月別アーカイブ: 2016年11月

雑感 2016.11.23

ここ数年ほど、敵一味によってグルグル思考にさせられた影響で正常な判断が出来なかったことが多く、そんな中で解放聖戦を戦わねばならない状況が続いていた。
これまた敵一味によって偽陰謀論なんぞというものに誘導されていた影響による思考停止もある。
真実の追究においては偽陰謀論を偽物と見抜くことから始まっているという側面があり、偽陰謀論からの脱却は一つの重要課題だったのである。

真実の追究が進んだことにより、ここにきて漸くグルグル思考から抜け出す事となり、過去の闘争に対する正当な評価が出来るようになってきた。
過去の闘争においては敵一味によって真実の追及からスピンされていた影響や姑息なスリカエの影響もあり、かなり遠回りさせられていた節も多分にある。
しかし、そんな最中でも過去の闘争があったからこそ現在の体制があるのであって、まるっきり無駄なわけではない。
何年も不変のものなどそうそうある訳は無く、時流によって考え方も思想も変化してゆくべきものなのである。
従って過去の闘争を評価する際には当時の時代背景を正しく認識してその上で評価するべきものであり、その上で正しかったものは評価し過ちは消去するということが必要である。
従ってそもそもバイクというものが闘争の具になること自体がおかしいのであるが、それは敵一味による姑息なスリカエに起因するものであってバイク自体が悪いということではなく、従ってバイクについては名誉回復が行われたものである。

そもそも闘争が始まった原因は敵一味のほうにのみ一方的にあるのであって、奴らが絡んでこなければ必要の無かったものである。
あの忌まわしき宗教に引きずり込まれて以来、搾取と軋轢にまみれた日々が十年余りに亘って続いてきた。
それはいわれの無い迫害であり、敵はその真の画策者を隠蔽するために闘争の焦点をずらしスリカエてきたのであった。その結果、闘争の真の目的であるべき支配者からの解放つまり宗門からの脱退は長年に亘って遠ざけられてきた。
今日でも形の上では切り離しているものの敵一味は有形無形の策謀を以って不当に粘着を続けており、復興の大きな妨げとなっている。

そもそもグルグル思考を持ち込んできたのも敵一味であり、それは私が再び力を付けないようにという奸計によって、悪辣な思考誘導を繰り返しその度に違う方向に誘導することで無意味に売り買いを繰り返させて殊更にハタカセていたのがその正体であった。
ハタカセるだけでなく、生活の安定をさせないという側面もこの奸計にはあった。
生活が安定することは、敵宗門の存在が不要になることをそのまま意味していたからである。故に、敵一味は私の生活が安定することを殊更に嫌っていたのである。
実際、今月奪還したばかりのレンズに対しても敵はあらぬ吹聴を仕掛け揺さぶりをかけてくる始末である。しかし、そのやり口がいつまでも通用すると思ったら大間違いである。
成り行きはともかく、一度買ったものは基本的にはそのまま使い続けるべきという考え方が一家には既に定着しているので無駄である。

グルグル思考によって失わされた物の中には、持っていればそれなりに役に立っていた物が多く、後に買い直させられる羽目になった物もある。
そのまま取り返すのが適当でない物や不要な物もあるが、基本的には復興の進展に従って取り返すべきものが多い。
時代や情勢の変化によってそのまま取り返すのが適当でないものは形を変えて奪還することになるのは云うまでもない。
今後は復興の進展に従って時流に合った形で奪還を行うことになろう。

----

皮肉にも、東日本大震災はその真実追究への扉を開くこととなり、そこから今日に至る、真の闘争の歴史が始まっている。
初期の追究の中で私は、企業社会主義による民衆支配を見抜くに至っていた。
しかし、偽陰謀論に誘導されたことによって思考は停止させられ、真の目的は妨げられることとなった。
敵一味にとっては、企業社会主義を見抜いたことが殊更都合が悪かったようである。
元から民主主義などというものはこの国には無かったということであり、民主主義の偽装によって支配者がその正体を隠していたということを私は見抜いている。
敵宗門も支配勢力の一員であり、そのことを暴かれるのは勿論それを広められてしまうことが殊更に都合が悪いようである。
ただでさえ敵宗門は布教が行き詰ってその打開に躍起になって坊主の締め付けなんぞに走ってるようだからな。

