月別アーカイブ: 2018年7月

敵は敵でしかない

回顧録の上梓を始める前に、はっきりさせておかねばならないことがある。

それは、私が敵宗門に引きずり込まれるずっと以前から敵宗門が敵でなかったことはただの一度もなく、敵宗門工作員やその他の法華講員どもも私の味方であったことはただの一度もないということである。

然るに、敵宗門一味が私に対して行ってきたこと全ては一貫して敵としてのそれであるし、法華講員の連中にしてもやること成すこと全てが敵としてのそれであるのだ。

その詳細については回顧録の中でたっぷり書かせて貰うとして、その全てにおいて奴等は私を欺き、安心できるウソで騙してきたのである。

そして敵宗門の工作部隊は常に私をミスリードし続けて一家を離散させ、歪んだビジョンをこれ見よがしに見せつけてハタカセや余計な計画の捩じ込み、必要もない移住の強要で各地を不必要に転々とさせ、職業選択にまで介入してその選択を都合よく改変させて計画的に貶めて、まるで自然と堕ちたかのように演出して貶めてきたのである。自然と堕ちたということは全くなく、全ては敵宗門一味の所業であるということははっきりと示しておかねばなるまい。

云うまでもなく敵宗門が私を自宗に引きずり込んだことも、最初から私を抹殺することが目的であり、幸せにしようなどという気は最初から皆無だったということである。

敵宗門に引きずり込まれた者は例外なく不幸になるが、それは敵宗門のごときカルトに入ると外部から遮断され、外部の言に耳を貸さないように仕向けられるので一般社会との接点が無くなり孤立していくからである。

勿論私が敵宗門に引きずり込まれた経過の中でもそのような経過はあったのであるが、それ以前に引きずり込むための計画的環境整備としての謀略による分断があり、職業選択のミスリードのために仕組まれたハタカセまであったのである。

私のように計画的抹殺の謀略に遭うというのは数ある脱退者の中でもレアケースであり、敵宗門が執拗に引き戻しを仕掛けてくるのもそれを隠しておきたい、都合の悪い真実であるからであるということなのである。

勿論カルト宗教であるから引き戻しは行われるが、私のように真実を見切って絶対に戻り得ないような者に対して脱退後3年半以上も謀略を仕掛けそれが殊更にエスカレートするというのはそういうことであり、暴力的な引き戻し策動の数々は敵宗門がオウム同然の悪徳カルト宗教であることを如実に示している。

もし敵宗門で生活や金回りがよくなる者があらば、それは敵宗門の工作員と化したということであり、組織中枢に組み込まれた輩であるということである。

敵宗門はどこまでも敵なのであり、敵は敵でしかないということははっきりとさせておかねばならない。そこを見誤ると本ブログの目的、真意が見えないということになる。

既にTwitterでは何度も言及しているが、敵宗門の本当の危険性は社会の問題を宗教の問題にスリカエて安心できるウソで騙し、思考停止に追い込むところにある。

もう一つは、敵宗門がオウム真理教のように信教の自由に対してどこまでも不寛容であり、引き戻しに応じない者は「自殺に追い込め」と指導している反社会的宗教であるということである。

私の目標はどこまでも敵宗門に抗い引き戻しを諦めさせて迫害を止めさせて自主独立を果たすこと、それによって失われた人生の目的を取り戻すことにある。

そのためには真実をはっきりと示して敵宗門に社会的制裁を受けさせなければならないということである。

カテゴリー: 宗教や敵対者について | 敵は敵でしかない はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-35.html

ブログ開設のご挨拶

このたび以前に開設していたブログと同名にて対宗門闘争の記事を上梓するための独立したブログを開設する運びとなった。
筆者は2015年1月に敵宗門・日蓮正宗を脱退して執筆時点で3年半になる。
現在回顧録はグループのポータルサイトにて公開しているが、対宗門闘争の独立したブログがやはり必要であるとの判断に至り、改めて開設して最新の史実に基づいて綴ることとした。

