方的に女尊男卑のコンテンツばかり垂れ流し、中でもカス女性誌はあり得ないような内容を「普通」と洗脳して行き遅れを激増させた最大級戦犯であるといっても過言ではあるまい
勿論始まりは鬼畜GHQマッカーサーなのであるがな

先にも書いたように今から70余年前、鬼畜マッカーサーは夫唱婦随、夫婦和合を燃やしてフェミを放った、云うまでもなく将来的に日本を滅亡させるためにだ
これにより千年以上保たれてきた男尊女卑が崩れ、フェミカスとバカマッチョが物凄く蔓延したその結果、女尊男卑のヘルミサンドリストが世に蔓延る結果に。カスメディアなどは更にそれを加速させようとしている始末だ、日本の敵としか言いようがない

吾輩があくまで私有交通に拘る理由の一つが女尊男卑の一つである女専用車である
薄汚い辺境の地では快速・中電にこそないが朝・夕のみ延長運転で来る緩行線が女専用車を実施してやがる(平日のみ、土休日は辺境の地まで来ない)、短区間では影響皆無ではあるが、通勤者にとっては堪え難い苦痛以外の何物でも無いだろう
この女専用車、主要な都市の鉄道路線に実施されていて最早鉄道事業者も敵でしかない状況である、不買で潰れる寸前に持っていくしかないだろう、何なら潰すことさえ躊躇ってはいけない
吾輩は既に某ヲタ趣味など完全破却に処しており潰れたとしても最早なんとも思わない、代替交通手段など数多存在するからだ
※某ヲタ趣味の信者はブロックします

吾輩は去る2022年3月、MGTOW宣言を行いそれまでの政策を変更し女どもに寄った政策はこれを破棄した
それ以来、日一日毎に日本女の悪辣な様、そして人間として終わってる様が次々と暴かれた
女どもはカスメディア、カス女性誌の垂れ流す女尊男卑の数々、高望みさせる洗脳の数々を鵜呑みにし男のことなどカネとしか思わないようになった
その結果、その相当に上げ底された基準(笑)を満たさない者を「チー牛」などと蔑むようになりマジで何様だと思わせるような高飛車な態度に終始するようになった
云うまでもなく、斯様のヘルミサンドリストなど救うには値しないし寧ろ滅ぼすしか方途がない

とあるところでは、売れ残り女の特徴として以下のようなものが挙げられていた

コンプレックスの塊で卑屈
プライドだけは人一倍高い
仕事ができない、何もいいところがない(その癖に悪態が目立つ)
自分のことばかりで人のことなど微塵も顧みない
体にコンプレックス
ジャニヲタで、一般男性を見下す
「美人なのに」結婚できないと思い上がっている女(これが大して美人でもなく、むしろ〇スだったり年齢以上に老けていたりする)
悪態をつくことが日課、ツイフェミのような性根
表情が乏しい、目つきがチンピラのように怖い、色気がない
30過ぎてもぶりっこで自分を女の子だと思い上がっている
男に相手にされないくせに結婚に興味ないようなポーズ
大したことが無い、年収もキャリアもないのに妥協できない
理想や幻想と現実との区別がつかない
自分はよくて他人はダメという他責思考
男は女に尽くして当たり前だと思っている
※一部編集しています

これこそヘルジャパンに蔓延るツイフェミ根性銭ゲバプリンクズ女そのものではないか
奴等は、男をカネとしか見ておらず都合のいいATM程度に扱うのを当たり前だと思っている
本当に、救いようがなくそのまま一人で身罷って貰いたい

海外では日本女は終わってるとされ、外国人男性の間では「日本女と結婚しては決してならない」とまでフォーラムで議論されている有様だ、日本女は最早世界でも最底辺、最the低とまで謂われているのだ

吾輩にあっても、2022年のMGTOW宣言の際に交際問題に関する条項は切り捨て、楽になる選択をしている
敵宗門一味の凄まじい煽りを遮断するにはこれしかなかった
その敵宗門はまさしく時代遅れのヘルミサンドリズム丸出しな女尊男卑の横行する視野狭窄杓子定規な連中であり、完全なカルト宗教だ
しかし、新失地回復プロジェクト単一5か年計画になくとも交際問題を含めた完全な解決がなければヲタ趣味の再認可は絶対にしないし応じない

以下に、某氏が遺していったミームをいくつか置いておく

これらミームが示すように、如何にアホン国が女尊男卑のヘルミサンドリスト国であるか。
日本男性はこれらに対して立ち上がらねばならないところまで来ているのだ

最後に、吾輩が制作したヘルミサンドリスト判定基準の最新版を貼っておく

大多数の日本女は敵対者であり粛清対象に他ならないのである

カテゴリー:女尊男卑のヘルジャパン, 敵対者批判, 銭ゲバプリンクズ女・ツイフェミ, 雑感
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-282.html

救いようがない への1件のコメント

  1. ピンバック: Still among Enemies ~ジャーヒリーヤから今に至るまで – シングスピールの砦 Games & Gadgets

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です