宗教や敵対者について」カテゴリーアーカイブ

15 Years

きょう9月7日は、15年前の2003年に敵宗門一味の謀略にかけられて敵宗門に引きずり込まれた忌まわしき日である。

つまり、タイトルの意図は敵宗門一味によって15年というとてつもなく大きな年月を失わされたのだということであり、それを決して許さないということである。

この15年で私はあらゆるものを失わされた。

夢も希望も結婚の機会も金銭的チャンスも財産(主に金銭)も何もかもである。

そしてソコツキになるまでハタカサレた。

そうだ、その総てが敵宗門とその傘下組織によって失わされたのである。

この9月7日という日取りが、敵宗門一味得意の日付合わせであったことが最近になって発覚している。

つまりこうだ。

9×7=63

6×3=18=666

段階を二つ踏めば666という悪魔、獣の数字になる訳だ。

我が一家が2000年にインターネットに参戦した本来の目的は、真実の追究、なかんずく我が一家に不幸をもたらす元凶を突き止め失地回復を果たすことである。

しかしこれが敵宗門一味の都合に真っ向から逆うものであったために、見るに無惨なまでにこれがスリカエられて歪んだビジョンによるミスリードがこれでもかと繰り広げられ、医療利権との共謀によって身体の健康まで破壊されかけがえのない家族までもが尊父の暗殺、一家離散までされるという結末になったのである。

敵宗門一味は私の心に「三本柱の化城」をでっち上げそれによって精神を不当に支配して悪逆なる抹殺の策謀とその行為者の正体に気付かせないようにしていたのである。

敵宗門一味によるこの化城が崩壊する端緒となったのは2014年夏になって真実の追究が14年遅れで始められ絶望的な現実に気付き、私が関わる総てを対象とした「聖域なき見直し」が行われたことである。

そして2015年1月9日に宗教活動を停止して翌10日に敵宗門・日蓮正宗を脱退したのである。

つまり三本柱の化城が崩壊してからまだ4年弱しか経っていないことになる。

化城を崩壊させて再出発を果たそうとした私に対して、敵宗門一味は極めて不寛容な態度を取り徹底して特殊な暴力による破壊を行い、折角の二度に亘る経済的立て直し、回復のチャンスまでも潰してくれやがった。

しかし、4年に及ぶ真実追究の積み重ねは遂に敵宗門・日蓮正宗の正体が仏教に偽装したキリスト教であることを突き止め、なおかつそれを論理的に証明できるまでに到達したのである。

1400年代の邪僧・日有は日蓮が遺していない「戒壇の大本尊」をでっち上げ、日蓮本仏論をはじめとする教義までもでっち上げた。あまつさえ御書までも日有はでっち上げていたのである。そして、この事こそが「仏教に偽装したキリスト教・日蓮正宗」の草創だったのである。

つまり日蓮正宗にとって「戒壇の大本尊」とは信者が執着すべき本仏としての「実体」であり、その執着がこれを否定する者に対する暴力的逆上行為に繋がっているということである。つまり戒壇の大本尊とはキリスト教の「デウス Deus」に相当するのである。実体に執着する余りにそれを否定する者、疑問を呈する者に対する憎悪が生じて暴力的行為を惹き起こすに至っている点も全く同じである。

そして傍証としてキリスト教との多数の共通点も判明している。

・キリスト教の祝日である1月1日を祝い、元朝勤行まで奉修していること。

・異を唱える者、疑問を呈する者に対する極めて不寛容かつ暴力的な姿勢と行為。

・性、異性関係に対する不当な制限と一夫一婦制の支持。

異を唱える者、異教に対する極めて暴力的な姿勢が先述のように脱退して再出発を果たそうとした者への徹底的な破壊暴力に繋がっているということであり、討論を挑んだ者に暴力で報いたかつてのキリシタンどもと何も変わりがない。

それを「罰だ、罪障だ、そういう命だ」で誤魔化し通せると敵宗門とその眷属どもは思い込んでいたようであるが、4年に及ぶ真実追究の成果がそれを決して許さないのである。

脱退して3年半余りのこの結果が敵宗門一味による破壊暴力の結果であるという厳然たる事実を詭弁で誤魔化すことは最早不可能であり、従って敵宗門トップが夢見ているような「引き戻して再洗脳し全てを誤魔化す」も実現不可能な歪んだ夢に過ぎないのである。