しかし、敵宗門にとってもっと都合が悪かったのはその宗門こそが私にとって不倶戴天の敵であることを見抜かれたことではなかっただろうか。
そのためか、私が宗門に対して真実を追及する姿勢を見せると掌を返したように不誠実な対応をするようになり、昨年6月には寺院をまたいだ工作員集団が数名で押し掛ける脅迫事件まで惹起している。
敵宗門にとってはネットやブログというものが殊更に都合が悪いようである。
そのため、当該工作員から「ネット辞めろ」「ツイッター辞めろ」などと脅された挙句「精神科行け」などと暴言を吐かれたという事実がある。
このまま抜けられては人物破壊工作の事実を広められて布教がままならなくなるので何とかバレる前に引き戻し、皆で言いくるめて精神科に誘導し抹殺してしまおうというのが敵・宗門の悪逆な企みだったのである。
しかし、その企みは真実追究の機運の前に潰えた。
悪評も何も、そもそも宗門内で私はれっきとした敵扱いだったのである。
だから、「本人に言ってはならない」という手口がまかり通ってしまうのだ。
逆説的に云えば、全ての宗門人は私にとっては不倶戴天の敵ということになる。
敵は、やたら「創価」を強調して真の画策者が宗門であることを隠蔽しようとしていたが、盗人猛々しいとも云われるようにやたら創価を持ち出すというのはやはり怪しかったのである。

まとめると以下のようになる。
・敵宗門が私を引きずり込んだのは、紛れもなく人物破壊工作のためである。従って、人を幸せに導こうなどという考えは微塵も持ち合わせていなかった。
・敵宗門は、宗門に引きずり込むために悪逆な環境整備や誘導などを行っていた。これについては既に別ブログで詳しく触れている。
・宗門隷属時における全ての事件&不祥事は全て寺ぐるみ、講ぐるみで仕組まれた悪逆な罠であって、講員個人で惹き起こされた事件は皆無である。
・宗門は、傘下団体などとも連携しながら私に対する人物破壊工作を行っていたものであり、汚い手口で私の行動を改変していたのもこの一味であった。
・宗門がやたら創価を持ち出し強調して創価のせいにしようとしていたが、仮に創価が関わっていたとしてもそれは宗門の手下としてであり、創価を強調する理由にはならない。
・その宗門は、すべてがウソでたらめで塗り固められたインチキ宗教そのものであり、伝統宗教の仮面を被った悪逆なカルト集団に他ならない。従って、日蓮教団の中でも超の付く異端でしかなく、間違っても「正しい」宗教などではない。

宗門が人物破壊工作をしていたということははっきりと伝えていかねばならないと思っている。

当家では、不倶戴天の敵である宗門とその手先によって破壊された生活を立て直し復興していく新たな戦いに入っている。
薄汚い辺境の地にいては復興も解放も無い。
そのため、移住によって復興を図るのが新しい新天地計画である。
事後処理を行って以降の環境整備によって見た目は荒廃から立ち直ったように見えるが、実際にはまだ敵一味による策謀の影響により大魚を逃す事態があったり、復興事業において結構な無駄が出ていたりする。
そこまでしても、私が再び力をつける事態を敵は恐れているということなのか。

未だ安定に至っていないので詳しくは書けないが、ついに敵一味による誘導先の一から脱出を図ることができた。
しかし、これに対しても余程都合が悪かったのか敵一味は汚い手口で破壊を謀ったのである。
しかもその影響で大魚を逃す事態にまで発展したが、すべては敵一味のせいによって「のみ」起きているということはわかっているぞ。

勿論、そういう態度を続けるのであれば私にも覚悟がある。
私にとっては宗門も信者もただの厄介な邪魔者に過ぎないからである。
私には、何があっても宗門にも宗教にも絶対に戻らないという確固たる意志を持っており、最早引き戻すことも戻るように誘導することも不可能であるから宗門人どもはよく肝に銘じておけ。
なお、突撃してきた宗門人は一の例外もなく永代追放であり名誉回復は不可能、子孫代々に亘って汚名を受け続けることになるからな。
更に、しつこく居座るなどして退去しない者は不退去罪で検挙させるのでそのつもりで。

