令和新編 シングスピールの回顧録 » 編成会議 »

今後の身の振り方について

2014年に漸く真実の追及が動き出してもうすぐ8年になる。だが、それはこれを妨害し引き戻しを企てる敵一味・宗創医連合軍によるスピン・隠蔽との戦いでもあった。中でも敵一味が何としても隠蔽したかったものが二つある。一つは透析利権の真実である。それはそれで重要なものではあるが、敵一味にとって最も暴かれたくなかったのはもう一つのほうであろう。それは何か?それは戦後日本女の真実なのである。

戦後日本女の真実についてはここ2、3年程の反フェミナチの盛り上がりと日本女の真実を告発する動画やブログの興隆によるところが大きい。

日本女の真実について

戦後70余年の、ユダヤの手先たるカスメディアと御用フェミナチ学者の喧伝によって社会が日本女どもを甘やかし続けた結果、とんでもないジャイアニズムが日本女の大多数を支配するまでになってしまっていたのである。

あまりにも甘やかされ過ぎた結果、こうした謎の立場からの上から目線だけでなく気に入らない相手を讒言で陥れる、挙げ句には痴漢冤罪をでっち上げてカネを巻き上げた末に相手の人生も家庭も破壊する輩が続出し、それを社会も糾弾するどころかこれに加担する始末。これが露呈するきっかけを作ったのが2015年に生活再生の出鼻を挫く目的で惹き起こされた冤罪未遂事件である。鉄道会社は女の讒言を真に受けて私を陥れようとしたカルト女の妄言を鵜呑みにしてこれに加担したのであった。このことは後に一家が鉄道趣味を全面的に非合法化した理由の一ともなっているが、反面で男性からの申し出は鼻で笑うような奴等である。このようにとことん女どもを甘やかす一方で男は女の言う通りにしろなどという女尊男卑の暴論が罷り通る日本社会のクズさ加減には憎しみしか湧かない。

しかしながら敵宗門一味には日本女に見切りを付けられてはまずい理由があった。何故なら、見切りを付けられると煽れなくなるからであり、見切りを付けられて楽になられては引き戻し策動に理由が付けられなくなるからだったのである。奴等はありもしない幻想をこれでもかと流し続けて何とか期待を持たせようとしてきたのだが、それは外ならぬ日本女どもによって木っ端微塵に破壊されることとなった。「日本女はダメだ」と決定的に思わせる程の事件が立て続けに惹き起こされたことで、愛想のかけらまで木っ端微塵になっては最早修復もままなるまい。

その一方で日本女が相手するに値しないことのエビデンスはこれでもかというほど存在する。

外国人男性が「日本人女性とは結婚するな」と言う理由

日本女が一方的に甘やかされてきた証拠

日本男性に結婚のメリットなし

ここまでわかっていて日本女と結婚はおろか交際ですらしようと思うほうが愚かだというものである。

更に、日本女の凶暴性を示すデータまである。

これだけでなく、気に入らないと相手を讒言で陥れる、自分に非があっても人に罪を擦り付け決して謝罪しない、男をATM程度にしか思わない。これが日本女である。その証拠ならネットの至るところに転がっている。

ここに至り、筆者は今後の人生をMGTOWとして生きることを決断するに至ったものである。忌避の対象は日本女でマトモな思考を持たないと思われる既知及び未知の輩、筆者の思想信条にそぐわない輩、既存宗教(ユダヤが作った宗教)にかまける輩全てである。最早年齢的にも既に結婚は難しいという現実もあり、自分の身を守るための決断をしたということである。このことについては今年の自主独立記念日頃には既に決心がついていたのであるが、発表の準備に時間がかかってこのタイミングになったものである。