敵宗門一味は2015年9月の脱退確定のあと翌年の早春に一家が事後処理を企図したことに対して、最重要であるといって差し支えない遺骨問題の浮上を妨げて不当に遺骨を握り続け遺骨問題の解決を妨げるために莫大な金員をハタカセていたことは未だ記憶に新しいが、我が一家では本年4月の遺骨奪還に続いて遺骨問題の完全解決となる敵宗門抜きでの永代供養の実現に尽力していたところ、先月末になってその実現の目処が立ち、このほど手続きが完了し敵宗門抜きでの永代供養が実現した。

これによって、敵宗門が執着していた「遺骨を掌握しての支配」という目論見は完膚なきまでに崩壊し、敵宗門の寺に我が尊父の魂は宿らないことが証明され、後戻りできないことと併せ引き戻しは皆目不可能となったのである。

2016年、17年の二度に亘る超大型のハタカセ事件の目的は遺骨問題の解決妨害の他にもう一つ目的があった。

それは、順当に脱退後の再生がステップアップされては「罰だ罪障だ」で吹っ掛けて引き戻しを謀ることができないからであった。

脱退後のステップアップを不当に妨害して潰すことによって「罰だ罪障だ」と詭弁を垂れて引き戻すつもりだったのだ、敵宗門は。

敵宗門の吹っ掛け屋が来なかったのは、万一に対する警戒を隙なく行っていること、敵宗門を排除するためには手段を選ばないことを私が公言していることで命に危害が及ぶことを敵宗門・末寺が警戒して行動に踏み出せないことによる。勿論脅しなどではなく、いざとなれば私は殺るつもりでいるから間違えるな。アホッケの連中と戦うことに私は何の躊躇いもない。

そこで敵宗門は、もう一つの汚い手段つまり電波兵器による遠隔洗脳や身体操作、精神操作を用いての妨害に切り替えただけの話であるが、そんなやり方は最早通らない。何故ならわかってしまっているからである。況して私はアホッケの連中と違い夢と現実の区別をはっきりつけられるので人工夢で脅そうとも全て無駄である。こじつけは一切通用しないということだ。

また私は真実の追究によって五感に門番をおき動かされないということを覚えた。

人的接触による方法も電波兵器による方法も手段の違いだけで扇動手法は同じであり、防ぐ方法は同じであるからこれが大きな力になっているのである。

先述の二度に亘る超大型のハタカセ事件において中野に所在する某カメラ店がこれに加担していたことは以前に書いている。現在では当該店を敵宗門一味とグルであるとして排除し、付近を訪問禁止としている上カメラに関する厳しい取決事項を設けており、更に滅多なことでは生活圏外に出させない政策を取っているため再現は不可能である。

遺骨問題の完全解決が実現したこと、妙観講が犯罪組織であることがわかったことによって引き戻しは皆目不可能となり、敵宗門は損切りをせざるを得なくなったのである。日蓮正宗がらみの事件、犯罪も立て続けに惹起しており、虚像は完膚なきまでに崩壊しているのだ。知らぬは盲信のアホ講員ばかりということだ。

敵宗門によって失わされた15年に対する落とし前はきっちり付けさせて貰うから覚悟しておけ。

カテゴリー: 宗教や敵対者について | 15 Years はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-36.html

敵は敵でしかない

回顧録の上梓を始める前に、はっきりさせておかねばならないことがある。

それは、私が敵宗門に引きずり込まれるずっと以前から敵宗門が敵でなかったことはただの一度もなく、敵宗門工作員やその他の法華講員どもも私の味方であったことはただの一度もないということである。

然るに、敵宗門一味が私に対して行ってきたこと全ては一貫して敵としてのそれであるし、法華講員の連中にしてもやること成すこと全てが敵としてのそれであるのだ。

その詳細については回顧録の中でたっぷり書かせて貰うとして、その全てにおいて奴等は私を欺き、安心できるウソで騙してきたのである。

そして敵宗門の工作部隊は常に私をミスリードし続けて一家を離散させ、歪んだビジョンをこれ見よがしに見せつけてハタカセや余計な計画の捩じ込み、必要もない移住の強要で各地を不必要に転々とさせ、職業選択にまで介入してその選択を都合よく改変させて計画的に貶めて、まるで自然と堕ちたかのように演出して貶めてきたのである。自然と堕ちたということは全くなく、全ては敵宗門一味の所業であるということははっきりと示しておかねばなるまい。

