写真」カテゴリーアーカイブ

目には目を

まずは写真を数点見てもらおう。

この3枚は近場で30Dの試運転を行った砌の画像である。
レンズは継続使用の55-250STMである。
近場なのは、昨日は大混乱になることを予想していたからである。
案の定大きな混乱に見舞われたようだが、それは後述する。
見ての通り、キレが素晴らしくピクセル等倍でも鑑賞に耐えるものであった。
画質=画素数ではない。近年のデジタルカメラはやたら画素数が大きくなりつつなる傾向があるが、余りにも大きい画像は一般ユーザーの手には余るものであり、また必要ですらない。
メーカーには先の見えない画素数争いからは降りて本当の画質を追求してもらいたいと思うがいかがであろうか。
そのような「画質=画素数」という勘違いをしているユーザーが少なからずいることも原因になっているのである。
しかし、少なくとも現在の私には820万画素でも十分な画質であり当面において問題はないと決している。
ボディの堅牢性や連写、撮影後の立ち上がりなどカメラとしての基本性能は前任機とは雲泥の差であり、腐っても鯛とはまさにこのことなのである。

この2枚はやはり近場でP7700によって撮影している。
先日には某鉄道撮影地で練習をしているが、その折に試しにP7700でも撮影してみた。
その結果焦点距離に限りがあるものの連写速度も速く、8コマ/秒で6コマ切れるので余程タイミングを間違えない限りにおいては問題なく戦えることがわかった。
コンデジなりの画質ではあるが…。
そうは云ってもISO500辺りまでであれば十分な画質を確保しており、コンデジの場合は一眼ほどに絞る必要が無いので多少厳しい条件でも十分な画質を確保できる。

しかし、現状は決して誉められたものでないし、そもそも鉄道破却があったとしても機材を売る必要までは無かったわけで、敵一味に強要されたものであるとも言える。

その敵一味は今日に至ってもその所業を全く改める事無く、不当な嫌がらせに精を出して損害を出している有様である。
それに対する要求全蹴りは当然の措置であり、正当な報復だ。
その正当な報復に対しても敵一味は逆上して嫌がらせを重ねており、もはや奴らは人間ですらないというべきだ。
嫌がらせをされただけの目には目の報復をするのが至極当たり前であり、それに対する逆上は到底許されない。

しかも問題の売却強要は敵一味がその悪事に対する矛先を逃れようと洗脳操作によって機材のせいにさせたものであり、それによって損害を負わなければならない筋合いは我々にはない。
然るべき償いが成されない限りにおいては日蓮正宗殲滅のその日まで戦い続ける覚悟でいるのは当然のことだ。
表の連中は裏部隊が何をしているか知らないでいることが多いが、龍神は元から裏部隊兼任であり、裏で洗脳操作や裏工作をやってることを知ってやっているに違いあるまい。それでいて勝ち誇った書き方で誹謗をしているのだからもはや狂っていると言わなくてはならない。
そんな輩には女など出来なくて当然だしキモヲタ化の流れも至極当然だ。
しかし、工作員の柏原容疑者(2013年の交際類似事犯の惹起者)はさも龍神に女がいるかのような嘯きで恐怖を覚えさせるようなことをしたのである。ウソで脅しウソで恐怖を覚えさせるとはさすがウソで塗り固めたカルト宗団だけの事はある。
しかし、それも裏で遠隔洗脳部隊が汚い操作をしていてのことであり、組織的犯罪であるといえる。
奴が惹き起こした交際類似事犯も講幹部や宗門僧に下命されての組織的犯罪であり、だから伊藤は何があっても柏原を一方的に庇ったのである。
つまり日蓮正宗グループとは史上最悪級の組織犯罪集団であるといわなくてはならず、その殲滅は全人類の使命である。

今後も嫌がらせをやればやっただけの目には目の報復をしていくからそのつもりでいろ。

昨日の大混乱と敵の策謀について

昨日敵一味はなんとしても私を遠くに出かけさせたかったようである。
これに対して私は大混乱によって執筆が潰される恐れがあるとして全蹴りにしてやった。
そうしたら雷雨だの急病人だので交通機関は大混乱だったそうである。
全蹴りで大正解である。
敵一味はこれに対して強制催眠という邪悪な手口を以って執筆を妨害しにかかったものの、執筆を止めるには及ばなかった。
出かけるだけで時間の浪費になり、執筆が止まることを重々承知していた故に、私は全蹴りの判断を下したのだ。それが敵の狙いだったからだ。
無論敵の狙いはそれだけでなく、余計に出かけさせて資金を削ぐこともそうだし私が出たところに工作員を派遣して私を貶めるような事件を惹き起こそうとしていたであろう事が容易に想定できたのだ。そしてそれを以って殊更に時間を浪費させる‐それが敵の狙いだったのだ。
無論それだけではなく、その交通企業も向こう側であり当家では抑止対象である(趣味の対象にしてはならないという一家の指定)から、私の存在を理由に特急を全部通過にしたそんな糞会社にカネは払いたくない。10km圏が自転車の指定になっているのはそのためだ。
10km圏と書いたが、実際には10kmを超えていても自転車で出かけていることが多いので滅多なことではそんな糞会社を利用する事態にはならない。平坦に近ければ時間はかかるが20kmでも自転車で行けてしまったりするのだ。

