月別アーカイブ: 2018年1月

敵宗門の過去の謀略が新たに発覚

最近になって、探訪企画を実施し過去の軌跡を考える中で敵一味による過去のスピン策動が新たに発覚している。

<参考>辺境の地の話の続きと所縁の地について考える

<参考>東坂戸探訪 & 所縁の地について考える

この2つの動画の中でも語っているとおり、敵一味は他に考えるべき大切なことがあったものを、それを住宅や車なんかのブランド信仰にスリカエて誤魔化していた疑いが強まっている。
更に、1994年惹起の大事件「瀬戸事件」(池袋2.26事件)がそのための布石として惹き起こされたものである疑いが非常に強まっている。つまり、最も大切であるはずの交際問題から目を逸らさせミソジニーに陥れて縁を成就できないようにしていたということである。
実際問題、敵一味はてめえらでコトを惹き起こしておきながらそこで「女どもが、女どもが」と吹いて思考操作していたことが既に発覚しており、それによって真の首謀者が誰であるか(敵宗門であるということ)を隠していたことがわかっている。それが事前にわかってしまっては引きずり込んで誤魔化すことなど到底できなくなるからなのである。
このようなことが行われていること自体が運命操作が存在すること、及びその運命操作が敵宗門によって行われてきたと言える証左で在るということができるのである。
我が一家はこのような運命操作の数々を絶対に許さず、敵宗門が償いに応じるその日まで断固戦っていくということである。

邪悪な引き戻し策動や嫌がらせ等の類は例外なく刑事告訴するから洗脳法華講どもは覚悟しておけ。

カテゴリー: 「シングスピールの砦」からの移管記事, 宗教や敵対者について | 敵宗門の過去の謀略が新たに発覚 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-29.html