云うまでもなく敵宗門が私を自宗に引きずり込んだことも、最初から私を抹殺することが目的であり、幸せにしようなどという気は最初から皆無だったということである。

敵宗門に引きずり込まれた者は例外なく不幸になるが、それは敵宗門のごときカルトに入ると外部から遮断され、外部の言に耳を貸さないように仕向けられるので一般社会との接点が無くなり孤立していくからである。

勿論私が敵宗門に引きずり込まれた経過の中でもそのような経過はあったのであるが、それ以前に引きずり込むための計画的環境整備としての謀略による分断があり、職業選択のミスリードのために仕組まれたハタカセまであったのである。

私のように計画的抹殺の謀略に遭うというのは数ある脱退者の中でもレアケースであり、敵宗門が執拗に引き戻しを仕掛けてくるのもそれを隠しておきたい、都合の悪い真実であるからであるということなのである。

勿論カルト宗教であるから引き戻しは行われるが、私のように真実を見切って絶対に戻り得ないような者に対して脱退後3年半以上も謀略を仕掛けそれが殊更にエスカレートするというのはそういうことであり、暴力的な引き戻し策動の数々は敵宗門がオウム同然の悪徳カルト宗教であることを如実に示している。

もし敵宗門で生活や金回りがよくなる者があらば、それは敵宗門の工作員と化したということであり、組織中枢に組み込まれた輩であるということである。

敵宗門はどこまでも敵なのであり、敵は敵でしかないということははっきりとさせておかねばならない。そこを見誤ると本ブログの目的、真意が見えないということになる。

既にTwitterでは何度も言及しているが、敵宗門の本当の危険性は社会の問題を宗教の問題にスリカエて安心できるウソで騙し、思考停止に追い込むところにある。

もう一つは、敵宗門がオウム真理教のように信教の自由に対してどこまでも不寛容であり、引き戻しに応じない者は「自殺に追い込め」と指導している反社会的宗教であるということである。

私の目標はどこまでも敵宗門に抗い引き戻しを諦めさせて迫害を止めさせて自主独立を果たすこと、それによって失われた人生の目的を取り戻すことにある。

そのためには真実をはっきりと示して敵宗門に社会的制裁を受けさせなければならないということである。

カテゴリー: 宗教や敵対者について | 敵は敵でしかない はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-35.html

遺骨の奪還が完了

我が一家の絶対命題として進めてきた亡き尊父の遺骨の敵宗門からの奪還と一家の選定による再納骨が完了し、敵宗門との悪しきしがらみがここに潰えることとなった。

2015年1月の宗門からの脱退、翌年の事後処理においても尊父の遺骨が敵宗門の寺にあるという極めて不本意な事態が解消されず、しかも再三の好機にも敵一味による歪んだビジョンを見せられてのハタカセによって解決を妨げられてきたことは以前の当ブログの記事でも明らかにしているところである。

この事態に対して我が一家では一日も早くこの不本意な状態の解消を目指して新たな納骨先の選定と予算の確保に奔走してきたところであるが、このたびこれらに目途が付き改葬許可を取得、今回の慶事となったものである。
かくして遺骨の引き取りが4月9日に執行され、11日を以て新たに一家の選定した施設への再納骨まで滞りなく終了した次第である。
本来であれば永代供養まで一気呵成に漕ぎ着けるべきところであったのだが、敵宗門一味による邪悪なハタカセによってこれが妨害され仮の納骨でとどまっていることは以前に書いているとおりである。
つまり敵宗門によるハタカセがなければ永代供養までできていたことになり、この事実を誤魔化したり歪曲したりすることは出来ない。

これによって敵宗門・日蓮正宗との悪しきしがらみが全て崩壊し悪縁が切れることとなった。
また、これによって一家と敵宗門の間には「敵宗門=加害者、一家=被害者」以外の如何なる関係も残っていないのであるから如何なる引き戻し策動も意味を成さない旨警告しておく。

