令和新編 シングスピールの回顧録 » 宗教や敵対者について »

石之坊住職の交代について

石之坊といえば我が一家にとっては最悪クラスの忌まわしき場所であり、尚且つ不倶戴天の敵としてこの界隈では知られているところである。その石之坊で遂にあの悪逆な山根一順が隠居し、新しい住職が赴任することとなったのでここで言及する。

去る令和3年1月8日に早瀬日如より辞令が発せられ、山根一順が隠居することとなり斎藤道愉という輩が新たに住職となった。
以下は当該辞令が掲載された大日蓮令和3年2月号の紙面である。

住職なので当たり前だが山根はただ単に石之坊を仕切っていたのみならず、石之坊における私に対する人物破壊工作の中間責任者であったとみられている輩である。
石之坊に隷属させられた6年間で私の人生は大きく狂わされることとなり、しかもその間に我が尊父を医療利権に殺される事態にまでなっている。本来ならばその時点で全てウソであると見切って敵宗門から離れるべきだったわけで、その時点で連絡を絶ち敵宗門を排除しているべきだったのである。この時の山根の言い草は「葬式を本宗でやるのか、他宗でやるのか」というものでありお悔やみのオの字も出なかったのである。如何にこの男が私を侮蔑していたかの証左であるといえよう。

この男、ここ数年は頭の疾患で療養していたと言われており、それが真実であればまさに私共を陥れたことの報いであり自業自得であると云わざるを得ない。自業自得はこのことにとどまらず、日有日寛門流の偽教義カルト宗教、♨の衛星宗教を布教していたことの業障であることもそうだ。
年齢的にもいつ迎えが来てもおかしくない輩であるが、ここまでクビにせずに引っ張っていたのはやはり謀略の功を買われてのことだったということではないのか。
もう表舞台に出てくることは二度とないであろうが、だからといって許される訳ではないことはここに警告しておかねばなるまい。

新住職の齋藤道愉であるが、僧階:大僧都こそ山根と同じであるものの富士学林図書館長を務めるなど明らかに山根より格上の輩であり敵宗門が如何に石之坊を重視しているかということがこの人事からは窺える。これ以上僧階が上がることも最早ない山根と異なり今後権僧正(能化)に叙せられる可能性のある輩であり、先述通り如何に石之坊を重視しているかと共に現在の石之坊の惨状そしてその立て直しに命運を賭して任命しているであろうことも窺える。
私とは面識のない輩であるが、引き戻しのための謀略に手を染めない保証はどこにもなく、我が一家は怒りと警戒を新たにして今後に臨まねばならないだろう。

敵宗門・日蓮正宗をはじめとする日有日寛門流4宗派は表では争っているように見せかけて裏ではガッチリと手を取り合っているのみならず統一教会をはじめとする他のカルト宗教とも裏でつながっているということがハッキリしてきている。そしてその元締めにイエズス会(♨)がいることも火を見るより明らか。
何よりもその日有自身が♨の手先若しくは同族であり、南条時光から疑わねばならないレベルである。♨人がそれよりはるか昔の7世紀ごろに日本に既に潜伏していた可能性も高く、日顕も日如もその面を写真で見て明らかなほど♨であろうことが明らかである。今日の敵宗門は完全にイエズス会の手先であるということも然り。
全ての宗教は支配のための手段であるということを悟り宗教からは離れるべきであるということを改めてこの席を借りて言わせてもらうものである。

カテゴリー:宗教や敵対者について
この記事のURL:https://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-247.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です