今後の対応について

今後、ネット上及び実生活上では以下の通り対応する。

  • 未知の日本女とは安易に知り合わない。交流なき輩からの雑踏での話し掛けは拒否する。雑踏に於いては、交流のある者であることの確認を徹底する。
  • 今後、SNSに於いて既存のフォロー、フォロワー以外の日本女との交流は控える。新規のフォローは原則、受け付けない(当方からフォローした場合のフォロバを除く)。思想信条や趣味嗜好を筆者と一にすると思われる者であっても慎重に対応する。
  • 一家の既に定めている交際要綱、制度、規制などを活用して相手身辺の確認を徹底する。履歴書、身分証明、独身証明書を必ず確認するとともに調査票への記入を徹底する。調査票を元に相手身辺の調査を行い、虚偽発覚の際は厳しい処分と法的措置を行う。(これまで通り)
  • 固定の交際統制区域に於いては新規の交際・交流には一切応じない。(同上)
  • SNS以外のウェブに於いては以前から他者との相互リンクを行っておらず、引き続き同様とする。(同上)
  • この先何年生きられるかも読めない情勢であり、自分の身を守ることを第一に、残りの人生は独りであるとの前提に立って運営を行う。

これまで通りの項目が3つあるが、以前はこれまでとは異なる目的で行っていたものであり、今後はその行う目的が変わったこととなるものである。
これらについては、これまでは主に交際類似事犯等によって失地回復が躓くことを防ぐために実施してきたものだが今後は主に自分の身を守り残りの人生を穏やかに過ごすための実施に目的が変わったものである。まあ自分の身を守り自分の面倒を自分で見ることも戦いであり人生が戦場であることに変わりはないのであるが。

結婚のチャンスは無かったのか?

筆者の人生に於いて結婚のチャンスは無かったのか、或いは失わされたのかということについて検証しておく。

結論から言うと、その機会は遠い昔に既に失わされていたものであるということである。結婚は若いうちでないと出来ないという重大重篤な真実はやはりここ2~3年の間にもたらされた。これもまた、敵宗門一味がスピンによる隠蔽を長年に亘って行ってきた挙げ句最早潰えた可能性を煽っており、透析に転落させられる直前にはあらぬ期待を持たせることで真実に気付かないように仕向けるために交際類似事件まで惹き起こしている。

次に、それはいつ失わされたのか?ということについて。

それは、ラ・チーカ事件に端を発するハタカセ&スピン策動とそれによる風俗地獄という名の性的搾取によって失わされたというのが専らの見解である。更にはその後悪しき宗教誘導と、既にどうでもよくなっていた筈の鉄道趣味を敵一味の洗脳によって焚き付けられたことでスピンされ宗教の教義等によるダブルバインドによって完全にはしごを外されたのである。

一般的に、結婚は20代のうちでなければならない、35才を過ぎると限りなく不可能に近いというのが専らの通説である。その貴重な時期を敵宗門の謀略である風俗地獄と辺境(現在の薄汚い辺境の地とは異なる)への誘導によって封じられ、残っていた僅かな可能性も鉄道趣味の焚き付けと宗教誘導によるスピンで完全に封じられてしまったのであって、SG現場に誘導された頃にはマトモな女に出逢える可能性は全くのゼロで手遅れだったということである。実際に、SG現場がらみで遭遇した女が何人かいたがそれは全て銭ゲバプリンクズ女であり、関わってはいけない相手だった。もしその頃に真実を知って楽になっていれば、今とは違ったもう少しマトモな人生を送っていたのは間違いなく、敵宗門一味による真実追及からのスピンに限りのない憎悪がある。真実に気付かれては計画通りに私を透析利権に差し出してキックバックを得ることが出来なくなるからだ!なお、この結婚可能性に関する通説を知ったのも精々ここ2~3年のことである。このことから、日本に3%しかいないとされる「マトモな女」と知り合うチャンスも、この20代半ば頃まででなければ無かったことになり、改めて風俗地獄とその関係者そして敵宗門に対する憎悪が止まらない。風俗は悪でしかない!まして敵宗門はユダヤの手先でもあり風俗にもまして許し難い。

日本女の少なくとも97%はツイフェミ根性の銭ゲバプリンクズ女であり、その事を肝に銘じつつ次の世代のため事実上ユダヤの手先たるツイフェミや銭ゲバプリンクズ女の殲滅のための活動を新たな活動の柱として今後の活動に臨むこととする。

ツイフェミと銭ゲバプリンクズ女は身罷れ!

カテゴリー:編成会議, 銭ゲバプリンクズ女・ツイフェミ
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-253.html

今後の身の振り方について への2件のフィードバック

  1. ピンバック: MGTOW宣言について – シングスピールの砦 Games & Gadgets

  2. ピンバック: MGTOW宣言について 2022.3.21 | シングスピール会 公式ウェブサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。