シングスピールの回顧録 » 「シングスピールの砦」からの移管記事 »

目には目を

まずは写真を数点見てもらおう。

この3枚は近場で30Dの試運転を行った砌の画像である。
レンズは継続使用の55-250STMである。
近場なのは、昨日は大混乱になることを予想していたからである。
案の定大きな混乱に見舞われたようだが、それは後述する。
見ての通り、キレが素晴らしくピクセル等倍でも鑑賞に耐えるものであった。
画質=画素数ではない。近年のデジタルカメラはやたら画素数が大きくなりつつなる傾向があるが、余りにも大きい画像は一般ユーザーの手には余るものであり、また必要ですらない。
メーカーには先の見えない画素数争いからは降りて本当の画質を追求してもらいたいと思うがいかがであろうか。
そのような「画質=画素数」という勘違いをしているユーザーが少なからずいることも原因になっているのである。
しかし、少なくとも現在の私には820万画素でも十分な画質であり当面において問題はないと決している。
ボディの堅牢性や連写、撮影後の立ち上がりなどカメラとしての基本性能は前任機とは雲泥の差であり、腐っても鯛とはまさにこのことなのである。

この2枚はやはり近場でP7700によって撮影している。
先日には某鉄道撮影地で練習をしているが、その折に試しにP7700でも撮影してみた。
その結果焦点距離に限りがあるものの連写速度も速く、8コマ/秒で6コマ切れるので余程タイミングを間違えない限りにおいては問題なく戦えることがわかった。
コンデジなりの画質ではあるが…。
そうは云ってもISO500辺りまでであれば十分な画質を確保しており、コンデジの場合は一眼ほどに絞る必要が無いので多少厳しい条件でも十分な画質を確保できる。

しかし、現状は決して誉められたものでないし、そもそも鉄道破却があったとしても機材を売る必要までは無かったわけで、敵一味に強要されたものであるとも言える。

その敵一味は今日に至ってもその所業を全く改める事無く、不当な嫌がらせに精を出して損害を出している有様である。
それに対する要求全蹴りは当然の措置であり、正当な報復だ。
その正当な報復に対しても敵一味は逆上して嫌がらせを重ねており、もはや奴らは人間ですらないというべきだ。
嫌がらせをされただけの目には目の報復をするのが至極当たり前であり、それに対する逆上は到底許されない。

しかも問題の売却強要は敵一味がその悪事に対する矛先を逃れようと洗脳操作によって機材のせいにさせたものであり、それによって損害を負わなければならない筋合いは我々にはない。
然るべき償いが成されない限りにおいては日蓮正宗殲滅のその日まで戦い続ける覚悟でいるのは当然のことだ。
表の連中は裏部隊が何をしているか知らないでいることが多いが、龍神は元から裏部隊兼任であり、裏で洗脳操作や裏工作をやってることを知ってやっているに違いあるまい。それでいて勝ち誇った書き方で誹謗をしているのだからもはや狂っていると言わなくてはならない。
そんな輩には女など出来なくて当然だしキモヲタ化の流れも至極当然だ。
しかし、工作員の柏原容疑者(2013年の交際類似事犯の惹起者)はさも龍神に女がいるかのような嘯きで恐怖を覚えさせるようなことをしたのである。ウソで脅しウソで恐怖を覚えさせるとはさすがウソで塗り固めたカルト宗団だけの事はある。
しかし、それも裏で遠隔洗脳部隊が汚い操作をしていてのことであり、組織的犯罪であるといえる。
奴が惹き起こした交際類似事犯も講幹部や宗門僧に下命されての組織的犯罪であり、だから伊藤は何があっても柏原を一方的に庇ったのである。
つまり日蓮正宗グループとは史上最悪級の組織犯罪集団であるといわなくてはならず、その殲滅は全人類の使命である。

今後も嫌がらせをやればやっただけの目には目の報復をしていくからそのつもりでいろ。

昨日の大混乱と敵の策謀について

昨日敵一味はなんとしても私を遠くに出かけさせたかったようである。
これに対して私は大混乱によって執筆が潰される恐れがあるとして全蹴りにしてやった。
そうしたら雷雨だの急病人だので交通機関は大混乱だったそうである。
全蹴りで大正解である。
敵一味はこれに対して強制催眠という邪悪な手口を以って執筆を妨害しにかかったものの、執筆を止めるには及ばなかった。
出かけるだけで時間の浪費になり、執筆が止まることを重々承知していた故に、私は全蹴りの判断を下したのだ。それが敵の狙いだったからだ。
無論敵の狙いはそれだけでなく、余計に出かけさせて資金を削ぐこともそうだし私が出たところに工作員を派遣して私を貶めるような事件を惹き起こそうとしていたであろう事が容易に想定できたのだ。そしてそれを以って殊更に時間を浪費させる‐それが敵の狙いだったのだ。
無論それだけではなく、その交通企業も向こう側であり当家では抑止対象である(趣味の対象にしてはならないという一家の指定)から、私の存在を理由に特急を全部通過にしたそんな糞会社にカネは払いたくない。10km圏が自転車の指定になっているのはそのためだ。
10km圏と書いたが、実際には10kmを超えていても自転車で出かけていることが多いので滅多なことではそんな糞会社を利用する事態にはならない。平坦に近ければ時間はかかるが20kmでも自転車で行けてしまったりするのだ。

そう簡単に貴殿らの策謀には乗せられんぞ。

カテゴリー:「シングスピールの砦」からの移管記事, 写真, 宗教や敵対者について
この記事のURL:http://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-17.html