以前の同名ブログには大きな問題点があった。
それは敵宗門一味が捩じ込んだ偽りを前提に書かされていたということである。
敵一味は単なるいち雑魚に過ぎない門外漢女を「首謀者」に仕立て上げてることで敵宗門こそが真の首謀者であることを隠蔽し脱退を妨害していたのである。
当然のことながら敵宗門こそがすべてにおいて首謀者であることがばれることは即座に脱退につながり、更に全てのウソが暴かれることを意味していたからである。
実際に、今現にそのような状態になっておりその邪悪な企みが白日の下となっている訳である。

2015年6月、敵宗門一味は寺院をまたいだ徒党を結成させて襲撃を行い言論弾圧事件を惹起した。
当時はまだ脱退直後ということもあり真実の追究が十分でなかった。
そのため敵一味の捩じ込んだ虚構がそのままとなってしまっていたところを突かれたのであった。
しかしながらその後の検証において、敵一味が捩じ込んだ部分を除けばおおむね事実どおりであり問題の部分を取り除けば十分検証に耐えるものであることが判明しており、現在は先述のとおりグループのポータルサイトにて事実関係を反映の上公開している。

敵宗門一味は、私を未だ宗門に隷属させていたときにはこの部分を決して問題にしなかった。
それが脱退した途端に自作自演で捩じ込んだ虚構を奇貨として言論弾圧に及んだのであった。
つまり、未だ私を隷属させていた間は捩じ込んだこの虚構を信じ込ませることによって脱退を妨害し、更に思考停止に追い込んで真実を追及することを押しとどめていたのであり、脱退されたときにはこの虚構を奇貨として迫害して言論を弾圧し引き戻しに利用することが最初から考えられていたのである。

また、問題があるのであれば事実関係を示して訂正を求めればいいだけの話であり、その窓口となるメールフォームも設置していた。
にも拘らず敵宗門一味はこれを無視して徒党を突撃させて言論弾圧事件を惹き起こしている。
つまり奴等の目的は記事の訂正ではなく、ブログを潰しツイッターを止めさせようとしていた、それによって目・口・耳を塞いだ上で引き戻して再洗脳し抹殺しようとしていたそれが目的だったということなのである。
それを証明しているのが敵宗門工作員・齋藤英通の「ブログやめろ」「ツイッターやめろ」であり、それが敵宗門の意向を正しく反映していたということなのである。
しかし、このように暴力的なやり方での引き戻し策動に対する反感は誤魔化すことができなかったようであり、結局2015年9月を一期に敵宗門からの脱退と宗教に関与することの禁止が確定し、一家は無宗教となって今日に至っている。

以後敵宗門批判は行き場を失っていたが、シングスピールの砦ブログにて近年は展開していたところである。
しかし同ブログは元からそのような目的のブログではなく、そのこともあって敵宗門批判記事のアクセスは伸び悩んでいたのが現実である。
そこで回顧録と敵宗門批判を展開する専用のブログが要請され今回再オープンの運びとなった。
現在は敵宗門批判の過去記事の再公開に向けて準備をしており、出来次第再公開することとなっている。
移管する記事は33本あるのでそれに従って本記事の連番も決定されているものである。
回顧録についてはインポートではなく元記事を元に最新の史実を反映した上で新たに上梓することとさせていただく。
あえて過去のブログと同名としたのは敵宗門の言論弾圧を明るみに出すことと、あくまで矜持を貫き敵宗門からの解放を目指して戦っていくという決意を表したものである。

ここに改めて敵宗門は最初から敵でしかなかった、敵宗門にとっても私は最初から敵でしかなかったのであるということを厳しく指摘しておくとともに敵宗門一味による引き戻しの邪悪な企みと生活妨害には決して屈しないことをここに宣言するものである。
人の生活を裏に回って塞ぎ続けそれを罰だ罪障だとやれば折れるなどと思ったら大間違いであり、そうは問屋が卸さない。
そもそも罰も罪障も天然には存在しないものでありもしあらばそれはそれをほざいている連中の犯罪行為の結果に過ぎないということがわかっている以上そんな戯論には騙されないし引き戻しは一切無駄である。

敵宗門が悔い改めて裁きを受け償いをするのでなければ、私は徹底的に戦い続ける。

追記

予定の記事32本を再上梓しました。
20番に当たる記事のみ、当面公開を見合わせます。
(2018.7.21 20:45)

カテゴリー: お知らせ・ご挨拶 | ブログ開設のご挨拶 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-34.html