立て直しと復興は一家にとって最重要課題であり、失敗は許されない。
従って、そのためなら私は手段を選ばない。
脅しではなく本当に選ばないので、そのつもりで。
邪魔したら最後、消されるだけ。

カテゴリー: 「シングスピールの砦」からの移管記事, 宗教や敵対者について, 日々の雑感 | 雑感 2016.11.23 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-204.html

雑感 2016.11.14

2015年1月10日に私は長年隷属させられていたカルト宗教から脱退した。
しかし、これに対して敵一味は常人では考え難いほど執着してきた。
その後事後処理の実施によって形の上では切り離しているが、今なお敵一味はあの手この手で行く手を遮り、復興を妨害しているのが現状である。

先日私は以下のツイートを投げた。


敵一味はツイートを見ているはずであるが、これに対して敵一味は何ら誠意を見せないどころかますます妨害の限りを尽くす有様であり、償いをする気など微塵も無いことがはっきりしてきた。

敵を変えることは不可能であり、であればこちらが対応を変えるしかないということである。

宗教に囚われていた11年間は、荒廃してゆく一方であり、歴史には残してはいけない11年間だった。
これも全ては真実の追究からスピンした敵一味の謀略によってこのような状況になっているのであって、そこには最早情状酌量の余地など些かも無い。

しかも敵一味が絡んできたのは向こうの身勝手な都合だけであってこちらには絡まれるような覚えも筋合いも無いのだ。
真実の追究からスピンした挙句に引きずり込むようなことを向こうがしなければ、それ以上のことは起きないからである。
たかが勧誘を断られた程度のことで敵認定するというのはあまりに視野狭窄、杓子定規な考えである。
かつて門外漢女のことを視野狭窄、杓子定規と書いたが、こいつだけではなく宗団全体が視野狭窄であり杓子定規なのである。
勿論、傘下団体や下部組織も全て同じである。

よって、今後宗教関係の者の復権はまずあり得ないということである。
これを実体化するべく、全僧俗を対象とした排除命令を発布し、従わない者は即永代追放とすることとしたのである。

以前書いたように荒廃からは立ち直りつつあるが、経済的な復興が未だ成し遂げられておらず、新天地への移住も未だ実現していない。
これまで大目に見てきた事柄も、今後は厳しくしていかないといけないということであり、それは不要不急の物品には一切カネは出せないということを意味する。

経済的な復興と新天地への移住は何としても実現しなければならない、一家の至上命題である。
これを妨害する者は理由の如何、故意性の有無に関係なく一律に敵と見做さなければならない。
したがって処断においては故意性の有無、悪質性の有無、組織性等は一切考慮しない。
結果として一家の事業を妨害すれば直ちに敵性の者と見做すのが当家のやり方だということである。
このことをはっきりと行動として示さなければならない時が来たということである。

今後は一定の成果を残すまでは不要不急のあらゆる物品は一切購入できない事となり、カメラレンズも例外ではない。
全ては稼いできてから、というのが当家固定の方針だということである。
生活上必要な設備・物品は一通り揃っており、特に外出せずとも過ごせるようにそっち方面を充実させてきたのであるからそこは厳しくやる。
したがって、今後しばらく趣味ごとにカネは出せないということであり、各種の導入は滞ることとなるのでそこは承知いただく。

カテゴリー: 「シングスピールの砦」からの移管記事, 宗教や敵対者について, 日々の雑感 | 雑感 2016.11.14 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-203.html

敵の正体?

回顧録ブログの初版に当たる初代「シングスピールの回顧録」を始めた時にはまだ真の敵の正体が見えていなかった。
そのため、敵一味が流した虚偽の見解がまかり通り回顧録を覆い尽くしていたのであるが、その虚偽情報は敵一味が行為者の正体を隠し、その主体である宗門の信仰につなぎ止めておくために汚い手段で流して洗脳したものだった。
それは二代同名ブログのときにも同じであり、そのことを考えると敵一味が自ら流した虚偽情報であると知りながら書かせていたものであると云えるものであり、行為者の正体をスリカエて宗門(特に宗務院や末寺)に矛先を向けさせないようにするとともにスリカエたターゲットを叩かせることでガス抜きを行い脱退を防ぐように敵一味はしていたのである。
そしてそれに反して筆者が宗門からの脱退に踏み切ると、これをネタに大人数で押し掛けてきて脅迫を行いブログの閉鎖をさせるという暴挙に及んだのであった。

