令和新編 シングスピールの回顧録 » 執行部会 »

今後のこと

回顧録を再開する前に我が一家における今後の方針について綴らせて貰う。

敵宗門一味は敵探しと真実追究を封じ敵宗門こそがまさに突き止めるべき「敵」であったという真実に近づかせないようにするため、またそれがバレても全てを誤魔化して再び洗脳し引きずり込むこと、更には生活と人生の再生を徹底的に妨げることを目的として二度も超大型の洗脳―「化城」に引きずり込んで長期に亘って失地回復を停滞させるという超大型の妨害、更にはこれに乗じた超大型のハタカセ事件による資金の収奪という大きな洗脳犯罪をしでかしてくれやがった。
今後の失地回復プロジェクト 第7次5ヶ年計画、第8次5ヶ年計画においては再び斯様の化城犯罪やハタカセ犯罪惹起の策動を徹底して封じなければなるまい。

第7次5ヶ年計画

戦後処理を遂行し、過去の重荷を完全に破砕する。
交通整備を施行し、資格取得に向けた暮らしの円滑化を図る。
実用的な資格を複数取得し、生活の安定と自立を取り戻す。
第一大目標:計画に定めたすべての資格を取得すること。
(ここまで2年半程度を予定)
その後は引き続き最高峰の資格取得に向けて鋭意取り組む。
計画の5年間で相当の貯蓄を行い将来に備える。

第8次5ヶ年計画

最高峰の資格取得に向けてピッチを上げる。
最終大目標:最高峰の資格取得

今後の方針

趣味ごとは各月ごとに決められた予算を絶対に超過しないものとし、趣味ごとの範疇を絶対に超えないようにすること。
趣味ごとに過ぎないものに時間と労力を過度に費やさないようにすること。
ギャンブル的手法をとることについては永久にこれを否定する。
バイクについては失地回復達成までの間、125㏄以下の1台に限り認可する。
バイクについてはあくまで生活のための足として実用に徹すること。
失地回復達成後は自動車に切り替えるため、バイクにあまりカネをかけ過ぎないこと。
趣味ごとが趣味ごとの範疇を大きく逸脱し、再度同様の問題が発生した時には破却処分に付する。
ショックドクトリンに警戒し、思考リソースを不当に占領されないよう常々意識し警戒しながら考えて行動する。
実現可能な計画を堅持するよう常々意識し、極黒の化城に引き戻されないよう警戒する。
移住については第7次5ヶ年計画に定められた「第一大目標」を突破してから再度検討するものとし、当面の間凍結とする。
旧来からの通常生活範囲、所謂「A地区」内において就業はしない。就業に際してはA地区を外して選考する。
交通整備後の移動手段はバイク及び自転車とする。なお整備後において通院はバイクとする(失地回復後は自動車に切り替え予定)
就業・通院以外で隣接区域外には出ないようにする(無駄な外出の削減)。
第一大目標突破までは厳しい交際統制で無用の悪縁を封じる。
無駄遣いの類を徹底的に粛清する。
邪魔者は理由に関係なく徹底的に粛清する。

20年来の悲願である失地回復に向けてもはや待ったなしである。
伝統偽装カルトからの解放と失地回復は我が一家が必ず果たさねばならない重要命題である。

立て直しには粛清が付き物であり、一家の邪魔をするのであれば何人であっても粛清の対象たり得る。
かかる重要命題に敵対して身勝手な妬みや未練、或いは自己の都合による行動を行う者は予測不可能な凄惨な結末に全面的かつ致命的な責任を一方的に負うことに必ずなるということを関係者は一々に肝に銘じるべきであるということを改めてここに警告しておく。

カテゴリー:執行部会, 戦後処理
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-241.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です