諦めの悪い敵宗門はこの期に及んでも我が一家の運営・生活を妨害し粘着を続けているが、これまでの妨害全てが悪質な懐柔策であったこと、敵宗門には信者を幸せにしようなどという考えが無いことがバレている以上いかなる懐柔策も無駄であり、引き戻されることは無いのである。
そもそも敵宗門を首魁とする宗創医連合こそがあらゆる不幸の根源だとわかっていて誰が戻るのか。
敵一味が「罰・罪障」などという存在しないものをネタにして裏でコトを惹き起こして騙そうとしてもそれが他ならぬ敵宗門一味の犯行であることがわかっていて戻る馬鹿はいない。

敵一味のやり口が荒っぽくなってきており、あらぬ勘違いを捩じ込もうとしたり力・暴力で引き戻そうと画策しているようであるが同じ不幸で終わるのであれば自らの矜持を死守するのが当然であるから、命の限り戦うまでである。

今後は一日も早い、一家の意思・一家の選択による敵宗門抜きでの永代供養の実現を目指して引き続き戦っていく所存である。

敵宗門・日蓮正宗は引き戻しを諦めて年貢を納めろ。

カテゴリー: 「シングスピールの砦」からの移管記事, 宗教や敵対者について | 遺骨の奪還が完了 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-33.html

遺骨問題が解決へ

これまで敵によってその浮上を妨害され、最後の怨恨となっている遺骨問題が遂に解決する見通しとなった。

遺骨問題については本年の初頭に初めて浮上してきた問題であったが、元来は脱退と同時に解決すべき問題であり、少なくとも事後処理の問題を考える上で同時に行わなければならなかった問題であったが、永代供養の費用捻出が難しいと思われていたことによって宙に浮いており、再三の好機にも敵がその浮上を妨げててめえらに都合のよい歪んだビジョンを強要したことでハタカサレてその好機を失っていたものである。
一方で脱退後もいつまでも敵宗門の寺に実父の遺骨があることはきわめて不本意でありあってはならないことであるため、その解決は喫緊の課題であった。
一家執行部ではあらゆる手を尽くして遺骨の奪還に注力していたところ遺骨奪還のめどがつき、近日中にこれを執行に移すことになったものである。
歪んだビジョンの再度の強要、更に再三のハタカセによっても遺骨問題の解決を妨害することには限界があったということであり、だったら最初からやらなければよかっただけの話ではなかったか。

敵一味が煽った「モノ」を持たせておく気がさらさら無くただ無碍にハタカセることしか考えていなかったということは以前にも書いた。
取り返した資金で遺骨問題を解決されては敵宗門は最早取り付く島も失くす。
だからそれだけは何としても妨害したかったということになる。
その意味するところは、「敵宗門は遺骨問題に一縷の望みをかけている」ということであり、まだ引き戻しを諦めていないということになる。
翻って我が一家からすれば敵宗門の取り付く島を失くすことは喫緊の課題であるということだ。

我が一家ではまず遺骨の奪還を達成することを主眼に置き、近日中にそれを達成するべく具体的な行動計画を策定しており、まもなくその実行に移ろうというところまで来ている。
これによって敵宗門は取り付く島を完全に失うことになり、ここに遂に引き戻しの画策という奸計が潰えることになる。

このところ、敵宗門の根回しによると思われる迷惑電話や迷惑メールが急増している。
有名企業のドメインに偽装しているためスパムフィルターをすり抜けてくる悪質さで、メールソフトでフィルタリングする以外に手立てが無い。
レイバンスパムの標的にしてきたことを暴露したためか、今度は内容が変わっているが本質は変わらない。
メールについてはいくらでもメアドをクリエイトできるためメアドの変更で凌ぐが、もし新アドに来るようなら敵一味が不正な手段で抜いていることになる。
迷惑電話も同様で、家電は関係先以外誰にも教えていないにも関わらず悪質業者からかかってくる。
誰にも教えていない番号にかかってくるということは敵一味が不正な手段で抜いているということになるが、これは敵宗門が自ら嫌がらせを手がけると証拠が残ってしまい引き戻しの障害を自ら作ることとなってしまうので裏で悪質業者や手先勢力に手を回して正体を隠して嫌がらせをしているということだ。
実際に敵宗門は自ら仕掛けた嫌がらせによって却って心証を悪くして自ら窮地に追い込まれるという愚行をしており、それでやり方を変えてきたということか。
尤も、迷惑電話対策の強化は既に実施済みであり敵宗門の輩であると確認できた場合、非通知や迷惑業者などは電話に出ることなくカットできるためいくら手回ししても全て遮断されるだけである。