当時の目下の敵は門外漢女であったが、確かにこの門外漢女がなしてきたこと自体は十分に悪魔の所業であると云えるものである。
現在ではこの門外漢女は敵宗門のエージェントであると見切っているが、そう認定するに十分な悪業の数々ではある。
例えば根掘り葉掘りの件、誤魔化してまでしゃべらせようとする手口は同じく創価側のエージェントである千ラシ裏女にも共通するものである。
しかし、それだけのことが起きるには相当の謀略が無ければ成り立たない。

この犯罪は当初、創価学会広宣部によると見られていたが、実はそうではなかった。
創価学会広宣部は存在するが、そもそもこの組織は顕正会対策として組織されたものであり、顕正会と何の関係も無い私には当てはまらない可能性が高く、テクノロジー犯罪や嫌がらせ犯罪の部署は別に存在していると見られる。そもそも一連の犯罪を主導していたのはどうも創価学会ではないように見える。
そもそも創価学会自体が日蓮正宗の傘下団体であり、別働部隊であること・主体性を持たないことを考えると主導していたのは敵宗門ではないかという見解にたどり着いている。
仮に創価学会がこの犯罪に関与していたとしたところで主体性が無いのだから親玉である敵宗門の主導であると考えるのが現在では自然であるといえる。
創価学会広宣部の存在が、矛先を向けさせるために、そして犯罪主体をスリカエて宗門の悪事を隠蔽するために利用されているものであるといえる。
今でも創価広宣部が電磁波犯罪の主体であるかのような喧伝をしてあたかも宗門は関与していないかのような主張をしているサイトがあるが、そのようなサイトは間違いなくヒモ付きであり、宗門側の工作員であるといわねばならない。
現にヒモ付き陰謀論者の中には敵宗門の主張を鵜呑みにして「日蓮正宗こそ最高最勝の宗教だから迫害を受ける」などとのたまっている輩がいるが、カルトを持ち上げる辺り典型的なヒモ付き・偽陰謀論者であると言わねばなるまい。

なお、この犯罪は実地でのモラルハラスメントや離間工作とテクノロジー犯罪(通称汚い手段)による洗脳操作を組み合わせて行われた一大組織犯罪であることがわかっている。

30余年に亘るマインドコントロールから脱するのはさすがに容易ではなく、敵はその発覚に対して大掛かりなマインドコントロール事犯の報復を以ってこれに応えたのである
何の理由もなくターゲットにされ、いわれなき攻撃を受け、物心が付くか付かないかの頃からマインドコントロールを施され、そして今日に至るまで印象操作によって貶められてきたのである。
島流し時代もそれ以前も、周囲が見ていたのは元来の姿ではない、印象操作によって貶められた姿に過ぎないのである。
その意味において、私の真実の姿、元来の姿を見た者は誰もいないと云える。
殆どの者は、敵によって印象操作された姿、つまり存在しない幻影を見ているに過ぎないのだ。

門外漢や千ラシ裏女の件も含め、すべては敵一味である宗創医連合軍の所業である。
その総仕上げとも云えるのが、2013年の賠償金簒奪事件+行き倒れ策動の複合体であると云える。
この時は大いなる巻き返しのチャンスであるといえたが、敵はそれを「バイク」によってすべてスリカエてあらゆる好機を押し止め、しかも行き倒れ策動に引き込んで二度と戻ることのできない境涯に貶めたのである。
この時出来たはずのもの、解放聖戦による負債の圧縮も機材の拡充もそして行けたはずの遠征までもすべて押し止め、カネはすべてバイクによってはたかされたのであった。
解放聖戦による負債の圧縮も機材の拡充もそして叶ったはずの移住も、すべては敵によって押し止められたのだ!
無論、これらの物事が筆者の頭の中に無かった訳ではない。
しかしながら、敵は極めて強力なマインドコントロールによってすべてを「バイク」にすり替え、それらをすべて押し流してしまったのである。
これらの物事は、すべて敵にとっては都合が悪いものであったが故に押し止める対象となり、それぞれに尤もらしい理由を付けさせて納得させるなどという許されざる手口に出たのである。
公明党バイク議連なるものがあることに鑑みても、やはり「バイク」が敵一味・宗創医連合軍の都合に沿った刷り込みであったことが明らかである。
敵は、それらが判ってしまうことを恐れていたが故に、契約を成立させることを殊の外急いだのである。
成立した後であれば、それが判ってしまっても後の祭り、ザマーミロ!ということなのだ。
人には非ざる悪辣さ、まさしく悪魔の所業に他ならない。