そう簡単に貴殿らの策謀には乗せられんぞ。

カテゴリー: 「シングスピールの砦」からの移管記事, 写真, 宗教や敵対者について | 目には目を はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-17.html

雑感 2016.11.4

川を越えて土手沿いをずっと…

多少のアップダウンがあるが非常に楽な道で、40キロ走ってもそれほど疲れを残さなかった。
6年前に神崎まで行ったときに走るべき道だったが、その時はここではなくわざわざアップダウンの激しい薄汚い県側を走らされるという不祥事があり、このときの疲れが必要以上に体を追い込んだ疑いが強い。
悪質な心理誘導によって楽な道を走らせないことで、化城の一要素であった「バイク」を必要以上に煽ったというのがその理由であり、そもそもその用事自体行かなくてもよいようなものであり、目眩ましをされた忌まわしい煽りネタが原因でもあり改めて敵一味に対する怒りと憎しみを新たにする。

以下余談

バイクについて
バイクとは本来実用品であるべき乗り物である。しかし、敵一味にとって絶好の煽りネタであったために必要以上に追求させられて、身の丈に合わない高価なものを買わされた挙句に心理誘導で早々に手放させられたという重大不祥事がかつてあった。
身の丈に合わないとは云っても買ったら買ったで乗れる限りにおいては多少のことを忍んでも乗り続けるべきであったのであるが、当時はまだ洗脳の影響下であったためにくだらない無駄使いによってカネをはたかされ、行き詰らされた挙句の心理誘導から敵講員による組織的交際類似事犯による誘導で必要がなくなることが明白だったクルマなどに手を出させられ殊更に叩かされたのであった。
しかも行き詰ったとはいっても多少のことを忍べば持ったままで越えられる程度のものであり、ここでも目眩ましが効いていたのである。
ほんの少し、走ることを我慢していれば斯様の事態にはならなかったことが後の検証で明らかになっている。
これらは全て敵一味の画策であり、私は敵宗門と連合軍を絶対に許さない。
現在、バイクについてはその時々によっても違ってくるが身の丈に合った、維持できる規模のものでなければ買ってはならないと一家では決している。

その藤代の敵講員の女は、完全な宗門工作員であり、敵対者に対する工作の任に当たっている人非人である。
石之坊工作員の男もそうであるが、奴らは宗門に飼われ工作を生業としている。
その龍神ひろしは宗門と同じくウソでたらめで塗り固めた暴論で批判や苦情を潰すこと、そして不都合者を抹殺することが任務だったのである。奴の言っていたことは後の検証で全てウソでたらめであることが白日の下にさらされている。
ウソで人を騙しておいてタダで済むと思うな。

「シングスピールの砦」からの移管記事

カテゴリー: 「シングスピールの砦」からの移管記事, 写真, 宗教や敵対者について, 日々の雑感 | 雑感 2016.11.4 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-4.html

風化させない 2

先の記事の続きをご覧いただく。

ツアーは更に富士宮市街に向けて下ってゆく。

宮原付近
宮原付近。

宮原付近
宮原付近

富士宮北高付近
富士宮北高付近。

宝町
富士宮市街に入り、宝町。

宮町
宮町。

西町
西駅に向かって右折し、西町。

西富士宮駅
西駅。

当日のルート

事件は2007年5月20日に惹起した。
この日、半ば強制的に参詣させられた支部総会の受付で、バス代として取っておいた金銭を受付の女子講員に恫喝されて掠め取られたものである。
その後、誰も助け舟も出さず結果駅まで8キロ以上の道のりを延々と歩かされる羽目になったものであった。

これには前振りがあった。
当月の初旬にカメラの代替に絡んでレンズの買い替え強要事件というものが惹起し、売らなくてもよいレンズまでそっくり売らされて社外品のレンズに買い換えさせられたという事件である。
更に買い換えたカメラの不具合で別の品に交換せざるを得なくなり、価格の上昇で家計が一杯一杯になってしまったのであった。
売却強要事件は、売らなくてもよかったレンズを売らせて別の品を買わせることで予定していた余裕を奪い、参詣させる頃にはカツカツになっているように予め計算されていたのであった。
不具合の出たカメラは、ランクの低い「並品」であった。
もし最初から「良品」だったら、この事件は起こっていなかったであろう。
なぜならレンズを買い換える余裕はないと判定され使えないレンズだけ売れば済んだ話だったからであり、本来はその予定でもあったのだ。
つまり、カメラ本体を売ったM店も、レンズを買い換えさせたF店も敵一味とグルだった(つまり、糞寺ともグルだった)訳である。
M店は最初から良品だけ出せばよかったものを値段の安い並品を出して手を出させ、F店に至っては問題の社外品をわざと目立つところに展示して目を引かせるなど非常に悪質であり、現在では両店とも永久追放(取引禁止)になっている。
この売却強要事件は、専ら仄めかしによって成り立っており、仄めかしによる売却誘導事件であると捉えることも出来る。
ただ、その際に過去の忌まわしき出来事が心中に噴出してきたことは尋常でなく、何らかの心理操作があったと考えるべきであろう。