裏で手を回してあたかも自分たちの所業ではないような振りをして罰、罪障と言って脅そうとしてもその手口は当の昔に見破られており、奴らの手口であることがバレている以上そのようなやり方で目的を達することは出来ない。
無論そんなことをしたところで既に全て敵宗門の根回しによる所業とわかっているので私は騙されないが。
証拠隠滅をいいことに詭弁を使って誤魔化そうとしているようだが、その手は私には一切通用しない。
敵宗門はいい加減に諦めて年貢を払えということである。

カテゴリー: 「シングスピールの砦」からの移管記事, 宗教や敵対者について | 遺骨問題が解決へ はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-32.html

サーバ停止事件の惹起について

去る2月11日に突如我が一家のサーバが停止させられ一時全サイトが見られなくなるという事件が惹起している。

本件については既に本会プレスリリースにて公表しているが改めてここでコトの経過を記しておく。
事件のあった2月11日は敵宗門で「黒ミサ」が行われる第2日曜日であった。
サーバが停止させられた原因は敵宗門の手先がRK系列の輩(ザガロ)と組んで讒言を行い、しかもこれによる連絡に気付かないようにスパムメール(レイバンスパム)が大量に送りつけられメールが埋もれさせられたこと、更に追い討ちをかけるようにハタカセの意図的発覚(発覚のタイミングを汚い操作で操作してぶつけてきた)によって注意を逸らさせられたことによって連絡に全く気付かないままにサーバとドメインを停止されたことが原因である。
レイバンスパムはサービス登録専用で誰にも教えていないメアドにまで送りつけられ、その掃討に気を取られているうちに時間を経過させられたのが真相である。
しかも問題の案件はメールフォームで連絡すれば済む程度のものであり、それをメールフォームを回避してわざわざABUSE担当にいきなり要求してきた辺り敵宗門の薄汚い陰謀であることが見て取れる。
この手口、実は2015年の言論弾圧事件において問題のブログに設置してあったメールフォームを無視して集団で押しかけてきたのと全く同じ手口であった。このことからもこの事件が敵宗門によって言論弾圧もしくは圧迫案件として惹き起こされたものであることがわかる。
またザガロは他にも多くの者によってRTや転載がされていたにもかかわらず削除要請を1人にしかしておらず、これがポーズだけであり敵宗門とグルであることがわかる。

事態に気付いてすぐに対応を取ったが、凍結解除にはかなりの時間を要した。というよりまともに仕事をしていない感じに見て取れた。
そもそも凍結するような案件でもなく更に本人かどうかも確認しないまま凍結していたことから不当な対応だと抗議したがまともな回答は返って来ずうわべだけの謝罪に終始したことからサーバ会社もグルであると判断、刑事告発を予告しておいた。
今後は他のサーバ会社への移転を期限切れのサーバから行っていくことになる。
そもそも本人確認も取らずにABUSE案件に安易に応じること自体が非常識極まりなく、敵宗門の根回しなくしては考え難い。普通であれば本人確認できない時点で門前払いするべきである。

その後ウェブ運営部門専用にメールアドレスを設定するなど、レイバンスパムに埋もれることのないようにの対策を行った。

しかしその後敵一味は再び同じような案件でABUSEを仕掛けてくるなどきわめて悪質な妨害に精を出している。
しかもそれが2月26日、日如の誕生の日に仕掛けられたことがそれが敵宗門による謀略であることを如実に現している。

シングスピールウェブは真実の追究と敵宗門の悪事を白日の下にするために運営されており当然に敵宗門にとって都合の悪い内容を含む。
しかし現憲法、現行法の下では発言の自由、表現の自由が保障されており、いくら敵宗門が都合の悪いことを書くなと言おうがそれは法的に通用しない。従って脅されて覚え書を書かされたとしてもそれは現行法に照らして無効であり、言論弾圧を行う根拠にはならないどころかそれを書かせた齋藤はいずれ刑事罰を受けえることになるであろうから覚悟しておけ。

カテゴリー: 「シングスピールの砦」からの移管記事, 宗教や敵対者について | サーバ停止事件の惹起について はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://historia.singspiel.jp/weblog/blog-entry-31.html