では、あのときにするべきだったことを列記する。
・解放聖戦の負債を圧縮すること
・早く会社を辞めること
・早く関東外に移住すること
しかし、バイクを買わせるだけでは、これらを「すべて」押し止めることは困難であったはずである。
そこで、敵は行き倒れ策動を含む複合的なマインドコントロールを組み合わせて、これらを押し止めたのだ。
そして、その上で計画を汚い手段で書き換え、以って身の丈に合わない車種を選ばせるように仕向けて、そして「走らせる」ことだけに関心を向けさせたのであった。何もバイクを買ったからといって無理に走りに行く必要までは無く、それをさせたのは後述のすぐに売らせて必要も無いクルマに乗り換えさせるための布石であったのである。
この策動は、後に医師の交替のタイミングとセットで仕組まれ、意図的にフェードアウトさせるように仕向けていたことがわかっている。
この策略は、後に(敵側で)予定していた人工透析転落の際に腎臓を悪くするクスリの存在に気付かせず、フェードアウトが無ければ助かったかもしれない的なスリカエをして自らの悪業を隠蔽するためのものだったのである。
フェードアウトもしていないのに急に腎臓が悪くなった、となっては医者の側が疑われてしまいそこからボロが出て陰謀の全容が暴かれる(敵にとっての)危険性があったからである。
つまり、腎臓を悪くするための薬を処方していたことがわかってしまい、なお且つ急激な悪化が前もって判明すればそれに合わせて先の見通しを組まれてしまうからである。それでは予定していた交際類似事犯絡みの策動が実行できない。つまりバイクに乗ったままでは策動のレールに乗せられない。だから心理操作を行ったのだ。

その後、バイクを処分してはたかされた金員の一部、約42万円が還ってきたのであったが、金員の余裕がよほど気に入らないためか敵宗門は交際類似事犯を惹起させ、これをネタに殊更にはたかされ、入院の際にはほとんど余裕は残っていない有様だったのだ。
ところが、この一件は殊更にハタカセて無一文にするための悪辣な誘導だったことが判明している。
つまり、端緒となった酷い疲れは腎臓の悪化によるものであり体力が落ちたためのものではなかった。つまり、仮に人工透析になったとしてもバイクに乗り続けることには支障が無かったことになる。このことは後に体力をだいぶ戻すことが出来ていることで証明されている。
ところが、そこを敵は巧妙にスリカエて腎臓の悪化にはあくまで気付かせないようにしていたのである。気付かれてはその後に予定していた策動が全て水の泡になってしまうからだ。
それほどまでに金員の余裕がマインドコントロールにとっては大変に都合が悪いということなのだ。
金員に余裕があればマインドコントロールの影響はそこまで受けずに冷静な判断ができるということなのだ。
また、バイク売却の頃に金銭的な行き詰まりがあったのであるが、それも敵の操作によるくだらない無駄使いが原因であり、どうにか乗り越えようとすれば乗り越えられる程度のものであったが、これまた敵の心理操作によって楽な方向へ楽な方向へと流されたことが大きな不祥事の原因であったのである。
これらのことを考えると如何なる経緯があったとしても一度買ったバイクには乗れる限り乗り続けるべきであったのであり、そこで売ってしまったのは大きな間違いであったということになる。
この過ちが無ければ少なくとも15年春までは乗り続けることが出来た計算になるのである。
なお、現在でも金員にそれほどの余裕がある訳ではないが、生活の改善などによってイニシャルコストの圧縮に成功しており、生活を立て直すための各種整備も終了しているので今後は金員に余裕を持って運営することが十分に可能となっている。

