日常生活」カテゴリーアーカイブ

生存報告 2012.11.8

では久しぶりにオリジナル記事を。
ウリジナルではありませんw
以後、用語集にあるものはいちいち説明しません。
予習してきてください。
この2ヶ月間というものの地獄のような思いをしてきた。
そしていろいろと考えなければならなかった…。

あまりにも用意周到な公開処刑。
あれだけのものを考え出せる団体は一つしかない。
敵宗門は公開処刑のスペシャリストである。
この点について詳細は改めて稿を起こすが、最早自分では何も手がけられない寺院サイドが、何がしかのコミュニティを通じてエージェントを仕立てたに違いない。
真犯人共は住職の居ない時を狙い、何かが起きるのを獲物を狙うコヨーテのように待っていたのであった。

今回の事態を受け、幕府では生活の再建と体制の立て直しを急いだ。
そして、大幅なリストラクション(再構築)を経て、息を吹き返した次第である。
まず、すべての権力を幕府に集中させ、その上で無駄を徹底的に省いた。
失地回復のためには多くの労力とリソースが必要だ。
不要不急なものにリソースをとられていては物事を前に進められぬ。

さておき、かつて千ラシ裏女は敵側のエージェントとして幕府を苦しめた。
その報障はさて何でしょう?
千ラシ裏女は、メンヘルになってしまったのである。いまや半狂乱だとか…
これが悪行の報いでなくて何だというのだろうか。
これまでに幕府の行く手を阻んだ者、今後幕府の行く手を阻む者は例外なくメンヘルとなって自滅の末路を辿るであろう。
顕正会とか正信会とかって頑固で偏頗だからな…
某団体もそうだけどな。
これら最悪カルトの一日も早いイクスティンクトが喫緊の課題である。

【ご注意】
今日では敵一味の正体は宗創医連合軍であると看破しており、これに基づいて記事の修正を行っております。
この記事は史実認定の修正により2016.10.24 3:34に修正しております。

カテゴリー: 日常生活, 旧ポータルブログからのインポート記事, 運営局面 | 生存報告 2012.11.8 はコメントを受け付けていません
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-70.html

いろいろ 9/20版

前回のいろいろからまだ日が経ってないんだけどね
いろいろ書きたいことが出てきたのでここでまとめてやる
・自らの今までとこれからについて
病に倒れて初めて気が付いたことがある
それは、周りに振り回されるとはどういうことかということだ
これまで必要以上の競争心や完璧主義が自分自身を苦しめて過度のストレスの要因のひとつになっていた
必要以上に成果やカネに対してがっつきすぎてもいた
また、必要以上に他者を意識しすぎて空回りや無駄なシステム切り替え等を余儀なくされたりもした
それが故に人権のかけらも無いようなところから抜け出せなかったり自分自身それを省みることが出来なかったりしていたのだ
ある時期それが見えかけていたところに悪縁があったり門外漢が現れたりしてそれを見えないようにさせられてしまっていたという、不運では片付けられない大問題がある
それは、「03年の機会」は時期尚早であったということ
他者の財政状況を省みない当時の講頭に煽られて半ば強制的に往復一万数千円のところを月に何度も来させられたことが早期の行き詰まりを招いたことは明白である
このことがコスト意識を大いに狂わせたのは火を見るより明らかである
しかもこれには後日談があり後年の入信者には斯様の強要が無いどころか「普段は近くの寺院へ」という配慮まであったという
余りの格差に憤りをこらえ切れなかったのは事実である
そこへ門外漢の「人の人生破壊活動」に見舞われることとなりこれを追及しようとすると「臭い物に蓋」をされてしまった格好となってしまった
しかもこの講中は年中ごたごただらけで軋轢の連続だった
俺がいても、いなくてもだ
今では門外漢の御用講中と化してしまった感もあるが俺にはもう関係あるまい
あったのは無駄な6年間の歳月を浪費させられたことだけ
失われた月日を返せ!
少なくとも俺は他者と張り合ったり見栄を張るために写真をやっているわけでも無いし門外漢が勝手に作った「型」にはめられるために自分の人生を生きてきたわけでもない
俺は俺の世界観と感性で人生を生きていきたいし創作をやっていきたいと思っている
そのためにも、必ず復活を果たし連中を見返してやるつもりでいるのは云うまでも無い
・邪魔な連中について
今の俺にとって過去の思い出は邪魔くさい重荷でしかない
邪魔な悪縁が多すぎて話にならなかったということだ
御用講中では話にならなかったし況してそれ以外の縁には何一ついいものなどありはしなかった
俺は好きでこんな境涯に生まれてきたわけじゃないし境涯の壁などというものはさっさと爆破してしまいたいと思っている
そうなれば、邪魔な悪縁や因縁は切り離すまでだ
しかし、邪魔な連中が未だに蠢いている様で明らかな迷惑電話がまたかかってきた
重要な連絡先は総て「上上ケータイ」に集約しているのですぐにわかるんだよ
だから、「上上ケータイ」にはかかってこないんだよ
いい加減に、対策を施さないとな
もう一度云うが、門外漢女Yも迷惑電話女(イニシャル書かなくても自覚してるだろうがな)もすでに悪い因縁として切り離した存在に過ぎない
そんな連中に人生を左右されるなど、いまさら冗談じゃない
俺は貴様らが勝手に作った「型」にはめられるためにこの娑婆世界に生を受けたわけではない!
況して、俺の人生と青春を破壊すべく謀略に明け暮れた門外漢には大地獄はあっても成仏はありえない
謝罪も賠償も応じずに偏向講頭の庇護を受けて遁走しているようでは尚のことな!
人の人生まで自分の思い通りにならなければ気がすまない奴とか、勝手に作った「型」にやたらめったらはめたがる奴だとかはもはやお呼びではないということだよ
俺の人生は、俺のものであって誰のものでも無いし他人の人生は俺のものじゃないということだよ
何か異論でも?
邪魔をしたり、圧力を掛けてくる徒輩は全力で叩き潰す!

【ご注意】
本記事は、敵宗門より脱退する以前かつ「聖域なき見直し」以前に執筆された記事です。現在最新の真実並びに見解とは異なる部分を含みますのでご注意ください。
(重篤な箇所については適宜修正しています。)

カテゴリー: 日常生活, 旧ポータルブログからのインポート記事, 近況報告 | いろいろ 9/20版 はコメントを受け付けていません
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-3.html