シングスピールの回顧録 » 「シングスピールの砦」からの移管記事 »

雑感 2016.11.7

長期欠品中であった望遠レンズの整備は卸したての未使用品の出物が手に入るという最高の形で完結し、ミラーレス一眼システムの整備が未だ超広角を残しているとはいえ一通りのものは揃いシステムとしては一応の完成を見た。
これによって、カルト宗門からの脱退に伴う事後処理が終わってからというものの各方面で続けられてきた生活環境整備事業が一通り終わり、生活環境システムとしても一応の完成を見て、未だ細かいところを残してはいるが大局的には足場がほぼ固まったといえる状態まで持ってくることが出来た。

これら一連の事業は、カルト宗教による長年の悪影響と解放聖戦の過程でこうむった戦禍による荒廃からの戦災復旧事業そのものであった。
当家を取巻く不幸な境涯とこれらの荒廃のすべては、100%敵一味の陰謀に起因しているものであり、奴らが存在しなければ、否百歩譲って奴等が突っかかってきさえしなければ100%無かったことなのである。
したがって、書かれたくなかったらまず償いをして誠意を見せるのが筋なのであるが、それを故意に怠って脅しとこじ付けでどうにか繕おうとしている馬鹿者がまさにカルト宗門をはじめとする敵一味なのである。

一家は未だ解放聖戦のさなかにある。
形の上では追放としている敵一味だが、未だ引き戻しを諦め切れていないことが姑息な根回しや事業妨害などに現れており、今なお、これらとの対峙が続く情勢にある。
奴らはいまだに従前のやり方が通用するという重大な勘違いをしている状況であるが、最早これまでのやり方が全く通用していないことがわからないのであろうか。
或いは信心馬鹿だから何でも信心でゴリ押しすれば適うとでも思っているのか?
だとすれば、それはカルトの信者操縦法にまんまと嵌められているということであり、カルトの操り人形でしかない=人非人であるということに一般の視点で見ればなるのだが。

カルトの幹部は皆狂った思想に毒されており、そんな輩に相談などしたが最後、都合のいい御託を並べて「信心が足りない」などと言い放って門前払いにするに決まっているのだ。
だから、交際類似事犯に対して追及をしても言い訳にもならない御託を並べて被害を蒙った側の「信心が足りない」ということにして惹起者を守る暴挙に出たりするのだ。
「歳が離れているからあり得ない」というのは言い訳になってないからな、聞いてるか伊藤!

外圧でどうにもならないのであれば運命操作で内部から操って自分から戻るように仕向けようなどと敵一味は考えているようだが、日蓮正宗など所詮はこじつけとウソでたらめで成り立っている、伝統仏教の仮面を被ったカルト宗教であると看破しており、罰だ罪障だとありもしないものを使ってこじつけとアンカリングで納得させようとしても、最早そのやり方は見抜かれておりそうは問屋が卸さない。

なお、一家では日蓮正宗に現に所属する者すべてを対象とした排除命令を発令し、奴らを一家のあらゆるステージからつまみ出す措置を取ったから如何なるまやかしも、如何なるウソやこじつけも何ら意味を持たず、斯様の行動を取っただけで即、永代追放に出来る。
更に、要求をなそうとする輩に関する規定を整備し、何か要求をなそうとするのであれば要求者と関係するすべての団体とその責任者の個人情報を要求するように制度を改めたので要求を成そうとすればメールフォームと相俟って必ずその証拠が残るようになっている。
証拠を残さないように悪さをしておきながら追及されると「証拠、証拠!」と喚きたてるやり方は最早通用しないぞ。

最早如何なる手段であっても全て通用しないから敵講員どもはよく覚えておけ。

追記
償いをするのかしねえのか。
それによってこっちの対応はだいぶ違ってくるぞ。

カテゴリー:「シングスピールの砦」からの移管記事, 宗教や敵対者について, 日々の雑感
この記事のURL:http://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-5.html