かくして人工透析転落前夜の頃、寺ぐるみの交際類似事犯が惹き起こされた。
その日、私は自分のカネで寺まで来ており、勿論自力で帰るつもりでいた。
しかし、当時の班長だった男は断る私を無理に引き止めて、その女が待つ班長の車に引きずり込んだのであった。
その後お会式が終わるとこの女は疎遠になり、後に班長の男にこの件を追及すると的を得ない誤魔化しに終始し話にならなかった。
この交際類似事犯は明らかに上からの指示によって惹き起こされたものであり、無惨な現実に目を向けさせないで無駄な希望を持たせてこれをネタに煽って振り回した挙句に言い訳にならない詭弁で誤魔化し、すべてを被害者である私のほうにスリカエて惹起者を擁護したものである。惹起者を擁護したことこそが、この事件、及び門外漢女の事件が寺ぐるみ、宗門ぐるみで惹き起こされたものである証左だ。

人工透析に陥った後も講員どもは宗門側の言いつけである「本人に知らせてはいけない」を忠実に守りつつ、安心できるウソで私を騙し続け引止めを謀ったが、あまりにも無惨な現実に私が気付いたことでそれは崩壊したのである。かくして2014年8月を最後にこのカルト寺院への参詣を停止し、宗教問題まで含めた「聖域無き見直し」が始まったのである。
4ヶ月あまりにも及ぶ見直しの結果、鉄道趣味を破却して宗門からの脱退を果たすこととなり、敵一味による引き止めの企みは無惨にも崩壊したのである。

敵は今なお引き戻し策動や印象操作などの嫌がらせや仕向け行為に余念がないようである。
しかし、それによって主権回復を押し止めることは決して許されない!
俺は敵一味宗創医連合軍を、エージェントや見下した連中どもを絶対に許さない!

なお、現在一家ではバイクについては全くの禁止ではなく、身の丈(経済状況)に合ったものであって乗ること及び維持することが可能であれば実用品として用いていいとしている。
鉄道趣味については限定認可とし、敵の誘導による対象については引き続き全面的に差し止めとしている。

【ご注意】
この記事は、2014年2月3日に書かれた原記事を元に現在までに判明している事実関係等を反映して再筆させていただきました。

カテゴリー: 宗教や敵対者について, 敵対者批判 | 敵の正体? はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-202.html

雑感 2016.11.7

長期欠品中であった望遠レンズの整備は卸したての未使用品の出物が手に入るという最高の形で完結し、ミラーレス一眼システムの整備が未だ超広角を残しているとはいえ一通りのものは揃いシステムとしては一応の完成を見た。
これによって、カルト宗門からの脱退に伴う事後処理が終わってからというものの各方面で続けられてきた生活環境整備事業が一通り終わり、生活環境システムとしても一応の完成を見て、未だ細かいところを残してはいるが大局的には足場がほぼ固まったといえる状態まで持ってくることが出来た。

これら一連の事業は、カルト宗教による長年の悪影響と解放聖戦の過程でこうむった戦禍による荒廃からの戦災復旧事業そのものであった。
当家を取巻く不幸な境涯とこれらの荒廃のすべては、100%敵一味の陰謀に起因しているものであり、奴らが存在しなければ、否百歩譲って奴等が突っかかってきさえしなければ100%無かったことなのである。
したがって、書かれたくなかったらまず償いをして誠意を見せるのが筋なのであるが、それを故意に怠って脅しとこじ付けでどうにか繕おうとしている馬鹿者がまさにカルト宗門をはじめとする敵一味なのである。

一家は未だ解放聖戦のさなかにある。
形の上では追放としている敵一味だが、未だ引き戻しを諦め切れていないことが姑息な根回しや事業妨害などに現れており、今なお、これらとの対峙が続く情勢にある。
奴らはいまだに従前のやり方が通用するという重大な勘違いをしている状況であるが、最早これまでのやり方が全く通用していないことがわからないのであろうか。
或いは信心馬鹿だから何でも信心でゴリ押しすれば適うとでも思っているのか?
だとすれば、それはカルトの信者操縦法にまんまと嵌められているということであり、カルトの操り人形でしかない=人非人であるということに一般の視点で見ればなるのだが。

カルトの幹部は皆狂った思想に毒されており、そんな輩に相談などしたが最後、都合のいい御託を並べて「信心が足りない」などと言い放って門前払いにするに決まっているのだ。
だから、交際類似事犯に対して追及をしても言い訳にもならない御託を並べて被害を蒙った側の「信心が足りない」ということにして惹起者を守る暴挙に出たりするのだ。
「歳が離れているからあり得ない」というのは言い訳になってないからな、聞いてるか伊藤!