そして、この事件は最初から寺ぐるみで仕組まれた悪質なハラスメント事件であったということがいえる。
この事件を惹起するに当たって寺側は誰として帰りに手助け(車に乗せる)などをしないように予め根回しをしていたのである。
その結果、先述の通り駅まで延々と歩かされる羽目になったものであり、これを見てもわかるようにこの寺、この宗派では私は最初から敵扱いであったのである。
それをわからなくするために姑息な環境整備で宗教に引きずり込み安心できるウソで騙して目くらましをしたのであった。
シングスピール・ウェブ立ち上げ当時に鉄道趣味を焚き付けてまで真実追究を押し止めたのも、全てはそのためだったのである。
このことを考えると、鉄道趣味の全面解禁などは到底応じられるものではないのである。
まして宗教などもっての外である。

恫喝体質そして意に沿わない者に対する不寛容体質は敵宗門全体に広く蔓延しているものであり、それが後年の脅迫事件にもつながっている。
「宗教は自由だ」「言論弾圧は出来ない」と言っていた寺の住職が講員を恫喝のために差し向けるくらいだから、最悪のカルト宗教であると断罪しなければなるまい。

敵宗門のウソでたらめというものが、この中間もこれでもかと言わんばかりに噴出している。
まず教えている歴史がウソでたらめだらけ。
そして大本尊は贋作。
更に二箇相承もでっち上げ。
これらをでっち上げたのは悪僧・9世日有である。
このような有様のカルトであるから、金輪際戻ることはないし引き戻しは絶対に許さない。

カテゴリー: 「シングスピールの砦」からの移管記事, 写真, 宗教や敵対者について | 風化させない 2 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-3.html

風化させない 1

2007年5月、当時隷属させられていた糞寺でバス代恐喝事件が発生し、その影響で8km離れた最寄り駅まで2時間半あまりも歩かされるという事件があった。
後年そのとき歩いた道を辿るツアーが開催された時に収めた写真を2回に分けてご覧いただく。
敵宗門の本山からほど近い場所に北山本門寺という日蓮宗(興統法縁会)の大きな寺がある。
そのすぐ近くの本門寺入り口交差点の付近からツアーは始まった。

門外漢女による最後の仄めかしがあった場所
本門寺交差点からカルト本山方向を望む。
この場所では糞寺脱退の日に門外漢女による最後の仄めかし事件が惹起している。

北山郵便局
本門寺入口交差点角には北山郵便局がある。

朝霧高原方より交差点を望む
朝霧高原方より交差点方向を望む。
このちょうど左側手前に富士宮行きのバス停がある。

本門寺入口バス停
バス停の名前も「本門寺入口」。

ツアーはここから西駅方向(富士宮市街方向)に進むことになる。

北山交差点より南進
交差点から西駅方向に進み始める。

北山にあったコンビニ
十数分歩いたところにあったコンビニ。
ここでなけなしのカネでパンとドリンクを買ったことが昨日のように思い出される。

外神付近
外神付近、カルト本山への抜け道の交差点を過ぎた辺り。

ツアーはまだまだ続く。

このあと富士宮市街まで延々と歩かされた昔日の経緯があったのであるが、一方的な下り道であるにも拘らず駅までは2時間半を要した。
事件当日は5月にも拘らずかなりの暑さでもあり、暑さに弱い筆者には殊更に応えてしまったのであった。
ツアーのときはバイクで下ったのであるが、市街までは15分ほどに過ぎなかった。
しかも、当該ルートはかなりの遠回りであり、最短ルートだと6.6kmで歩けたことがわかっている。
これに対して当時のルートは8.2kmもあり、事の重大さがわかろうというものだ。
これは当時予定がバス前提で組まれており、突然襲い掛かってきた災難であったが故に知りえぬ道では対応が出来なかったのに加え、当時はスマートフォンもタブレットも存在せずナビも持ってなかったため出先で調べることが出来なかったことによる側面が大きい。

以後の写真は次の記事で。

カテゴリー: 「シングスピールの砦」からの移管記事, 写真, 宗教や敵対者について | 風化させない 1 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-2.html