外圧でどうにもならないのであれば運命操作で内部から操って自分から戻るように仕向けようなどと敵一味は考えているようだが、日蓮正宗など所詮はこじつけとウソでたらめで成り立っている、伝統仏教の仮面を被ったカルト宗教であると看破しており、罰だ罪障だとありもしないものを使ってこじつけとアンカリングで納得させようとしても、最早そのやり方は見抜かれておりそうは問屋が卸さない。

なお、一家では日蓮正宗に現に所属する者すべてを対象とした排除命令を発令し、奴らを一家のあらゆるステージからつまみ出す措置を取ったから如何なるまやかしも、如何なるウソやこじつけも何ら意味を持たず、斯様の行動を取っただけで即、永代追放に出来る。
更に、要求をなそうとする輩に関する規定を整備し、何か要求をなそうとするのであれば要求者と関係するすべての団体とその責任者の個人情報を要求するように制度を改めたので要求を成そうとすればメールフォームと相俟って必ずその証拠が残るようになっている。
証拠を残さないように悪さをしておきながら追及されると「証拠、証拠!」と喚きたてるやり方は最早通用しないぞ。

最早如何なる手段であっても全て通用しないから敵講員どもはよく覚えておけ。

追記
償いをするのかしねえのか。
それによってこっちの対応はだいぶ違ってくるぞ。

カテゴリー: 「シングスピールの砦」からの移管記事, 宗教や敵対者について, 日々の雑感 | 雑感 2016.11.7 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-201.html

雑感 2016.11.4

川を越えて土手沿いをずっと…

多少のアップダウンがあるが非常に楽な道で、40キロ走ってもそれほど疲れを残さなかった。
6年前に神崎まで行ったときに走るべき道だったが、その時はここではなくわざわざアップダウンの激しい薄汚い県側を走らされるという不祥事があり、このときの疲れが必要以上に体を追い込んだ疑いが強い。
悪質な心理誘導によって楽な道を走らせないことで、化城の一要素であった「バイク」を必要以上に煽ったというのがその理由であり、そもそもその用事自体行かなくてもよいようなものであり、目眩ましをされた忌まわしい煽りネタが原因でもあり改めて敵一味に対する怒りと憎しみを新たにする。

以下余談

バイクについて
バイクとは本来実用品であるべき乗り物である。しかし、敵一味にとって絶好の煽りネタであったために必要以上に追求させられて、身の丈に合わない高価なものを買わされた挙句に心理誘導で早々に手放させられたという重大不祥事がかつてあった。
身の丈に合わないとは云っても買ったら買ったで乗れる限りにおいては多少のことを忍んでも乗り続けるべきであったのであるが、当時はまだ洗脳の影響下であったためにくだらない無駄使いによってカネをはたかされ、行き詰らされた挙句の心理誘導から敵講員による組織的交際類似事犯による誘導で必要がなくなることが明白だったクルマなどに手を出させられ殊更に叩かされたのであった。
しかも行き詰ったとはいっても多少のことを忍べば持ったままで越えられる程度のものであり、ここでも目眩ましが効いていたのである。
ほんの少し、走ることを我慢していれば斯様の事態にはならなかったことが後の検証で明らかになっている。
これらは全て敵一味の画策であり、私は敵宗門と連合軍を絶対に許さない。
現在、バイクについてはその時々によっても違ってくるが身の丈に合った、維持できる規模のものでなければ買ってはならないと一家では決している。

その藤代の敵講員の女は、完全な宗門工作員であり、敵対者に対する工作の任に当たっている人非人である。
石之坊工作員の男もそうであるが、奴らは宗門に飼われ工作を生業としている。
その龍神ひろしは宗門と同じくウソでたらめで塗り固めた暴論で批判や苦情を潰すこと、そして不都合者を抹殺することが任務だったのである。奴の言っていたことは後の検証で全てウソでたらめであることが白日の下にさらされている。
ウソで人を騙しておいてタダで済むと思うな。

「シングスピールの砦」からの移管記事

カテゴリー: 「シングスピールの砦」からの移管記事, 写真, 宗教や敵対者について, 日々の雑感 | 雑感 2016.11.4 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-199.html